« 花粉症 | トップページ | イートモ6.6 4月1日 リリース決定 »

2021年3月18日 (木)

医学翻訳勉強(特に英訳)のヒント

いつもいつも、「そのへんの翻訳スクールで勉強するだけでは質的にも量的にも全然足りないよ」と言っているわけです。

ケチつけるのはだれでもできるので、「医学翻訳のプロと学習者を応援する」なりた医学翻訳事務所しては、稼げる医学翻訳フリーランスになるための勉強のしかたとして以下のようなことを提案しています。

●イートモってどう利用したらいいの?

●イートモの翻訳トレーニングモードってどう利用すればいいの?

 

イートモプロバイダーですから、たくさんの人にイートモを利用して成果を上げてもらいたいので、このような提案を行っているわけです。

 

でも、そんなこと言われても困る人は多いのではないかと思います。要は、テキストがないと勉強できないという方々です。

だったら、翻訳スクールのテキストにイートモを組み合わせれば、濃密な勉強になります。

 

例として、DHCさんの日英メディカルコースを紹介します。

テキストのサンプルがWebに載っています。

Dhc

 

このテキストを漫然と読んで、課題文を訳して、添削結果に一喜一憂するのではなく、個々の専門用語や表現をイートモで検索して、日英対訳で丸ごとおぼえてしまおうというわけです。

実際の例を以下に示します。

ダウンロード - dhce38386e382ade382b9e38388e383bbe382a4e383bce38388e383a2e5bf9ce794a8.pdf

※イートモは医学翻訳のプロになるための補助、あるいはプロとして活躍するための補助になるように作られた医学翻訳フリーランスのための参考資料です。英文と和文の対応がわかりやすく、日英間で相互利用できるように、意図的に主観を除いて可能な限り直訳的に作成しています。参照の際にはご注意ください。

必ず、イートモの翻訳トレーニングモードでご自身で訳出する練習をします。英日も、日英も、両方訳出しましょう。

参考文献が紹介されているので、PubMedで検索して、参考文献も訳出しましょう。

専門用語のGoogle検索・研究はMUSTです。

ここまで、調査・研究を行えば、テキストに載っている以下の解説や講師からの指導内容がより分かりやすくなると思います。

 

巷の翻訳スクールにケチつけるだけでは何なので、翻訳スクールを受講していて、もがいている人の参考になれば幸いです。

 

結局、「教えてクレクレ」の受け身体質が変わらないと、イートモを持っていても成果は上がらないのです。

 

 

« 花粉症 | トップページ | イートモ6.6 4月1日 リリース決定 »

コメント

DHCさんの日英メディカルコース、懐かしいです。20年前に勉強しました。
文系出身者にとっては、和訳ではなく、原文が日本語の方が難解な医知識が理解しやすかったです。森口理恵さんの監修もあり、ネイティブ添削(今もそうだとは思いますが)もあり、医薬英語の書き方がわかりました。
また、他の医薬翻訳コースとは違って、文書の分野別(臨床試験、非臨床試験、添付文書など、実際に発注される形式)なので、即戦力が付きました。
私にとってはメディカル翻訳のバイブルです。このテキストのおかげで1回は1,000万プレーヤーに成れました。なんかDHCさんの宣伝みたいですが、実際に知り合いの翻訳者もこのテキストはいいと言ってました。

テキストを基本にして桑名さんが独自に何十倍も何百倍も努力したためと思います。

絶対に医学翻訳で成果を上げるというマインドがすべてなんだと思います。
このマインドというか、執念というか、これが弱い人が昔から多い。
マインドが弱いと、いくら優れた教材があっても何にもなりませんからね。

翻訳スクールで授業を聞くだけ、添削してもらうだけで簡単に医学翻訳フリーランスで稼げると思っている。
最近はますますこの傾向が強くなっているような気がします。

翻訳教育ビジネスがある意味上手になっているとも言えます。

確かに執念はありましたね。息子2人を大学まで行かせるんだという強い思いと、会社を辞めた後は自分の実力でしか稼げないという思いで、42歳で独立しましたからね。あのときイートモがあったら、DHC日英メディカルコースと併せて鬼に金棒でした(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花粉症 | トップページ | イートモ6.6 4月1日 リリース決定 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    9月26日現在:55,525件(イートモ7.1から2866件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想