« メディカル英訳トレーニング#663 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#665 »

2023年4月 2日 (日)

メディカル英訳トレーニング#664

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

いずれの試験においても,メチロシンの投与により生じた毒性変化は,メチロシンの薬理作用に基づく中枢神経系及び消化器系に対する影響,あるいは尿路結石に伴う泌尿器系に対する影響であった.

 

課題# KW[いずれの試験]   イートモには13対訳が収録されています
1 いずれの試験においても肝転移がある患者の割合は約70%~80%と同程度であった。
The proportion of patients with liver metastases was similar across the studies ranging from about 70% to 80%.
2  
 
3  
 

« メディカル英訳トレーニング#663 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#665 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月28日現在:68,393対訳(現行版よりも3872対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想