« 和文原稿のpre-edit事例19 | トップページ | 和文原稿のpre-edit事例 一旦休止 »

2022年9月13日 (火)

和文原稿のpre-edit事例20

同様に、アスナプレビル10mg、50mg、200mg及び600mg投与時のHCV RNAの減少量(平均値)の推移は、未治療の被験者と治療歴のある被験者の間で類似していた。」

「何と同様に」なのでしょうか?

「同様に」どころか、未治療の被験者と治療歴のある被験者の間での比較という全く新規の情報です。

pre-editではこのセンテンス全体を書き換えることになりました。

 

pre-editの結果とそのDeepL英訳はイートモユーザー・オンリー

 

(下線部がpre-editの対象部分)

和文原稿 DeepL英訳

薬力学

Roche TaqMan® Assayを使用して、HCV RNA量を定量した。

アスナプレビル200mg及び600mgの投与を受けた被験者におけるHCV RNAの減少量の平均値は、投与後16時間まで同様であった。しかし、アスナプレビル10mg及び50mgの投与を受けた被験者では、アスナプレビル200mg及び600mgの投与を受けた被験者よりもHCV RNAの減少量の平均値が小さく、減少率も低かった(図2.2.3-1)。

ジェノタイプ別(1a又は1b)では、ジェノタイプ1aよりも1bの方が、アスナプレビル10mg、200mg及び600mg投与時のHCV RNAの減少量の平均値はやや大きかった。しかし、ジェノタイプ1bからの被験者数が少なかったため、これらの所見から結論を得ることはできない。

同様に、アスナプレビル10mg、50mg、200mg及び600mg投与時のHCV RNAの減少量(平均値)の推移は、未治療の被験者と治療歴のある被験者の間で類似していた。

Pharmacodynamics

The Roche TaqMan® Assay was used to quantify HCV RNA levels.

The mean reduction in HCV RNA in subjects receiving 200 mg and 600 mg of asunaprevir was similar up to 16 hours post-dose. However, subjects receiving asunaprevir 10 mg and 50 mg had smaller mean reductions in HCV RNA and a lower rate of reduction than subjects receiving asunaprevir 200 mg and 600 mg (Figure 2.2.3-1).

By genotype (1a or 1b), the mean reduction in HCV RNA was slightly greater for genotype 1b than for genotype 1a at the 10 mg, 200 mg and 600 mg asunaprevir doses. However, no conclusions can be drawn from these findings because the number of subjects from genotype 1b was small.

Similarly, the (mean) reductions in HCV RNA at 10 mg, 50 mg, 200 mg, and 600 mg of asunaprevir were similar between untreated and previously treated subjects.


 

 

« 和文原稿のpre-edit事例19 | トップページ | 和文原稿のpre-edit事例 一旦休止 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★6月9日現在:68,892対訳(現行版よりも4372対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想