« メディカル英訳トレーニング#155 | トップページ | 最近のチワワの「ひなちゃん」 »

2022年8月22日 (月)

メディカル英訳トレーニング#156

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

ヘモグロビン濃度の改善及び有用度は、1日200mg投与群が1日100mg投与群より有意に高く、錠剤と顆粒剤の比較においては、ヘモグロビン濃度上昇効果、貧血症状に対する効果ともに差は認められなかった。また、本剤は二重盲検試験により有用性が認められている。

 


課題#


KW[差は認められなかった]→[差はなかった] イートモには105対訳が収録されています

1 この12週間試験では、薬剤Aの200mg投与と400mg投与の間で改善度に差はなかった
In the 12-week study, there was no difference in the extent of improvement between the 200 mg and 400 mg Drug A doses.
2 薬剤Aの影響はトランスアミナーゼの増加に限定され、ビリルビン値又はアルカリホスファターゼ値に差はなかった
The effect of Drug A was confined to an elevation of transaminases without differences in bilirubin or alkaline phosphatase levels.
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#155 | トップページ | 最近のチワワの「ひなちゃん」 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月28日現在:68,393対訳(現行版よりも3872対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想