« メディカル英訳トレーニング#548 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#550 »

2022年12月29日 (木)

メディカル英訳トレーニング#549

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

気道での作用は慢性気道疾患患者の喀痰中のシアル酸とフコースの構成比の正常化作用(粘液成分の調整)、慢性気管支炎患者の気管支粘膜上皮の繊毛細胞の修復促進作用(粘膜正常化)、副鼻腔での作用として慢性副鼻腔炎患者の鼻粘膜粘液繊毛輸送機能低下の改善作用、副鼻腔粘膜障害修復作用を示す。

 

課題# KW[気道]  イートモには122対訳が収録されています
1 気道確保及び誤飲性肺炎の予防のため気管切開が必要になることがある。
A tracheostomy may be required to maintain airway patency and prevent aspiration pneumonia.
2 気道の活動性血管炎は瘢痕及び感染症と区別する必要がある。
Active vasculitis in the upper respiratory tract must be distinguished from scarring and infection.
3  
 

« メディカル英訳トレーニング#548 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#550 »

フォト

イートモ

  • 最終点検済み対訳数
    ★2月17日現在:17,533対訳/65,577対訳
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想