« 久しぶりの天一 | トップページ | 急速進行性糸球体腎炎ガイドライン 143対訳収録 »

2022年5月26日 (木)

CPX

K総合病院で治療を受けているわけですが、治療中に有酸素運動をすることになりました。

それに先立って、看護師からCPXを受けてもらいますと言われたのですが、元医学翻訳者としてはCPXとは何の略だろうと気になるわけです。

調べたところ・・・

 

CPX (CPEX): cardiopulmonary exercise testing 心肺運動負荷試験

 

英文による説明

https://www.thoracic.org/patients/patient-resources/resources/cpet.pdf

 

やはり英文のほうが説明が詳しい。時間があったら、有用な部分をイートモ用に対訳にします。

英文のほうが詳しいということは、和文にない情報が含まれているということです。これも和訳が英訳よりも難しい理由の1つです。

 

心肺運動負荷試験と言われれば、なんとなくわかりますが、医療従事者の間ではCPXのほうが通じるようです。アンプルの本数を言うときも、「アンプル1本」とかではなくて、「1アン」と略すようです。なお、シリンジの場合は「1シリ」とは言わないそうです。

 

« 久しぶりの天一 | トップページ | 急速進行性糸球体腎炎ガイドライン 143対訳収録 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    8月14日現在:60,119対訳(イートモ7.2から3226対訳の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想