« メディカル英訳トレーニング#648 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#650 »

2023年4月 1日 (土)

メディカル英訳トレーニング#649

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

一般状態変化として,マウス及びラットでは易刺激性,自発運動減少,呼吸緩徐,眼瞼下垂及び流涙が,ウサギでは縮瞳が認められた.

 

課題# KW[呼吸緩徐]   イートモには5対訳が収録されています
1 二酸化炭素の吸入により、ペントバルビタールで麻酔した動物では用量依存性に呼吸緩徐が起こるが、イソフルラン又はケタミンによる麻酔動物ではそうした変化はみられない。
Inhaled carbon dioxide causes dose-dependent bradypnea in animals anesthetized with pentobarbital, but not with isoflurane or ketamine.
2  
 
3  

« メディカル英訳トレーニング#648 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#650 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月28日現在:68,393対訳(現行版よりも3872対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想