« 重複を避けるため | トップページ | メディカル英訳トレーニング#537 »

2022年12月27日 (火)

メディカル英訳トレーニング#536

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

血漿中濃度並びにAUCCmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。

 

課題# KW[血漿中濃度]  イートモには343対訳が収録されています
1 国内第I相試験及び国内第I/II相試験において、薬剤Aの血漿中濃度とQTcFの関係は線形混合効果モデル(50例、200測定時点)によって検討した。
A relationship between plasma Drug A concentration and QTcF was investigated in a Japanese phase I study and a Japanese phase I/II study by linear mixed-effects modeling (N = 50; 200 measuring time points).
2 経口吸入後、薬剤Aは急速に吸収され、最初の測定時点である投与5分後に最高血漿中濃度を記録した。
After oral inhalation, Drug A was rapidly absorbed and recorded maximum  plasma concentrations at the earliest measurement, 5 minutes post-dose.
3 フェニトインは治療域の狭い薬剤であるため、この事例のように、血漿中濃度の小さな変化でも毒性を引き起こすことがある。
As phenytoin is a drug with a narrow therapeutic range, small changes in its plasma concentrations can cause toxicity, as in this example.

« 重複を避けるため | トップページ | メディカル英訳トレーニング#537 »

フォト

イートモ

  • 最終点検済み対訳数
    ★2月29日現在:17,779対訳/65,819対訳
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想