« メディカル英訳トレーニング#343 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#345 »

2022年11月17日 (木)

メディカル英訳トレーニング#344

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音の異常(捻髪音)等が認められた場合には、速やかに胸部X線、胸部CT等の検査を実施すること。間質性肺炎が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

 

課題# KW[間質性肺炎] イートモには15対訳が収録されています
1 2018年1月1日、当患者は38.5℃の発熱のため入院し、胸部X線検査及び理学的検査《身体検査》によって両側性の間質性肺炎と診断された。
On January 1, 2018, the patient was hospitalized with temperature of 38.5ºC and bilateral interstitial pneumonia was diagnosed by chest X-ray examination and physical examination.
2  
 
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#343 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#345 »

フォト

イートモ

  • 最終点検済み対訳数
    ★2月17日現在:17,533対訳/65,577対訳
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想