« メディカル英訳トレーニング#393 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#395 »

2022年11月28日 (月)

メディカル英訳トレーニング#394

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

投与3日目及び5日目のCmaxは同程度であったことから、反復投与開始後3日には血漿中エソメプラゾール濃度は定常状態に到達したと考えられた。

 

課題# KW[であったことから] イートモには73対訳が収録されています
1 1.0%以上の群の放射能レベルが対照値の3倍超であったことから、薬剤Aには皮膚感作性があると考えられた。
Because the radioactivity levels in the ≥ 1.0% groups were > 3 times the control level, Drug A was considered to have a skin sensitization potential.
2  
 
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#393 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#395 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月28日現在:68,393対訳(現行版よりも3872対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想