« メディカル英訳トレーニング#255 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#257 »

2022年10月26日 (水)

メディカル英訳トレーニング#256

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

特発性血小板減少性紫斑病に対しては、ガイドライン等を参照し、ヘリコバクター・ピロリ除菌治療が適切と判断される症例にのみ除菌治療を行うこと。

 

課題# KW[と判断される] イートモには34対訳が収録されています
1 気管支拡張薬の投与後、FEV1(1秒量)/FVC(努力肺活量)の比が70%未満であれば、気流制限があると判断される
Airflow limitation is judged to be present when the FEV1 (forced expiratory volume in one second)/FVC (forced vital capacity) ratio is less than 70% after administration of bronchodilators.
2  
 
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#255 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#257 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想