« メディカル英訳トレーニング#380 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#382 »

2022年11月27日 (日)

メディカル英訳トレーニング#381

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

ラットに本剤のラセミ体であるオメプラゾール1.7mg/kg以上を2年間経口投与した毒性試験で、胃にカルチノイドの発生がみられたとの報告がある。このカルチノイドの発生にはラットに種特異性が認められている。

 

課題# KW[種特異性] イートモには5対訳が収録されています
1 このモデルは種特異性のある薬剤を評価するのに特に有用と考えられる。
This model may be especially useful for evaluating drugs that have species specificity.
2  
 
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#380 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#382 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想