« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月30日 (木)

今日のチワワの「ひなちゃん」

暑い中、「ひなちゃん」は元気です。

 

おちゃらかほい、で遊んでいます。

Img_3216

Img_3218

Img_3217

Img_3219

メディカル英訳トレーニング#18

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

セフジニルの吸収を約10分の1に阻害することがあるので、3時間以上間隔を空けて本剤を投与すること。

相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相手薬剤の吸収を阻害する。

 

課題#

KW[10分の1に]→[1/10に]、[1/5に]、[1/2に] イートモには7対訳が収録されています

1 ヒト血清が存在しても薬剤Aの抗HCV活性に影響はなかったが、薬剤Bのジェノタイプ1a HCVレプリコンに対する抗HCV活性は1/10に低下した。
2 最終成績が発表され、患者2000例(そのほとんどに虚血性脳卒中の既往あり)を対象とした4試験のメタアナリシスから、収縮期血圧が約6~8mmHg、拡張期血圧が3~4mmHg低下するに伴い、脳卒中の再発が1/5に減ることが示唆された。
3 症例No.1における反復投与時のクリアランスは単回投与時のクリアランスの約1/2に低下した。
   
   

 

#18訳例

メディカル英訳トレーニング#17

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

セフジニルの吸収を10分の1に阻害することがあるので、3時間以上間隔を空けて本剤を投与すること。

相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相手薬剤の吸収を阻害する。

 

課題#

KW[吸収を] イートモには36対訳が収録されています

1 注射部位の血流が増えるようにマッサージするか、加温することによって、吸収を速めることができる。
2 例えば、局所的に冷却するか、薬液に血管収縮薬を加えることによって、注射部位への血液循環を抑制し、吸収を遅くすることができる。
3 胆汁酸塩は、コレステロールの胆汁中排泄だけでなく、腸からの食物性脂肪の吸収を促進する上で重要な役割を果たしている。
4 試料も標準品も同一波数のところに同様の強度の吸収を認める。
   

 

#17訳例

2022年6月29日 (水)

関西のメディカル翻訳の先生もご推薦

医学翻訳のプロになりたいのならば、実際に訳してみないことには1ミリも進まない。

 

メディカル英訳トレーニング#16

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

通常成人は、鉄として1日100200mg24錠)を1〜2回に分けて食後経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する

 

課題#

KW[適宜増減する] イートモには8対訳が収録されています

1 用量は年齢及び症状により適宜増減する。ただし、1日量は20mgを超えないこととする。
   
   
   
   

 

#16訳例

メディカル英訳トレーニング#15

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

通常成人は、鉄として1日100200mg24錠)を1〜2回に分けて食後経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

課題#

KW[症状 ] イートモには1189対訳が収録されています

1 「軽度」は症状又は徴候が自覚されるが、容易に耐えられる(許容できる)ものを意味する。
2 3週間続く胃痛のために入院したが、心臓の症状はなく、左心室の偽動脈瘤と診断された40歳男性について報告する。
3 高酸素透過性コンタクトレンズにより、乾燥、灼熱感、刺激感、発赤、コンタクトレンズ不耐性といった症状が軽減する傾向にある。
4 薬剤Aの初回点滴静注後に蕁麻疹、胸部絞扼感、呼気性喘鳴といった症状を伴う過敏症を示した患者が看護師から報告があった。
5 プラス(+)のサインは徴候又は症状があること、マイナス(-)のサインはないことを示す。

 

#15訳例

メディカル英訳トレーニング#14

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

通常成人は、鉄として1日100200mg24錠)を1〜2回に分けて食後経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

課題#

KW[年齢] イートモには325対訳が収録されています

1 薬剤A投与患者では、性別、年齢、人種、治験実施医療機関を問わず、眼圧が2mmHg以上低下した割合は薬剤B投与患者よりも大きかった。
2 両コホートの比較では平均年齢に統計学的有意差が認められたが、性差はなかった。
3 母集団薬物動態解析を行い、人種、性別、年齢、肝機能・腎機能などの共変量が薬剤Aの薬物動態に及ぼす影響を検討した。
4 急性リンパ球性白血病は小児に比較的多いが、どの年齢でも起こりうる。
5 治験薬の投与を受けた6例すべての患者は男性で、年齢中央値は30.0歳(範囲20~35歳)であった。

 

#14訳例

メディカル英訳トレーニング#13

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

通常成人は、鉄として1日100200mg24錠)を1〜2回に分けて食後経口投与する

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

課題#

KW[経口投与する] イートモには38対訳が収録されています

1 2週間のスクリーニング期間に続いて、薬剤A 100mg又はプラセボを1日1回経口投与する12週間の二重盲検投与期間を設定した。
2 50mgを超える1日用量は2分割又は3分割で経口投与する
3 薬剤A(1000mg/m²を1日2回)は、3週間の各クールの1日目の夕方から15日目の朝まで28回経口投与する
   
   

 

#13訳例

メディカル英訳トレーニング#12

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

通常成人は、鉄として1日100200mg24錠)を1〜2回に分けて食後経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

課題#

KW[食後] イートモには110対訳が収録されています

1 薬剤A 100mgを空腹時及び食後にクロスオーバー法(2週間の休薬期間)で単回経口投与した。
2 食後、血糖値は上がる。
3 この群の他のすべての患者には最初に食事療法を行い、空腹時及び食後の血糖値を毎週測定しながら経過観察した。
4 薬剤A 10mgを健康成人男性被験者20例に対して食後に1日1回14日間投与した。
5 薬剤Aは食前・食後に関係なく投与することができる。

 

#12訳例

メディカル英訳トレーニング#11

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

通常成人は、鉄として1日100200mg24錠)を12に分けて食後経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

課題#

KW[に分けて] イートモには10対訳が収録されています

1 薬剤Aは、その胃酸分泌抑制作用が持続するように、薬物が2回に分けて放出されるように設計されている。
2 薬剤Aの投与量は体重を基準に設定した(75kg未満の患者には1000mgを、75kg以上の患者には1200mgを2回に分けて《2分割して》連日投与)。
3 初回用量の5mg/kg/日は、12時間の間隔で2回に分けて《2分割して》服用した。
   
   

 

#11訳例

2022年6月28日 (火)

酷暑ですね

酷暑と言えば、昔勤めていた製薬会社で酷暑手当というのが出た。

確か1万円だったと思うけど、それでも助かったよ。

今、そんな薄い手当が出たら、ふざけてんのかと言いそう。w

 

 

メディカル英訳トレーニング#10

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

通常成人は、鉄として1日100200mg24錠)を12回に分けて食後経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

課題#

KW[通常]→[通常、] イートモには268対訳が収録されています

1 通常、確定診断には患部組織の生検が行われる。
2 通常、1回の曝露で感染が起こる。
3 一過性のリンパ球増加症が薬剤Aで報告されており、通常、投与期間の最初の数週間に起こる。
4 血液透析患者では、通常、薬剤Aは静注で投与されている。
5 通常、頓用されるときの本剤の用量は1日用量よりも大きい。

 

#10訳例

メディカル英訳トレーニング#9

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

通常成人は、鉄として1100200mg24錠)を12回に分けて食後経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

課題#  KW[成人は]→[成人には] イートモには19対訳が収録されています
1 通常、薬剤Aは、成人には、化合物Aとして5mgの開始用量で、週3回、透析終了時の返血時に透析回路の静脈側から投与する。
2 薬剤Bと併用するとき、通常、成人には薬剤Aを1、2、5、15日目に1日1回点滴静注し、その後、10日間の休薬期間を設定する。
3 小児には平均1日投与量400µgで、成人には1日用量800µgで薬剤Aを吸入投与した長期試験では、骨密度に対する重大な影響は認められていない。
 

 

#9訳例

#8まで紹介したところ

メディカル英訳トレーニング#8まで8課題を提示しました。

 

次の患者には投与しないこと

鉄欠乏状態にない患者〔過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。〕

 

上記の元原稿の医学的表現・用語をイートモで検索して、その一部の対訳を紹介しています。

この元原稿は医薬分野では定型的な表現であり、イートモで調べなくても2~3分で英訳できるようなものです。また、機械翻訳にかければほぼ納品可能レベルの英訳が得られるかもしれません。

イートモで英訳トレーニングするのは、別の文書で類似の表現に遭遇したときに速やかに対応できるように、できるだけ多くのバリエーションの英文表現を身につけておくことが目的です。

 

頻繁には紹介できませんが、時々、メディカル英訳トレーニングの課題を作成してまいります。

 

メディカル英訳トレーニング#8

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

鉄欠乏状態にない患者〔過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。〕

 

課題#  KW[よう注意する]→[ように注意する] イートモには10対訳が収録されています
1 薬剤Aを投与するときには血管外漏出が起こらないように注意する
2 特に乳幼児や小児では誤嚥に対する注意が必要である《誤って飲み込まないように注意する》。
3 薬剤Aを投与している間及び薬剤Aの最終投与後、治験実施計画書に規定される期間にわたって、妊娠しないように注意するとともに、適切な避妊を行う。
 

 

#8訳例

メディカル英訳トレーニング#7

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

鉄欠乏状態にない患者〔過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。〕

 

課題#  KW[ならないよう] イートモには11対訳が収録されています
1 腰が丸くならないよう注意してください。
2 1型糖尿病の人では膵臓がインスリンを作らないので、患者は1日を通じて血糖値を測定し、高血糖にならないようインスリンペン又はインスリンポンプによる注射でインスリン投与を受けなければならない。
3 薬剤Aは推奨用量で投与し、投与期間が推奨期間よりも長くならないようにすることが大切である。
 

 

#7訳例

2022年6月27日 (月)

メディカル英訳トレーニング#6

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

鉄欠乏状態にない患者〔過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。〕

 

課題#  KW[過量投与 ] イートモには77対訳が収録されています
1 体表面積に基づく投与を必要とする抗悪性腫瘍薬の投与量の上限は、肥満患者における過量投与の防止のため、体表面積2.0~2.2m²を目安に決定される。
2 アセトアミノフェンは副作用の少ない効果的な解熱鎮痛薬で、著しい過量投与時にのみ毒性を示す。
3 体内のエストロゲン値が上がると、服用中の他の処方箋医薬品に干渉し、過量投与になることもあります。
4 薬剤Aの過量投与はβ2刺激薬に特有の作用の過剰発現につながる可能性があることから、以下の副作用があらわれることがある。
5 薬剤Aの過量投与には抗コリン薬を解毒薬として用いることができる。

 

#6訳例

2022年6月26日 (日)

メディカル英訳トレーニング#5

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

鉄欠乏状態にない患者〔過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。〕

 

課題#  KW[おそれがある] イートモには120対訳が収録されています
1 そこで、シンバスタチン、ロスバスタチン、アトルバスタチンなどのHMG-CoA還元酵素阻害薬の曝露量増加に起因する筋障害が発現するおそれがあることを添付文書で医療従事者に通知する。
2 本剤の副作用が増加するおそれがあるので、本剤の投与量を減量するとともに、副作用の徴候の有無について患者を慎重に経過観察する。
3 被験者の免疫系に干渉するおそれがある治療は避けなければならないが、上述した必要な支持療法は例外である。
4 タンパク質であるので、薬剤Aは治療薬としてその投与を受けた人に免疫反応を誘発するおそれがある
5 本品を暖かい場所に保管するか、直射日光や湿気に当てると、本品の性質が変化する《変質する》おそれがある

 

#5訳例

メディカル英訳トレーニング#4

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

鉄欠乏状態にない患者〔過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。〕

 

課題#  KW[過剰症 ]→[鉄過剰症] イートモには14対訳が収録されています
1 この疾患の小児では、鉄過剰症が起こることがあるので、輸血回数をできるだけ少なくする必要がある。
2 デフェラシロクスは合成鉄選択的キレート剤で、特に輸血による鉄過剰症の間、肝臓及び血液中の鉄を劇的に減少させる。
3 薬剤Aは、輸血による慢性鉄過剰症(輸血性ヘモシデリン沈着症)及び様々な先天性又は後天性の貧血の治療のために開発された。
4 しかし、輸血により、鉄過剰症及び輸血後ウイルス感染症のリスクが高まった。
5 FDAは、2歳以上の患者を対象に、輸血性ヘモジデリン沈着症による慢性鉄過剰症の治療用として、2005年11月2日に薬剤Aの迅速承認を与えた。

 

#4訳例

メディカル英訳トレーニング#3

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

鉄欠乏状態にない患者〔過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。〕

 

課題#  KW[鉄欠乏 ] イートモには15対訳が収録されています
1 その名前が示すように、鉄欠乏性貧血は鉄分の不足に起因する。
2 透析患者は1年あたり2000mgに迫る鉄欠乏を示す。
3 薬剤Aは、米国で慢性腎臓病の成人患者における鉄欠乏性貧血の治療用に承認されている。
4 薬剤Aの投与中、鉄欠乏が生じることがある。
5 したがって、貧血がなくても鉄欠乏は否定できない。

 

#3訳例

メディカル英訳トレーニング#2

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

鉄欠乏状態にない患者〔過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。〕

 

課題#  KW[次の患者]→[以下の患者] イートモには16対訳が収録されています
1 薬剤Aは以下の患者に投与してはならない《禁忌》。
2 薬剤Aの効能・効果は以下の患者の治療である。
3 薬剤Aは以下の患者に慎重に投与する。
4 以下の患者では用量を100IU/kgに増量できることとした。
5 この症状が回復する前に有害事象を示した以下の患者は、有害事象の発現日をもって有効性評価から除外されることと決定された。

 

#2訳例

2022年6月25日 (土)

メディカル英訳トレーニング#1

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

鉄欠乏状態にない患者〔過剰症を起こすおそれがあるので、過量投与にならないよう注意する。〕

 

課題#  KW[投与しない] イートモには18対訳が収録されています
1 薬剤Aは出血のリスクを高める可能性がある薬剤と併用投与しないようにする。
2 禁忌(次の患者には投与しないこと)
3 原則禁忌(次の患者には投与しないことを原則とするが、薬剤Aの投与がやむを得ないと判断される場合には慎重に投与すること)
4 添付文書では、授乳婦に薬剤Aを投与しないこととし、やむを得ず投与する場合は、授乳婦に授乳を中止するよう注意喚起する予定である。
5 申請者は、自閉症性障害の小児患者《患児》では薬剤Aの安全性及び有効性を定期的に経過観察し、この集団には長期間にわたって漫然と本剤を投与しないよう医療従事者に助言する予定である。

 

#1訳例

 

造血薬

erythropoiesis-stimulating agent (ESA)

 

ライフサイエンス辞書で調べますと

20220625-165809

 

文字通りの「赤血球生成促進薬」が良いように思われますが、、、

私もESAの投与を受けているので、投与を担当する看護師さんに「赤血球生成促進薬」という言い方するかどうかを聞いたら、そんな言い方はしないとのことです。

「造血薬」、「造血剤」と言うか、または商品名を使うようです。

医療現場にいるといろいろ知ることがあります。

患者になってしまったんだから、この際、耳に入ってくる医療情報はみなさんに還元しましょう。

 

メディカル英訳トレーニング そろそろ始めます

メディカル英訳トレーニングとは?

 

当たり前のことですけど、訳例はあくまでも例であって、訳例と一致しなければならないということはありません。

和文の情報が過不足なく伝わる英文ならばいいのです。

また、ヒントを利用するもしないも自由です。

 

大したものではないので、気楽にどうぞ。

Dsc_0376_20220625164101

今日のチワワの「ひなちゃん」

今日もおっさんと2人だけでお留守番かいっ。

Img_3192

 

ちょっと、遊んでよ。

Img_3191

 

だめなのかいっ。

Img_3193

 

いいよ、またふとんに潜って寝るよ。

Img_3200

 

奥へ。

Img_3197

 

2022年6月24日 (金)

メディカル英訳トレーニングを開始するにあたって

これまでに何度も書いていることですが、メディカル英訳のプロセスは以下の3段階に分けられます。

20220120163140

和文原稿の情報を読み取る読解力が最重要です(第1段階)。この段階においてイートモはほぼ無効なので、各自、読解力を高めてください。

第1段階がクリアできても1円にもならないのがメディカル英訳者の辛いところ。

そこで活躍するのでイートモです。イートモは、英文が乗りやすいように和文原稿を読み替えるセンスを養い(第2段階)、英文作成に必要な表現等を入手する(第3段階)のに役立ちます。

 

上記のような本格的なプロを目指すコースとは別に、イートモ対訳のほんの一部を利用して、軽~くメディカル英訳のお勉強・力試しをしようというのがメディカル英訳トレーニングです。

 

【特徴】

〇無料(タダ)。

〇だれでも参加できます。

〇いつでもやめられます。

〇短い和文をサクッと英訳して、すぐに訳例と照合することができます。

イートモは、英文と和文の対応がわかりやすく、日英間で相互利用できるように、主観を除いて可能な限り直訳的に作成されているので、英訳しやすい。

〇参加するのに登録の必要なし。

〇参加するのに氏名やメールアドレスの記入の必要なし。

〇添削などのわずらわしい指導なし。

〇あなたの訳文はだれにも見られません(こっそり英訳の練習ができる)。

 

【留意事項】

〇訳例に関する質問等は一切受け付けません。

〇出題は不定期です。

〇予告なく終了することがあります。

〇メディカル英訳トレーニングでどんな利益・不利益を受けても、なりた医学翻訳事務所は一切の責任を負いません。

 

今週の透析は終わり

このくそ暑い中、医学翻訳の勉強や仕事、ごくろうさまです。

私も、このくそ暑い中、K総合病院まで行って、透析受けて、直射日光の攻撃でフラフラしながら帰ってきました。

 

透析300回越えと先日書きましたが、それはK総合病院に転院してからのカウントです。

本当は最初にN医療センターに救急搬送されて、10日に及ぶ昏睡期間中にバスキャスカテーテルによる持続透析を受け、覚醒後も何度かN医療センターで透析を受けているので、既に軽く300回越えなのです。

 

 

私はN医療センターとK総合病院でこの処置を4回受けました。

 

時間と体力に制限があるので、バスキャスカテーテル についてたくさんの対訳は作成できないけれど、バスキャスカテーテル添付文書の参考文献くらいはイートモ用に対訳を作成しようと思います。

 

2022年6月23日 (木)

メディカル英訳トレーニング

近日中に医学翻訳ブログではイートモを持っていない人のためにサクッと英訳トレーニングできるコーナーを始める予定です。

イートモ対訳を利用したお勉強・力試しコーナーです。

氏名やメールアドレスの記入の必要なし。

しかも、無料!

 

不整脈薬物治療関係 513対訳収録

先月から進めてきた不整脈薬物治療ガイドラインの参考文献について、513対訳を作成し、イートモ対訳ファイルに収録しました。


Aaa_20220623170601

Bbb_20220623170601

 

当該ガイドラインの参考文献はまだ半分近く残っていますが、不整脈の薬物療法関係について十分な件数の対訳が作成できたと思うので、ここで終了とします。

 

イートモ対訳ファイルに収録されている対訳は59649となりました。

6万まであと350対訳。

次期イートモ(イートモ7.3)までに6万対訳を達成できるか微妙なところです。

 

今日は透析のない日(非透析日)なので、朝から夕方まで休みつつイートモ作業を行いましたが、透析でかなり体力を消耗するためか、非透析日でも長時間の作業はきつくなっています。

イートモ作業は午前中のみとし、それ以外は休養と運動にあてたほうが良いようです。

したがって、次期イートモ(イートモ7.3)までに、あと350対訳を作成するのは厳しいかもしれません。

 

2022年6月22日 (水)

透析300回達成

2020年5月に顕微鏡的多発血管炎(microscopic polyangiitis)が原因による急速進行性糸球体腎炎(rapidly progressive glomerulonephritis)と肺胞出血(alveolar hemorrhage)で死にかけたことは何度も書きました。

結果的に腎不全(renal failure)になって週3回通院治療しております。

医療の知識があれば、容易に推察できるでしょうけど、要は透析(dialysis)、正確には血液透析(hemodialysis)を受けているわけです。

それが300回を達成しました。

Img_3189

 

毎週、月・水・金と1回も欠勤なく通院しております。

30年間翻訳仕事をしていた時でさえ、こんなに規則正しく出勤したことはありません。

それもこれも、通院をサポートしてくれるドライバーとチワワの「ひなちゃん」のおかげです。

Img_3151_20220622151601

 

別に透析と明記しなくてもいいのですが、300回達成を機に今後は「通院治療」ではなく「透析」と記述することにします。

 

2022年6月20日 (月)

「広がっている」

今日は通常治療に加えて、腕の血管が狭くなっているかを調べるエコー検査を受けました。

3カ月前にも同じ検査を受けています。

検査技師が言うには、3カ月前と比較すると、「広がっている」とのこと。

私は、てっきり、狭窄部位が広がっている、つまり前回よりも狭窄が広範囲に及んでいると解釈したのですが、検査技師が言おうとしたのは、管腔が広がっている、つまり前回よりも狭窄の程度が小さいという意味だったようです。

主語によって意味が全く違うものになるわけです。

 

そんなこんなで、今日は朝8時に家を出て、帰ったのが夕方5時でした。

まさに1日がかり。

 

来週は全身のCTスキャンと心エコーが予定されています。

 

2022年6月19日 (日)

今日のチワワの「ひなちゃん」

今日はおっさんと2人でお留守番でした。

 

柿の木坂オフィッスでまったりしています。

Img_3179

 

だらっとしています。

Img_3181

 

暇そうです。

Img_3183

 

おっさんと2人が飽きてきました。

Img_3185

 

もう限界です。

Img_3186

 

ベッドに行ってしまいました。

Img_3188

 

寝てていいよ。

Img_3187

 

日がな一日、「ひなちゃん」を見ていると、病気するほど仕事したり、ケガするほど運動をするのがあほらしくなります。

医学翻訳仕事のどこに魅力を感じるのかわかりませんが、翻訳スクールはたくさんあり、新規のスクールも登場しているから、需要はあるのでしょう。

医薬文書を扱った実務経験が数年間あるのならチャレンジしてもいいでしょうが、実務経験もなく、英語が得意・好きと言う理由だけで、医学翻訳のプロを目指すのは貴重な時間とお金を無駄にするだけです。ほとんどの人が脱落します。巷の翻訳スクールでの勉強だけで医学翻訳のプロになれるわけがありません。

日がな一日、「ひなちゃん」を見ていると、そんな無茶しないほうが良いのではないと思います。

 

2022年6月17日 (金)

退去通知

イートモ制作を支える資金源のなりたアパート。

1室が6月末に退去するとの通知がありました。

理由があって退去するのだろうけど、この時期に引っ越すというのはどんな理由があるんだろう。

梅雨の時期に引っ越し、ごくろうさまです。

 

この時期に退去されたら、もう来年2月、3月まで空室を覚悟です。

40万円ほどの損になるかな。

早期に入居が決まれば儲けもの。

 

入居が決まったら、ペットスパでトリミングしてもらおうね。w

Img_3110_20220617151901

 

2022年6月16日 (木)

イートモの使い方の例

これまでに何度も書いているような気がしますが、この医学翻訳ブログを初めて見た人もいるかもしれないので、もう一度書きます。

最初に結論を言います。→ イートモの使い方は人それぞれ工夫してください。

 

いろいろな使い方があると思いますが、その1つをイートモ実戦応用例で紹介しています。

 

例えば、以下の和文原稿を英訳するか、英訳の勉強をする場合。

 

英訳用のCTD2.7.6

ダウンロード - e382bde38390e383abe38387e382a3e383bbe58f82e88083e8b387e69699.pdf

 

和文の一番最初の部分。

「バイオアベイラビリティを比較する」

 

Aaa1_20220616115001

「バイオアベイラビリティ」で検索してもいいし、「バイオアベイラビリティ 比較」で検索してもいい。

今回は後者で試してみましょう。

現行のイートモ7.2では以下のように提示されます(アップグレードに伴い変わります)。

「バイオアベイラビリティを比較する」に類似する対訳は二つ。

これらの2対訳を参考にして、和文原稿を英訳します。

イートモにヒントがなければ、他を当たってください。

Aaa_20220616115201

 

医学翻訳を学習中の方は、さらに翻訳トレーニングモードで訳出の訓練をするといいでしょう。

英訳のトレーニングモードでは、ヒントが出るので、左側の和文を見ながら実際に英訳します。
Ccc_20220616115701

7対訳と少ないので、7対訳すべて英訳トレーニングしてもいいでしょう。

 

「訳例を見る」ボタンを押すと、訳例が表示されるので、自分の英訳と比べてください。

Ddd_20220616115801

 

おぼえておきたい対訳があれば、適宜、暗記するのもいいでしょう。

 

ちなみに「バイオアベイラビリティ」で検索すると96対訳が表示されます。

この程度の件数だったら、上記と同様にすべての対訳について英訳・和訳トレーニングして、「バイオアベイラビリティ」の前後の表現をおぼえてしまうのもOKです。1日あればできます。プロの医学翻訳者になろうというのであれば、そのくらいの迫力が求められます。

Eee1_20220616121701

Eee2_20220616121701

しっかり歩行

K総合病院のリハビリ室からわたされた歩数計。

しっかりモードでカウントされないと言ったら、速足で10分間以上歩かないとカウントされないそうです。

 

今朝はちょっとかったるいけど、がんばって速足ウォーキングしてきました。

Img_3177

 

しっかりモードで1642歩。

たった15分ですけど、結構な運動になります。

いままでのようにたらたら歩くのとは全然違います。

 

毎分100~120歩が推奨とのことですが、15分で1642歩だと109.5歩/分。

ちょうど推奨歩行速度に一致しますが、この歩行速度で20分とか30分とか歩行するのは大変だな。

当面、20分を目指そう。

 

 

2022年6月15日 (水)

いつ仕事したらええねん

K総合病院へ行って、治療を受けてきました。

 

治療が終わったら、いつものように院内レストランへ。

Img_3174

 

今日は何とか弁当にしました。

Img_3176

 

塩分を控えるため、味噌汁は飲まないけど、全部完食。

 

おととい、CPX検査が終わりましたが、まだまだ控えています。

来週の月曜は腕の血管のエコー検査

再来週の月曜は全身のCTスキャン

7月1日には心エコー検査

 

その間に歯科クリニックとメンタルクリニックがあります。

 

いつ仕事をしたらええねん!

 

2022年6月14日 (火)

腎臓病患者の運動療法

わかりやすくまとめられています。有難いことです。

https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/neph/patient/tjoimi0000000aor-att/tjoimi0000000bme.pdf

 

私のように腎不全の患者の場合、運動しないと死亡率が上がるようです。

CKD=chronic kidney disease
ESKD=end-stage kidney disease

20220614-072004

 

で、昨日のCPX(cardiopulmonary exercise)では、主に嫌気性代謝閾値(anaerobic threshold:AT)を特定するために行われたようです。立ち会った循環器内科のドクターから説明があり、ATが基準になると言われましたが、意味が分からず、調べたら、以下のことのようです。

20220614-070811

 

私の場合、ATレベルが低いので、比較的弱い運動強度(心拍数110程度)の運動計画が策定されるようです。

心肺機能が低いとは思っていたけど、これほど衰えているとは思わなかったです。

でも、今の時点で科学的に証明されたのは良かったです。あせらず、徐々に長期的にATレベルを上げていこうと思います。

 

2022年6月13日 (月)

CPX検査 受けてきた

CPX検査を受けてきました。

 

通院治療の疲労が残っている状況とはいえ、悲惨な結果が出ました。

同年齢の健康男性を100として52ですと。

 

CPX検査の直前に歩行能力や筋力測定などを受けて、その時点で既にヘロヘロだったのです。

心電図や酸素マスクが付けられ、緊張状態であったことも悲惨な結果になった要因と思われます。

 

ま、2年前は健康男性の52%どころか、0%になりかけたので、良しとしましょう。

 

今回得られたデータを元に、私に適した運動強度を設定し、週3日の通院治療中に寝ながら漕げるエアロバイクで運動することになります。

心拍数110前後をキープしながら有酸素運動をするといいらしいです。

近所の緑道をたらたら歩く程度では心肺機能の改善にはならんようだ。

やはり、エアロバイクを買って、自宅でも運動せんといかんな。

 

2022年6月12日 (日)

フレカイニド

今、不整脈薬物療法についてイートモ対訳を作成しているわけですが、医学翻訳専業になって最初の頃に依頼されたのがフレカイニドという抗不整脈薬の和訳。

 

それまで製薬会社ではアレルギー等、免疫系を中心に医学文献を読んできましたが、不整脈の専門文書を翻訳するなんて初めてでした。

とりあえず、正確にはおぼえていませんが、「不整脈のxxx」という医学書を買って読みましたが、内容は半分も理解できなかったのではないかと思います。

フレカイニドの仕事は比較的長期間続いたので、次第に和訳しやすくなりましたが、ひどい和訳をしていただろうと思います。

その後も、様々な分野の翻訳仕事が依頼されたので、その都度、書店で専門書を買って調べたり、国会図書館で調べたりとえらい苦労をしました。訳すよりも資料の収集に時間がかかった。

 

今はネット検索すれば

https://kanri.nkdesk.com/naika/sindenzu.php

のような情報がすぐに入手できるので、この点では昔よりもずうっと楽です。

 

でも、和文を読んで理解するだけでも大変なのに、それを英文に訳さなくてはならないのです。

情報の入手が楽になった代わりに、納期も厳しくなってきました。昔は比較的のんびり翻訳できたんですけどね。私が翻訳業界に入った頃はまだ手書きで訳文を書いている人が結構いました。

上記の薬剤師向けの文書だと、翻訳者が5日間で英訳して翻訳会社がチェックして1週間以内に納品というのは普通です。できます? 無理でしょ。

MTが導入されているので、今はもっと早くなっているかもしれません。

英語が得意だからと、気軽に医学翻訳に参入する人が昔から多いけど、実際は厳しい世界です。

 

途中経過

2020年改訂版・不整脈薬物治療ガイドライン

 

文献をピックアップしながら、page 80の文献633まで来ました。

病理関係は和文を理解することすら難しく、良質な対訳の作成に苦労しています。

それでも、534対訳になりました。

一旦、これらの対訳を点検しながら、イートモファイルに収録するか、もう少し対訳を増やすか。

ま、今日はもう休養日にします。

20220612-102703

 

おじちゃんはくたびれたよ。

「ひなちゃん」も眠そうだね。

Dsc_0376

2022年6月11日 (土)

「ひなちゃん」のニキビ

チワワの「ひなちゃん」。

口の上に赤いおできができたけど、病院でもらった消毒液をつけていたら、だいぶ良くなりました。

Dsc_0375_20220611193201

まだ、ちょっと赤いけどね。

 

 

2022年6月10日 (金)

今日は厄日

今週の通院治療も終わりです。

 

でも、今日の穿刺、3回ほど失敗されて、血がどぴゅっと吹き出しました。

エコーで調べたら、血管が狭くなっているので、近々またPTA手術かもらしいです。

7月には覚悟していたが、ちょっと早いな。

 

ガックシきて、院内レストランで食事。

先日食べてまあまあ美味かったので、エビフライ定食。

Img_3167

 

右下奥歯のブリッジ。幅があり過ぎるせいか、頬の内側に当たる。

食べているとき、頬の内側を噛んでしまった。

明日、歯医者に行くので、調節してもらわないと。

なかなかうまくいかんな。

 

こんな感じで、週のほとんどが通院になっている状況です。

大病した自分が悪いんだけど、60歳過ぎると身体機能は衰えるし、身体の各部位は欠損するし、60前のようにはいきません。

定年過ぎても、65歳まで働いてローンを返済するといった人が多いようだけど、病気や事故したら計画は完全に狂います。

私は20代前半の事故で左腕の身体障害になりましたが、健康面は他人と比べて劣っていたわけではなく、体力は人並みだったと思います。

でも、例の大病のせいで、マンションの頭金くらいの医療費がかかりましたし、仕事をする時間がほとんどなくなりました。老後2000万円なんて用意しても、病気などしたら、すぐになくなるぞ。

これまでの蓄えと不動産賃貸収入があるから、お気楽そうにやっていけるけど、遅くとも60歳までに経済的に自立していないと破綻しまっせ!

 

愚痴のようになりましたが、「ひなちゃん」のおもちゃ、「ぴよこちゃん」がきれいになってよかった。

Img_3166

 

2022年6月 9日 (木)

犬のニキビ

数日前からチワワの「ひなちゃん」の口の上に小さな赤いおでき。

ちょうどこんな感じ。

https://wanchan.jp/osusume/detail/910

痛がりも痒がりもしないけど、今日、動物病院に連れて行きました。

 

念のため、組織をとって調べたそうですが、病院に入るときから怖がりだし、組織を採取されるときには暴れ方が半端じゃなかったようです。

結果は悪性のものでなく、細菌による化膿(ニキビ)だろうとのこと。

遊んでいるおもちゃに細菌が繁殖して、それが感染したのかもしれません。

その可能性大です。

 

ワンコと暮らしている方は注意してあげてください。

 

「ひなちゃん」おもちゃ、「ぴよこちゃん」を滅菌中。

Img_3165

新しい医学翻訳講座

次々、新しい医学翻訳講座が登場しているようです。

さすが、医学翻訳フリーランスを夢見る学習者の好奇心を刺激しています。

受講したくなる気分になるでしょ?

 

https://m-t-s.stores.jp/

好きなものを選べる新しい感覚。

 

https://www.fellow-academy.com/home/mastercourse_medical_eng/

受講するには試験に合格する必要があるようです。稀少性を感じさせます。

 

 

もっとイートモを買いたくなる広告宣伝を考えないとダメかな。w

 

2022年6月 8日 (水)

イートモは医学翻訳の仕事用です

イートモは医学翻訳の仕事、特に医学翻訳フリーランスのための資料です。

医学翻訳の学習用に間違って購入しないように!

学習したい方はSアカデミーやFアカデミーなどへどうぞ。

 


イートモを使いこなすには一定レベル以上の技量が必要です。

自分から行動しないと、イートモは何も反応してくれません(受講すれば何らかの話をしてくれる翻訳スクールのほうがまだまし)。そもそも、自主的に行動できない人は、医学翻訳フリーランスとして稼働できません。受け身はダメ。

 

一定レベル≒翻訳会社のトライアル合格レベル、と判断しています。

 

そのように判断したのは、トライアル合格レベル未満ですと、イートモの情報量が多すぎて、イートモをどのように利用したらいいかわからないのではないかと思われるからです。しかも、なぜこれだけ多くの情報が必要なのか理解できないと思われます。つまり、イートモを購入しても利用しないままになる可能性が高いでしょう(無駄になる)。

 

一方、トライアル合格レベルに達している人は、医学翻訳で稼ぐことが現実に近づいているので、イートモのコンテンツとその量の必要性を理解できるはずです。

 

以下の参考資料を詳しく読んで、注文の前に、ご自身にイートモを利用できるだけの技量があるかを確認してください

イートモ利用サンプル

イートモ実戦応用例

イートモ対訳のサンプル

 

2022年6月 7日 (火)

再度 歯科クリニックへ

先日、新しい3本ブリッジを入れてもらったのですが、噛み合わせが悪く、食べると痛くてしかたがない。

 

てなわけで、今日も三軒茶屋の歯科クリニックまで行ってきました。

噛み合わせを調整してもらい、今のところ調子は良さそうです。

依然として仮付けの状態です。

料金は消費税込みで198000円。

来週入る年金では足りないけど、違和感なく食事が出来れば安いもんだね。

 

2022年6月 6日 (月)

月一検査

今日は6月の月一検査でした。

 

相変わらず、尿酸、尿素窒素、クレアチニンはボロボロ。

たった1.5カ月で腎不全となる急速進行性糸球体腎炎、怖ろしや。

しょうがない。

 

炎症指標のCRPが陰性なので良しとしよう。

 

今回はRPRとTPLAという見慣れない項目があったので、調べてみました。

梅毒検査には2種類の方法を用い、両者の結果が一致するかどうかを調べるようです。

 

梅毒脂質抗体定量(RPR)

https://www.saturin.co.jp/biz/inspection/ins/insp_0247.html

 

梅毒TP抗体定量(TP)

https://www.saturin.co.jp/biz/inspection/ins/insp_0197.html

LAはLatex agglutination(ラテックス凝集反応)の略と思われます。

LA:抗原または抗体を吸着(結合)させたラテックス粒子(感作ラテックス粒子)を用いて抗原抗体反応を行い、抗原抗体反応による凝集の有無により抗体または抗原の存在を判定する方法。

おぼえることには際限がありません。

ベテランの医学翻訳者になっても、新規の仕事が来たら、最初から勉強です。

 

 

2022年6月 5日 (日)

不整脈薬物治療ガイドライン 350対訳

1週間で350対訳を作成しました。

週3日は通院治療でつぶれるので、4日で350対訳。

ちょっとペースを落とします。

20220531-120710_20220605191001

翻訳スタミナ【重要】

相変わらず、翻訳スクールの医学・薬学コース、人気のようです。

別に翻訳スクールに恨みがあるわけではないのですが、医学・薬学コースで短い課題を数回訳して、添削を受けていれば、自然に実力がついて、医学翻訳の仕事でお金が稼げるという幻想を持つ人が昔から非常に多い。時間とお金を無駄にする人が少なくなるように、医学翻訳ブログでは現実の話・本当の話をしております。

例えば、月1回、和文1000語程度を英訳して、添削・解説してもらう1年英訳コース、受講料20万円。

架空のコースですよ。

医学翻訳の勉強にはなるかもしれないけど、実ジョブになると、その内容の難しさはもちろん、ボリュームと納期厳守にショックを受けると思います。

 

実際に私が英訳した治験薬概要書(IB)です。

機密文書なので、中身は紹介できません。

20220605-175637_20220605181401

 

文字数は50000超です。これを納期までに英訳する。

Ibcount

 

私が一人でやったのか、数人に分けたのか忘れましたが、この程度のボリュームの和訳原稿が普通に英訳依頼されます

これを1カ月程度で英訳して、納品するのが普通でした(今はわかりません)。

月に1000語を英訳した経験しかないのでは、せっかく苦労してトライアルや何とか検定に合格したのに、依頼された文書を見て、ショックのあまり「私には無理です・自信がありません・できません」と言って逃亡することになります。その一言で「使えないやつ」と認定され、これまでの苦労が水の泡になります。

医学翻訳の細かな理屈も大事だけど、実ジョブと同様の文書を対象に、イートモを利用しながら実際に全訳して、翻訳スタミナをつけておくことが非常に重要なのです。

結論:●受け身の医学翻訳の勉強と実ジョブは別物

 

2022年6月 4日 (土)

歯科クリニックへ

奥歯の3本ブリッジが出来上がっているはずなので、またまた三軒茶屋の歯科クリニックへ行ってきました。

 

歯科技工士が大きく作り過ぎたせいか、歯科医が何度も微調整することになって、えらい大変でした。

とりあえず、今回は仮付けということで、次回までの様子を見て、本付けすることになりました。

 

歯の治療は大変です。しんどい!

K病院での週3回の通院治療のほうが楽です。寝てりゃいいんだから。w

それにしても、土曜日の三軒茶屋はすごい人ごみです。

よくそんなところに16年間も住んだと思うよ。

 

2022年6月 3日 (金)

年金 減る

医学翻訳フリーランスがメインで、ちょこっとサラリーマンをやった場合、60歳から給付を受けるとこんなもの。

年80万円。月6.6万円。

給付額が減るようです。

20220603-200746

よーし、これを握りしめて、2.5年ぶりに学大のパチンコ・スーパーセブンで厄落としだ

 

60000対訳を目指す

2020年改訂版・不整脈薬物治療ガイドライン

 

これの英文参考文献をイートモ用に対訳化しています。

5日目で234対訳。

20220531-120710_20220603182301

 

1週間に約200対訳として、6月中には800対訳は作成できそうです。

7月中には全収録対訳数が60000を超えるかもしれません。

60000を超えたら、次期バージョン(イートモ7.3)にアップデートします。

 

今月は、週3日の治療に加えて、病気の運動療法のため、心肺機能の検査を受けたり、年1回の全身CTスキャンもあるので、余裕をもってまいります。

 

医学翻訳30年

 

ありがとうございます。

 

医学翻訳は10年間みっちり仕事すれば、翻訳依頼されるタイプの文書を一通り経験することになります。

十分実力がついているので、あとは余裕で20年、30年いけます。

関西には40年級のレジェンド医学翻訳者がいらっしゃいます。

まー、すごいです。

 

私は翻訳仕事だけで人生が終わるのが嫌で、30年で止めて、形として残るイートモを作成することにしました。

そんな半分道楽ができるのも、FIREを達成したためです。

 

医学翻訳は最初の3~5年間が厳しい。

この時期をイートモを利用しながら乗り越えましょう。

そうしたら10年が見えてきます。

 

2022年6月 1日 (水)

「ひなちゃん」 歯の検査

そろそろ虫歯の日。

 

「ひなちゃん」、歯を見せてごらん。

Img_3155

 

どれどれ、大丈夫だね。w

Img_3156

 

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    12月3日現在:61,277対訳(イートモ7.3から276対訳の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想