« メディカル英訳トレーニング#498 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#500 »

2022年12月24日 (土)

メディカル英訳トレーニング#499

【元原稿】

単離ウサギ胃底腺における胃酸産生に対して抑制作用を示した。

 

課題# KW[胃酸産生]→[胃酸分泌]  イートモには20対訳が収録されています
1 薬剤Aは検討対象としたいずれの用量でも腸運動に影響を及ぼさず、胃酸の基礎分泌量に対する影響がなく、ヒスタミン誘発性の胃酸分泌にも変化がなかった。
Drug A at all doses tested did not influence intestinal motility, nor did it affect the basal gastric acid secretion or change histamine-induced gastric acid secretion.
2  
 
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#498 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#500 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月28日現在:68,393対訳(現行版よりも3872対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想