« 和文原稿のpre-edit事例12 | トップページ | 和文原稿のpre-edit事例14 »

2022年9月 8日 (木)

和文原稿のpre-edit事例13

「7種類の用量パネル(10、50、100、200、400、600 及び1200mgを懸濁液として)について検討するため、各用量パネル8例を3:1の比率でアスナプレビル群又はプラセボ群にランダムに割り付けた。」

「7種類の用量パネル」の取り扱いを工夫する。つまり、「アスナプレビルは7種類の用量パネルで投与することとした」と読み取らなければならない。

さらに、「10、50、100、200、400、600 及び1200mgを懸濁液として」は正確には「10、50、100、200、400、600 及び1200mgを含有する懸濁液」であることを見抜かなければならない。

この2つのポイントを見抜かないと、いくらpost-editしても納品可能な英訳にはなりません。


それと、「てにをは」を微調整することでDeepL英訳が格段に改善します。

 

pre-editの結果はイートモユーザー・オンリーをご覧ください。

 

(下線部がpre-editの対象部分)

和文原稿 DeepL英訳

健康被験者を対象としたアスナプレビルの安全性、忍容性及び薬物動態を検討するプラセボ対照、単回投与試験AI447001試験(CTD 5.3.3.1.1)]

AI447001試験は健康被験者56例を対象とした二重盲検、プラセボ対照、単回投与試験であった。7種類の用量パネル(10、50、100、200、400、600 及び1200mgを懸濁液として)について検討するため、各用量パネル8例を3:1の比率でアスナプレビル群又はプラセボ群にランダムに割り付けた。治験薬は空腹時に単回経口投与した。7日間以上のウォッシュアウト後、用量パネル110mg)の被験者は、リトナビルとの併用でアスナプレビル10mg又はプラセボの単回経口投与を受けた。リトナビルは100mgを2回投与し、そのうち1回はアスナプレビル10mg又はプラセボ投与12時間前の軽食摂取後に、もう1回はアスナプレビル10mg又はプラセボと同時に空腹時に投与した。用量パネル2(50mg)の被験者も同様に、7日間以上のウォッシュアウト後、アスナプレビル50mg又はプラセボ溶液の空腹時単回経口投与を受けた。薬物動態解析用の血漿及び尿試料は、投与前及び投与72時間後まで採取した。


A Placebo-controlled, Single-Dose Study of Asunaprevir Safety, Tolerability, and Pharmacokinetics in Healthy Subjects [Study AI447001 (CTD 5.3.3.1.1)].

Study AI447001 was a double-blind, placebo-controlled, single-dose study of 56 healthy subjects. 8 subjects from each dose panel were randomized in a 3:1 ratio to asunaprevir or placebo to evaluate 7 different dose panels (10, 50, 100, 200, 400, 600 and 1200 mg as suspension). or placebo group in a 3:1 ratio. The study drug was administered orally as a single dose on an empty stomach; after a washout of at least 7 days, subjects in dose panel 1 (10 mg) received a single oral dose of 10 mg asunaprevir or placebo in combination with ritonavir. Ritonavir was administered in two 100 mg doses, one of which was given after ingestion of a light meal 12 hours prior to administration of asunaprevir 10 mg or placebo, and the other was given at the same time as asunaprevir 10 mg or placebo, fasting. Subjects in dose panel 2 (50 mg) similarly received a single fasting oral dose of asunaprevir 50 mg or placebo solution after a washout of at least 7 days. Plasma and urine samples for pharmacokinetic analysis were collected before and up to 72 hours after dosing.

 

 

« 和文原稿のpre-edit事例12 | トップページ | 和文原稿のpre-edit事例14 »

フォト

イートモ

  • 最終点検済み対訳数
    ★4月17日現在:55,191対訳/66,427対訳
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想