« 毒性関係 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#641 »

2023年4月 1日 (土)

メディカル英訳トレーニング#640

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

単回投与毒性試験及びラットを用いた小核試験の用量設定試験における投与初期の所見に基づき,メチロシンの急性毒性を評価した.単回投与毒性試験は,マウス,ラット及びウサギを用い,強制経口,静脈内,皮下又は腹腔内投与した.

 

課題# KW[急性毒性]  イートモには15対訳が収録されています
1 薬剤Aは、マウス及びラットに対する経口投与後及び静脈内投与後、弱い急性毒性を示したが、標的臓器に対する特異的な毒性はなかった。
Drug A had a low acute toxicity after oral and intravenous administration in mice and rats without any specific target organ toxicity.
2  
 
3  
 

« 毒性関係 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#641 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想