« メール不通のイートモユーザー | トップページ | またお年寄りが転倒 »

2023年2月16日 (木)

どこがAI翻訳なんだ

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2204233

の「評価項目」の項をAI翻訳というものに和訳させてみました。

プロの医学翻訳者から見て、修正を要する部分を赤字にしています。

医学翻訳者による大幅な修正が必要です。ポストエディットで軽く修正して納品できるレベルではありません。どこに人工知能が使われているというのだ!

この程度の機械翻訳の登場で「医学翻訳者の仕事がなくなるー」と大騒ぎしているド素人の世間がおかしいぜ。

おっさんはもう引退したけど、業界が悪い方向に行かなければいいが。

比較的よくできていたのが「みんなの自動翻訳」でした(ややGood Job)。

英文原稿

OUTCOMES

The prespecified primary outcome was the first occurrence of progression of kidney disease or death from cardiovascular causes. Progression of kidney disease was defined as end-stage kidney disease (ESKD; the initiation of maintenance dialysis or receipt of a kidney transplant), a sustained decrease in the eGFR to less than 10 ml per minute per 1.73 m2, a sustained decrease from baseline in the eGFR of at least 40%, or death from renal causes. The assessment of a sustained decrease used either the values measured at two consecutive scheduled follow-up visits at least 30 days apart or the values measured at the final follow-up visit or the last scheduled visit before death (or withdrawal of consent or loss to follow-up). Central laboratory measurements of serum creatinine were used to estimate the GFR, with measurements from the local laboratory being used when central results were missing.

The prespecified key secondary outcomes were a composite of hospitalization for heart failure or death from cardiovascular causes, hospitalization for any cause (including the first and any subsequent hospitalizations), and death from any cause. Other secondary outcomes were progression of kidney disease, death from cardiovascular causes, and a composite of ESKD or death from cardiovascular causes. Details regarding the tertiary, safety, and laboratory assessments and planned exploratory assessments are provided in the statistical analysis plan.

Prespecified key subgroup analyses of the primary outcome were stratified according to diabetes status, eGFR, and urinary albumin-to-creatinine ratio at baseline. All events of death, potential hospitalizations for heart failure, myocardial infarction, stroke, liver injury, ketoacidosis, lower-limb amputation, acute kidney injury, and serious genital infections were adjudicated by clinicians who were unaware of trial-group assignments, with the use of prespecified definitions and source documents collected from trial sites. Definitions of the clinical outcomes are provided in the Supplementary Appendix.

DeepL

アウトカム
事前に指定された主要アウトカムは、腎臓病の進行または心血管系の原因による死亡の最初の発生であった。腎臓病の進行は、末期腎不全(ESKD:維持透析開始または腎臓移植)、eGFRが1.73m2あたり毎分10ml未満に持続的に低下、ベースラインからのeGFRの40%以上の持続的低下、または腎臓原因による死と定義した。持続的減少の評価には、少なくとも30日間隔で2回連続して予定されたフォローアップ訪問で測定された値、または最終フォローアップ訪問または死亡(または同意撤回またはフォローアップ不能)前の最後の予定訪問で測定された値のいずれかを使用した。GFRの推定には中央検査の血清クレアチニン測定値が使用され、中央の測定値がない場合は地域の検査からの測定値が使用された。

事前に設定した主要な副次的転帰は、心不全による入院または心血管系の原因による死亡、あらゆる原因による入院(最初の入院とその後の入院を含む)、あらゆる原因による死亡の複合であった。その他の副次的アウトカムは、腎臓病の進行、心血管系疾患による死亡、ESKDまたは心血管系疾患による死亡の複合としました。三次評価、安全性評価、検査評価、および計画された探索的評価に関する詳細は、統計解析計画に記載されています。

主要評価項目に関する事前に指定された主要サブグループ解析では、ベースライン時の糖尿病の状態、eGFR、尿中アルブミン/クレアチニン比によって層別化された。死亡,心不全,心筋梗塞,脳卒中,肝障害,ケトアシドーシス,下肢切断,急性腎障害,重症性器感染症のすべてのイベントは,事前に規定した定義と試験施設から収集した資料に基づいて,試験グループの割り当てを知らない臨床医が判断した.臨床転帰の定義は補足資料に記載されている。

Google翻訳

結果
事前に指定された主要転帰は、腎疾患の進行または心血管系の原因による死亡の最初の発生でした。 腎疾患の進行は、末期腎疾患 (ESKD; 維持透析の開始または腎移植の受領)、1.73 m2 あたり毎分 10 ml 未満への eGFR の持続的な減少ベースラインからの持続的な減少として定義されました。 eGFR が 40% 以上の場合、または腎臓の原因による死亡。 持続的減少の評価には、少なくとも 30 日間隔で 2 回連続して予定されたフォローアップ訪問で測定された値、または最後のフォローアップ訪問または死亡前の最後の予定された訪問で測定された値のいずれかが使用されました (または同意の撤回または喪失 ファローアップ)。 血清クレアチニンの中央検査室測定値を使用して GFR を推定し、中央検査の結果が欠落している場合は地元の検査からの測定値を使用しました。

事前に指定された重要な二次転帰は、心不全による入院または心血管系の原因による死亡、あらゆる原因による入院(最初の入院およびその後の入院を含む)、およびあらゆる原因による死亡の複合でした。 その他の二次転帰は、腎疾患の進行、心血管系の原因による死亡、ESKD または心血管系の原因による死亡の複合でした。 三次評価、安全性評価、実験室評価、および計画された探索的評価に関する詳細は、統計分析計画に記載されています。

プライマリアウトカムの事前に指定された重要なサブグループ分析、ベースラインでの糖尿病の状態、eGFR、および尿中アルブミンとクレアチニンの比率に従って層別化されました。 死亡、心不全、心筋梗塞、脳卒中、肝障害、ケトアシドーシス、下肢切断、急性腎障害、重篤な生殖器感染症による入院の可能性のあるすべての事象は、試験グループの割り当てを知らなかった臨床医によって、 治験実施施設から収集された、事前に指定された定義とソース文書の。 臨床転帰の定義は、補足付録に記載されています。

みらい翻訳

成果
事前に規定された主要評価項目は、腎臓病の進行または心血管原因による死亡の最初の発生であった。腎臓病の進行は、末期腎臓病(ESKD;維持透析の開始または腎移植の実施)、eGFRの持続的な低下が1.73 m 2あたり毎分10 ml未満eGFRのベースラインからの持続的な低下が40%以上、または腎原因による死亡と定義された。持続的な減少の評価には、30日以上の間隔を置いて定期的にフォローアップ受診を2回連続して行ったときに測定された値、または最後のフォローアップ受診時または死亡前の最後の定期受診時 (または同意の撤回またはフォローアップの中止) に測定された値のいずれかが用いられた。中央検査での血清クレアチニンの測定値を用いてGFRを推定し、中央検査結果がない場合は地元の検査での測定値を用いた。

事前に指定された重要な副次的評価項目は、心不全による入院または心血管疾患による死亡、あらゆる原因による入院 (初回およびその後の入院を含む) 、あらゆる原因による死亡の複合であった。その他の副次的評価項目は、腎臓病の進行、心血管系の原因による死亡、ESKDまたは心血管系の原因による死亡の複合であった。三次評価、安全性評価、実験室評価及び計画された探索的評価に関する詳細は、統計解析計画に記載されている。

事前に設定された主要評価項目の主要サブグループ解析、ベースライン時の糖尿病の状態、eGFR、尿中アルブミン/クレアチニン比によって層別化された。死亡、心不全による入院の可能性、心筋梗塞、脳卒中、肝障害、ケトアシドーシス、下肢切断、急性腎障害、重篤な性器感染症のすべての事象について、事前に規定された定義と治験実施施設から収集された原資料を用いて、治験グループの割り当てを知らない臨床医が判定を下した。臨床成績の定義は、補足資料に記載されている。

みんなの自動翻訳

結果
事前に規定された主要評価項目は、腎疾患の進行または心血管系の原因による死亡の最初の発生とした。腎疾患の進行は、末期腎疾患(ESKD;維持透析の開始または腎移植の実施)、eGFRの10 ml/分/1.73 m2未満への持続的な低下、eGFRのベースラインから40%以上の持続的な低下、または腎性の原因による死亡と定義された。持続的な低下の評価には、少なくとも30日間隔で2回連続して予定されたフォローアップ来院時に測定された値、または最終フォローアップ来院時または死亡(または同意の撤回またはフォローアップ不能)前の最後に予定された来院時に測定された値のいずれかを用いた。GFRを推定するために、中央検査での血清クレアチニン測定値を用い、中央検査の結果が得られなかった場合には、地域の検査からの測定値を用いた。

事前に規定された主要な副次評価項目は、心不全による入院または心血管死、あらゆる原因による入院(初回およびその後の入院を含む)、およびあらゆる原因による死亡の複合であった。その他の副次評価項目は、腎疾患の進行、心血管死、およびESKDまたは心血管死の複合であった。三次評価、安全性評価、臨床検査評価および計画された探索的評価に関する詳細は、統計解析計画書に記載されている。

事前に規定された主要評価項目の主要サブグループ解析、ベースライン時の糖尿病の状態、eGFRおよび尿中アルブミン/クレアチニン比に従って層別化された。死亡、心不全による入院の可能性、心筋梗塞、脳卒中、肝損傷、ケトアシドーシス、下部四肢切断、急性腎障害および重篤な性器感染症のすべてのイベントは、事前に規定された定義および治験実施施設から収集された原資料を用いて、試験群の割り付けを知らない臨床医によって判定された。臨床アウトカムの定義は補足付録に記載されている。

 

« メール不通のイートモユーザー | トップページ | またお年寄りが転倒 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月28日現在:68,393対訳(現行版よりも3872対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想