« 顕微鏡的多発血管炎 | トップページ | 病院の日 »

2021年6月 4日 (金)

「上乗せ投与」の訳語の調べ方

「上乗せ投与」

訳語はわかります?

 

ライフサイエンス辞書をはじめ、研究社オンラインディクショナリーなどそのへんの辞書には載っていません。

 

どうする?

イートモで調べればいいのですが、イートモをもっていない人のために調べ方を1つ。

そのへんの医学翻訳スクールでも教えてくれるというか、常識的な方法ですが、参考までどうぞ。

 

Googleで「上乗せ投与」を検索する。

論文タイトルに「上乗せ投与」が含まれる場合には、論文タイトルの英語表記が併記されていることがある。

それに該当する論文がない場合、それ以外をチェックする。

英文の引用文献に「上乗せ投与」が記載されている可能性があるので、「添付文書(PDF)」を開く。

https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00060741.pdfで「上乗せ投与」を検索する。

以下の記述がみつかる。

 

重症持続型アレルギー性喘息患者(高用量吸入ステロイ
ド薬に加え、長時間作用型β2刺激薬を併用してもコントロ
ール不十分な患者)を対象としたプラセボ対照二重盲検
比較試験において、本剤を上乗せ投与した結果、治験薬
投与期間(28週間)あたりの喘息増悪(全身性ステロイ
ド薬による治療を必要とする喘息症状の悪化)の頻度は、
本剤群(209例)0.68回、プラセボ群(210例)0.91回、
群間比[95%信頼区間]は0.738[0.552、0.998]と、プ
ラセボ群に比して本剤群で有意に低かった(p=0.042、投
与群、投与間隔、実施国、喘息治療薬及びベースライン
値を共変量としたポアソン回帰分析)4)

4)Humbert, M. et al.: Allergy 2005;60(3):309-316 [20083599]をPubMedで検索する。

以下の文献アブストラクトがみつかる。



Benefits of omalizumab as add-on therapy in patients with severe persistent asthma who are inadequately controlled despite best available therapy (GINA 2002 step 4 treatment): INNOVATE

Affiliations 








    • PMID: 15679715
 




Abstract


Background: Patients with severe persistent asthma who are inadequately controlled despite Global Initiative for Asthma (GINA) 2002 step 4 therapy are a challenging population with significant unmet medical need. We determined the effect of omalizumab on clinically significant asthma exacerbations (requiring systemic corticosteroids) in the first omalizumab study to exclusively enrol patients from this difficult-to-treat patient population.

Methods: Following a run-in phase, patients (12-75 years) inadequately controlled despite therapy with high-dose inhaled corticosteroids (ICS) and long-acting beta(2)-agonists (LABA) with reduced lung function and a recent history of clinically significant exacerbations were randomized to receive omalizumab or placebo for 28 weeks in a double-blind, parallel-group, multicentre study.

Results: A total of 419 patients were included in the efficacy analyses. The clinically significant asthma exacerbation rate (primary efficacy variable), adjusted for an observed relevant imbalance in history of clinically significant asthma exacerbations, was 0.68 with omalizumab and 0.91 with placebo (26% reduction) during the 28-week treatment phase (P = 0.042). Without adjustment, a similar magnitude of effect was seen (19% reduction), but this did not reach statistical significance. Omalizumab significantly reduced severe asthma exacerbation rate (0.24 vs 0.48, P = 0.002) and emergency visit rate (0.24 vs 0.43, P = 0.038). Omalizumab significantly improved asthma-related quality of life, morning peak expiratory flow and asthma symptom scores. The incidence of adverse events was similar between treatment groups.

Conclusions: In patients with inadequately controlled severe persistent asthma, despite high-dose ICS and LABA therapy, and often additional therapy, omalizumab significantly reduced the rate of clinically significant asthma exacerbations, severe exacerbations and emergency visits. Omalizumab is effective and should be considered as add-on therapy for patients with inadequately controlled severe persistent asthma who have a significant unmet need despite best available therapy.

 

この手順で、上乗せ投与≒add-on therapyとわかります。

 

せっかくなので、以前から何度も書いている勉強のしかたですが、上記添付文書の記述を参照しながら、PubMedで検索した英文を和訳する、逆に上記添付文書の和文を英訳すれば、そのへんの医学翻訳スクールでたらたら勉強するよりもはるかに実戦的な勉強になります。

 

« 顕微鏡的多発血管炎 | トップページ | 病院の日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 顕微鏡的多発血管炎 | トップページ | 病院の日 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想