« 医学翻訳学習(特に英訳)のヒント・その二 | トップページ | 久しぶりのチワワの「ひなちゃん」 »

2021年3月21日 (日)

みんなの自動翻訳で英訳

イートモデータをみんなの自動翻訳に対訳メモリとして登録してみました。

試しにやってみただけです。

対訳メモリとして登録するのに結構難渋しました。

 

以下の「イートモセンテンス・日英」が翻訳メモリとして登録したイートモデータです。

一致が88.7%だと、ほぼ英訳完了です。

57.0%でもかなり利用可能な部分が大きくなります。

Minna1_20210321143401

 

和訳のときと違って、60%を超えると利用価値がかなり高い。

Minna_20210321143701

 

「MT」は機械翻訳による訳だけど、出来がかなり良いです。治験実施計画書は定型的な表現が多いので、教師データが充実しているのでしょう。

Minna2_20210321144001

 

機械翻訳に組み込まれている教師データと翻訳メモリの関係が良くわからないんだけど、いずれにしても、機械翻訳の精度は良くなっているので、中途半端な翻訳者や学習ステージでくすぶっている人の出番はなくなるのではないかと思います。

 

« 医学翻訳学習(特に英訳)のヒント・その二 | トップページ | 久しぶりのチワワの「ひなちゃん」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 医学翻訳学習(特に英訳)のヒント・その二 | トップページ | 久しぶりのチワワの「ひなちゃん」 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想