« 次の全訳 | トップページ | イートモ・A連動型学習 イートモの情報量をAIで活用する方法 »

2023年5月12日 (金)

今週も終わった

今日の穿刺担当はMEのH氏。

しばらく見かけなかったので、やめたのかと思いましたが、月水金の透析室以外の仕事をやっていたそうです。

相変わらず、穿刺が速い。

 

昨日のCPXについてリハビリの先生から結果の概要が知らされました。

脚の筋肉が発達してきたので、心肺機能の改善も見込めるとの話。

筋肉と肺と心臓はセットのようなもので、筋肉が強化されれば、肺機能が良くなり、さらには心臓にも良い効果が出る。心肺機能が良くなれば、運動のパフォーマンスが良くなって、さらに筋肉が強くなる。

つまり、ポジティブな相乗効果。

まだ正式な解析結果は出ていませんが、おっさんの場合、脚の筋肉が発達したので、病気で肺がダメージを受けたものの、肺機能が改善する可能性は十分あるとのことです。

逆に、足腰の大きな筋肉が弱れば(いわゆるフレイルという状態)、肺機能・心機能が連動して弱るということなのでしょう。

寝たきりになったら、一気に寿命が短くなる。

ダウンロード - e8858ee383aae3838f.pdf

 

3年前には筋肉がやせ細って体重が45キロまで減りました。ほぼミイラ状態。ベッドの端に座る「端座位」をすることもできませんでした。そのまま寝たきりになってもおかしくない状態でした。

まだ肺機能には不安はありますが、希望を持ってリハビリに励もうと思います。

 

10分では止血が完全ではなかったので、止血を2分間延長しました。

帰宅の途中でが噴き出したら困るので、病院レストランで昼飯を食いました。

食事中にが噴き出しても、すぐ近くの透析室に駆け込めば何とかなりますから。

 

重病人のおっさん。

Img_3888

 

エビフライ。

Img_3890

 

窓の外。

Img_3891

« 次の全訳 | トップページ | イートモ・A連動型学習 イートモの情報量をAIで活用する方法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 次の全訳 | トップページ | イートモ・A連動型学習 イートモの情報量をAIで活用する方法 »

フォト

イートモ

  • 最終点検済み対訳数
    ★3月21日現在:19,294対訳/66,427対訳
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想