« 個人事業税 | トップページ | 仙台日帰り »

2022年8月 3日 (水)

メディカル英訳トレーニング・キーワードリストNo.1

各キーワードをクリックすると、対応するメディカル英訳トレーニングが開きます。

 

#301~400 #201~300 #101~200 #1~100

投与 時間後

と考えられた

到達した

定常状態

開始後

反復投与

であったことから

同程度

Cmax

日目

は以下のとおりである

薬物動態パラメータ

未変化体

空腹時に

発育抑制

の増強

母動物

と併用投与した

種特異的

種特異性

カルチノイド

毒性試験

mg/kg以上

複数の

入院患者

海外では

のリスク

長期間

高用量

特に

リスク増加

脊椎骨折

手関節骨折

股関節骨折

に伴う

骨粗鬆症

観察研究

を確認して

ではないこと

悪性

胃ポリープ

良性

週目以降

週以降

投与終了

になる可能性がある

直後

の服用中

偽陰性

尿素呼気試験

抗生物質

プロトンポンプインヒビター

適切な処置

副腎皮質ステロイド

投与を中止

が疑われた

間質性肺炎

胸部CT

胸部X線

早急に

速やかに

捻髪音

の異常

肺音

発熱

呼吸困難

咳嗽

が促進され

を誘導

セイヨウオトギリソウ

を遅らせる

の代謝

の排泄

チトクロームP450

することがある

が低下する

血中濃度

溶解性

低下させる

併用薬

抑制作用

よって代謝される

代謝酵素

主に

主として

臨床試験 実施

を対象とした

乳児

新生児

低出生体重児

本邦では

移行する

母乳中

ラセミ体

かどうかを検討する

の中止

の継続

授乳

を考慮して

母乳栄養

にのみ投与する

を上回る

治療上の有益性

妊娠している可能性のある

妊婦

ないことを確認

遮蔽

消化器疾患

悪性腫瘍

食道癌

胃癌

を確認した後

日間以上

日以上

1週間あたり

繰り返す

胃酸逆流

胸やけ

問診

検査を行う

腎機能

肝機能

血液像

を考慮する

投与量の減量

休薬

に維持されている

に保たれている

寛解状態

十分注意

次の事項

ことが望ましい

定期的に

を必要としない

投与しないよう

留意

投与することとする

再発・再燃を繰り返す

維持療法

逆流性食道炎

内視鏡検査

が陽性

胃炎

と判断される

適切と判断

を参考に

に従い

ガイドライン

の有効性

除菌

ヘリコバクター・ピロリ

進行した

進行期

の既往

十二指腸潰瘍

胃潰瘍

に先立ち

に先立って

に際しては

投与開始

効能・効果

に適応され

継続投与

長期投与

NSAID

非ステロイド性抗炎症薬

疼痛管理

変形性関節症

関節リウマチ

褐色

光によって

徐々に

にほとんど溶けない

に溶けにくく

保存する

湿気を避けて

バラ包装

結晶性粉末

結晶性の粉末

緑白色

の上昇

総鉄結合能

の低下

飽和度

補充効果

貯蔵鉄

有意な上昇

有意に上昇し

対照と比較して

含量

含有量

回復効果

顕著な

連続投与

瀉血

飼育した

欠乏食

を改善する

貧血状態

の回復

受けにくい

胃酸

でも認められ

さらに、

を抑制した

食後投与

貧血

健康な

影響を受けない

影響されない

胃酸分泌

に用いられる

に利用される

の合成

に取り込まれ

骨髄中の

に結合した

循環する

と結合し

吸収された

差は認められなかった

発現率

両群間

歳未満

歳以上

を実施した

を比較するため

非高齢者

使用成績調査

問題は認められなかった

追跡調査

新生児

胎児

を比較したところ

発現頻度

非妊婦

妊婦

パイロット試験

使用成績調査

が認められている

二重盲検

二重盲検試験

差はなかった

差は認められなかった

に対する効果

顆粒

錠剤

有意に高

mg群

mg投与群

有用性

改善が認められた

ヘマトクリット

ヘマトクリット値

赤血球数

ヘモグロビン

の改善

めまい

息切れ

動悸

倦怠感

貧血症状

非盲検試験

鉄欠乏性貧血

良好であった

類薬

羊水

胎児に

胎児へ

胎盤

妊娠ラット

ものと考えられる。

ことに起因する

ことによる

への移行

範囲内

日内変動

生理的な

現象

鉄剤

投与前

血清鉄濃度

に復した

ベースライン値

投与前値

に達し

ピークに

時間後に

から上昇

血清鉄

単回経口投与

食後

健康成人男性

との報告がある

鉄貯蔵量

との併用投与により

との併用投与で

大量の

動物試験

歯磨き

することがある

茶褐色

変色

着色

一時的に

を呈する

の投与により

を伴う

併発する

合併症

重篤な

穿孔

刺入

食道粘膜

鋭角部

誤飲

指導する

服用するよう

から取り出して

PTPシート

PTP包装

対症療法

輸液

昇圧剤

があらわれたならば

があらわれた場合

循環虚脱

を投与する。

鉄キレート剤

下剤

有効である

胃洗浄

催吐

初期には

につながることがある

に至ることがある

肝不全

ショック

昏睡

の場合

重症の場合

がみられる

チアノーゼ

血圧低下

頻脈

消化器症状

刺激による

胃粘膜

主な症状

となることがある

偽陽性

潜血反応

が少ない

使用経験

確立していない

に対する安全性

小児に対する

注意する

減量する

低下している

生理機能

高齢者

一般に

終了時

再審査

が報告されている

副作用が

例のうち

ことが報告されている

を形成する

難溶性

pHの上昇

in vitro試験

鉄キレート

高分子

相手薬剤

間隔をあけて

時間以上

ことがあるので

阻害する

1/10に

吸収を

適宜増減する

症状

年齢

経口投与する

食後

に分けて

通常、

成人には

よう注意する

ならないよう

過量投与

おそれがある

鉄過剰症

鉄欠乏

以下の患者

投与しない

 

« 個人事業税 | トップページ | 仙台日帰り »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想