« 毒性の対訳作成 | トップページ | 翻訳会社クリムゾン・ジャパン »

2021年9月 1日 (水)

処方の変更

ステロイドは6mg/日、アムロジピン(降圧薬)は5mg/日を服用してきましたが、

ステロイドは5mg/日、アムロジピンは2.5mg/日に減量となりました。

良い傾向です。

 

ステロイドについては、臨床状態が悪くならない限り、5mg/日で維持されると思います。

ステロイドは副作用が厄介です。もっと減るといいのですが、顕微鏡的多発血管炎という自己免疫疾患があるので、完全に離脱するのは難しいようです。

アバコパンというキッセイ薬品が承認申請している医薬品はどうなったのだろう?

 

左腕は事故で不自由になったり、顕微鏡的多発血管炎で肺と腎臓が障害されたし、もう、満身創痍です。

全身ボロボロですので、イートモプロジェクトがいつまで続けられるかわかりません。

イートモプロジェクトは私個人でやっていますので、私が倒れたら、それで終わりです。

Dsc_001_burst20210822153303470_20210901194201

 

« 毒性の対訳作成 | トップページ | 翻訳会社クリムゾン・ジャパン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 毒性の対訳作成 | トップページ | 翻訳会社クリムゾン・ジャパン »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    11月23日現在:56,893件(イートモ7.1から4234件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想