« メディカル英訳トレーニング#327 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#328 »

2022年11月10日 (木)

メディカル英訳トレーニング・キーワードリストNo.2

各キーワードをクリックすると、対応するメディカル英訳トレーニングが開きます。

 

#701~#800 #601~700 #501~600 #401~500

鼻漏

色素涙

ラ音

自然発生性

肉眼的変化

を示唆する

生殖器

雌雄

内分泌器

の刺激

乳腺

過剰分泌

性ホルモン

原因の一つ

腺癌

腫瘤

潰瘍性

皮下に

背部

異常は認められなかった

剖検

死亡前に

細胞密度

単核球浸潤

病理組織学的検査

毒性学的意義 乏しい

毒性学的意義

軽微な

退色

用量相関性

を伴わず

ではないと考えられた

に起因した

対照群

散発的

評価可能

同質

一般毒性試験

報告され 有害事象

臨床使用

国内外

GLP非適用試験

散見された

死亡した

までに

初回投与後

の用量で

各3匹

それぞれ

雌マウス

LD50

投与経路

動物種

絶食下

光毒性試験

依存性試験

不純物

を超える

安全性確認の必要な閾値

医薬審発

新有効成分含有医薬品のうち製剤の不純物に関するガイドライン

の製剤

軽減される

水分補給

したがって、

肉眼的に

うっ血

巣状出血

その結果、

につれて

pHの上昇

溶解度

であることが確認された

析出物

UVスペクトル

発生機序

発現機序

局所刺激性試験

は行わなかった

は実施しなかった

生殖発生毒性試験

がん原性試験

陰性であった

ヒト末梢血リンパ球を用いた染色体異常試験

細菌を用いた復帰突然変異試験

消化器症状

中枢神経症状

切迫剖検

結石

散在

集簇

泡沫細胞

尿潜血

析出

に排泄された

同定

出血性下痢

沈殿物

の弛緩

脱毛

下痢

嘔吐

と判断された

無毒性量

が認められたことから

最低用量

以上より

病理組織学的変化

いずれの臓器

副腎重量

の高値

脾臓重量

死因

一般状態の悪化

投与 週後

投与開始 週後

雌1匹

の変動

体重増加抑制

筋弛緩

呼吸数増加

活動性亢進

以上で

投与時に

理論値

週以降

週目まで

週間反復投与毒性試験

泌尿器系

尿路結石

に対する影響

消化器系

中枢神経系

の薬理作用

毒性変化

により生じた

いずれの試験

混餌投与

反復投与毒性試験

死亡例

日間に

皮膚温低下

振戦

の低値

摂餌量

体重減少

鎮静

着色尿

縮瞳

流涙

眼瞼下垂

呼吸緩徐

自発運動の減少

易刺激性

一般状態の変化 

腹腔内投与

皮下投与

静脈内投与

強制経口投与

を評価した

急性毒性

所見に基づき

投与初期

用量設定試験

小核試験

ラットを用いた

単回投与毒性試験

にやや溶けにくく

味は苦い

帯黄白色

性状

の亢進

交感神経

不活化

不活性化

再取り込み

神経終末

末梢の

と競合

ノルアドレナリン

作用機序

維持する

起立時

起立後

体軸変換

神経節遮断薬

起立性低血圧

実験的

によるものと

血管系

骨格筋

心拍出量

全末梢血管抵抗

耐性 resistance

血圧上昇

安定的な

安定した

上昇させる

拡張期血圧

収縮期血圧

用量依存的に

昇圧作用

を対象とする

慢性腎不全

難しくなる

困難になる

困難となる

透析中に

透析施行

重要な基本的注意

心臓 刺激

交感神経刺激作用

心臓障害

慎重投与

尿閉

のある患者

前立腺肥大

残尿

をきたす

眼圧上昇

閉塞隅角緑内障

昇圧発作

急激な

褐色細胞腫

甲状腺機能亢進症

を悪化させる

安定である

相対湿度

加速試験

最終包装製品

に溶ける

極めて溶けにくく

酸味

においはなく

粘膜損傷

粘液繊毛輸送

鼻粘膜

慢性副鼻腔炎

に対する作用

副鼻腔

する作用

修復 促進

繊毛細胞

気管支粘膜上皮

慢性気管支炎

の調整

の成分

粘液

正常化

喀痰

慢性気道疾患

気道

が確認されている

に適合している

溶出規格

に定められた

医薬品各条

日本薬局方

によって異なる

試験条件

採取回数

の採取

体液

被験者

血漿中濃度

が確認された

生物学的同等性

した結果

を行った結果

統計解析

を測定

クロスオーバー法

とみなされた

生物学的に同等

同等と

溶出挙動

標準製剤

溶出試験

別紙

薬食審査発

含量が異なる経口固形製剤の生物学的同等性試験ガイドライン

あらわれることがある

等 etc

蕁麻疹

浮腫

アナフィラキシー様反応

アナフィラキシー様症状

悪影響

心不全

心障害

悪化する

肝障害

1回あたり mg

症状に応じて

症状により

1日3回

わずかに着色した

光学異性体

有効成分

惹起

胃瘻造設ラット

胃酸分泌

胃酸産生

胃底腺

摘出

作用を示した

由来

を抑制する

の働き

を阻害することにより

を阻害することによって

働いている

酵素

と呼ばれる

を取り込む

代わりに

を放出

が起こる

一連の

結合すことによって

結合することにより

様々な

各種

受容体

に存在する

細胞膜上

胃壁細胞

すべてにおいて

投与後に

病理学的所見

消失した

投与前に

心窩部痛

kg以上 kg未満

体重

疑われる

疑いのある

非びらん性

吻合部潰瘍

中間解析

非発症率

の既往のある

消化性潰瘍

再発 抑制

再発抑制

治癒患者

主な副作用

副作用の発現頻度

副作用発現率

非劣性

治癒率

投与 週目

最長 週間

は認められなかった

相互作用

併用により

%上昇

%上昇した

トラフ濃度

の基質

を示した

阻害作用

Ki値

を阻害した

の活性

本剤

ヒト肝ミクロソーム

発現系CYP2C19

中等度

軽度

倍高く

重度

肝機能低下

肝機能障害

95%信頼区間

幾何平均の比

高い傾向

高くなる傾向

症候性

胃食道逆流症

AUC

反復経口投与

高齢被験者

の比は

糞中排泄

尿中排泄

に排泄され

糞中

尿中

投与放射能

標識

海外データ 

外国人

in vitro

血漿蛋白結合率

添加濃度

蓄積性

1日1回

検出限界

ほぼ

 

 

« メディカル英訳トレーニング#327 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#328 »

フォト

イートモ

  • 最終点検済み対訳数
    ★3月21日現在:19,294対訳/66,427対訳
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想