« メディカル英訳トレーニング#381 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#383 »

2022年11月27日 (日)

メディカル英訳トレーニング#382

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

ラットに本剤のラセミ体であるオメプラゾール1.7mg/kg以上を2年間経口投与した毒性試験で、胃にカルチノイドの発生がみられたとの報告がある。このカルチノイドの発生にはラットに種特異性が認められている。

 

課題# KW[種特異性]→[種特異的] イートモには5対訳が収録されています
1 マウスの肺腫瘍は固有の機序による種特異的な所見である。
Lung tumors in mice are a species-specific finding due to a unique mechanism.
2  
 
3  
 

 

#382訳例

 

« メディカル英訳トレーニング#381 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#383 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想