« イートモ実戦応用例・ハーセプチン・添付文書・No.20 | トップページ | イートモ実戦応用例・ハーセプチン・添付文書・No.21 »

2022年2月 7日 (月)

開業医ってどうなの?

今週も週3回の通院治療が始まりました。

 

先週、腰が痛いので、診察時にその旨を告げたところ、急遽、CT検査となったのでした。

ステロイドを服用しているため、脊椎骨折が疑われたためです。

CT検査はこの2年間で3回目か、4回目です。もう慣れたもの。

 

その結果が今日出ました。

腰椎には問題なし。まあ、よかった。

でも、ステロイドを減量するか、骨密度を上げる薬が増えるかもです。

先日もステロイドを現在の5mgから4mgに減量するか、5mgを維持するか、迷っている様子だったので、減量になるのではないかと予想します。

 

それにしても、「腰が痛い」と朝言って、当日にCT検査をして、2~3日後に結果が出るんだから、総合病院に週3回通院するのは大変だけど、メリットは大きいです。

開業医に頼っていたら、そうはいかない。

大きな病院への紹介状を書いてもらって、予約を取って、やっと受診ができても、すぐにCT検査が受けられればいいほう。本当の病気だったら、その間に悪化するぞ。

 

それと、先日、皮疹が出たんだけど、その時も、朝の診察時にその旨を告げたところ、速攻で採血し、2時間後には血液検査の結果が出ました。さらに、当日、院内の皮膚科を受診して、疲労による免疫力低下による蕁麻疹と診断され、適切な薬が処方され、翌日にはだいぶ回復しました。

実は、その皮疹が出たとき、総合病院への通院がない日だったので、近所の皮膚科開業医を受診したのです。まったく見当違いの診断で、薬もむしろ悪化させるものが処方されました。開業医なので、採血したとしても、結果が出るまで1週間かかります。やはり、その間に悪化したらどうするんだと思います。

 

「状態が安定しているときの経過観察には開業医を受診しましょう」なんて言われるけど、状態が安定していたら、受診する必要はないんじゃね? 血圧を測って、「変わりありませんか?」と問診するだけじゃ、開業医ってどうなのと思います。

「開業医は患者の病状をよく知っているので、異変があったら大きな病院に紹介できる」と言われますが、私のように、難病と言っても、急速に悪化する病気だったら、見過ごすこともあるでしょう。実際、私のケースがそうでした。何年間も2カ月毎に診察を受けていたのに、難病のサインを発見してくれなかった。危うく死ぬところだったよ。

昔のように、往診してくれるのなら、すごく助かるけど、患者が来るのを待って、「変わりありませんか?」と聞いて、いつもと同じ薬を処方するだけじゃ、開業医ってどうなの?

 

« イートモ実戦応用例・ハーセプチン・添付文書・No.20 | トップページ | イートモ実戦応用例・ハーセプチン・添付文書・No.21 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    8月14日現在:60,119対訳(イートモ7.2から3226対訳の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想