« 久しぶりに外の飯を食った | トップページ | pre-editができたら、メディカル英訳はできたも同然 »

2022年9月 5日 (月)

和文原稿のpre-edit事例8

「代謝物プロファイルでは、」の「では」が意味することが明瞭になるようにpre-editする。


「軽度の肝機能障害はアスナプレビルの薬物動態にわずかな影響を及ぼすのみであり、中等度及び重度の肝機能障害はアスナプレビルの動態を大きく変化させるが、末期腎不全はアスナプレビルの曝露量に大きな影響を及ぼさない」

 

1.軽度の肝機能障害はアスナプレビルの薬物動態にわずかな影響を及ぼす。

2.中等度及び重度の肝機能障害はアスナプレビルの薬物動態を大きく変化させる。

1と2は肝機能障害の程度別に比較していることがわかるようにpre-editする。

 

3.末期腎不全はアスナプレビルの曝露量に大きな影響を及ぼさない。

3は肝機能障害ではなく、腎不全に関する情報であり、ワンセンテンスに詰め込むとわかりにくくなり、長くもなるので、別センテンスにする。

 

pre-editの結果はイートモユーザー・オンリーをご覧ください。

 

(下線部がpre-editの対象部分)

和文原稿 DeepL英訳

[14C]アスナプレビル溶液200mgを用いたマスバランス試験(AI447010試験)で、アスナプレビルは主に、未変化体及び代謝物として糞便中に排泄された。総投与量のうち、約84%が糞便中で回収され、尿中での回収率は1%未満であった。代謝物プロファイルでは、投与後24時間(AUC(0-24)は総放射能の約55%)でアスナプレビルの未変化体がヒト血漿中の放射能の大部分を占めた。ヒト血漿中では、いくつかの微量代謝物が検出された。そのAUCは、血漿中代謝物の総放射能のおおむね5%未満であった。経口クリアランスの大きさから肝での選択的な取込が示唆され、アスナプレビルの血漿中濃度は、用量に比して低かった。薬物動態試験の結果から、肝又は腎機能障害の被験者を対象とした試験では、軽度の肝機能障害はアスナプレビルの薬物動態にわずかな影響を及ぼすのみであり、中等度及び重度の肝機能障害はアスナプレビルの動態を大きく変化させるが、末期腎不全はアスナプレビルの曝露量に大きな影響を及ぼさないことが示唆された。

In a mass balance study (Study AI447010) using 200 mg of [14C]asunaprevir solution, asunaprevir was excreted primarily in the feces as unchanged drug and metabolites. Of the total dose, approximately 84% was recovered in feces and less than 1% in urine. In the metabolite profile, the unchanged form of asunaprevir accounted for the majority of the radioactivity in human plasma at 24 hours post-dose (AUC(0-24) approximately 55% of total radioactivity). Several trace metabolites were detected in human plasma. Their AUCs were generally less than 5% of the total radioactivity of the metabolites in plasma. The magnitude of oral clearance suggested selective hepatic uptake, and plasma concentrations of asunaprevir were low relative to dose. Results of pharmacokinetic studies in subjects with hepatic or renal dysfunction suggest that mild hepatic dysfunction has only a small effect on asunaprevir pharmacokinetics, moderate and severe hepatic dysfunction significantly alter asunaprevir kinetics, but end-stage renal failure has no significant effect on asunaprevir exposure The results suggest that end-stage renal failure does not have a significant effect on asunaprevir exposure.

 

« 久しぶりに外の飯を食った | トップページ | pre-editができたら、メディカル英訳はできたも同然 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想