« メディカル英訳トレーニング#357 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#359 »

2022年11月20日 (日)

メディカル英訳トレーニング#358

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

エソメプラゾール等のプロトンポンプインヒビターやアモキシシリン水和物、クラリスロマイシン等の抗生物質及びメトロニダゾールの服用中や投与終了直後では、 13C-尿素呼気試験の判定が偽陰性になる可能性があるため、 13C-尿素呼気試験による除菌判定を行う場合には、これらの薬剤の投与終了後4週以降の時点で実施することが望ましい。

 

課題# KW[週以降]→[週目以降] イートモには22対訳が収録されています
1 2週目以降、治験責任医師によって妥当と判断されたならば、原則として緩下薬《下剤》の投与を中止し、期待した排便が起こらなければ、緩下薬《下剤》の投与を再開した。
At Week 2 and thereafter, if considered appropriate by the investigator, laxative agents were discontinued as a rule, and if bowel movements did not occur as expected, laxatives agents were resumed.
2  
 
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#357 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#359 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月28日現在:68,393対訳(現行版よりも3872対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想