« メディカル英訳トレーニング#1003 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#1005 »

2023年5月30日 (火)

メディカル英訳トレーニング#1004

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

IFN治療不適格の未治療例又は治療不耐容例において、DCV+ASV併用療法による投与終了24週後のsustained virologic response(SVR24)達成割合は、AI447026試験で87.4%95%信頼区間(CI):81.893.0]及びAI447017試験で63.6%95% CI43.583.7)であり、現在、治療選択肢がないこれらの患者にとって、DCV+ASV併用療法が有効な治療法であると考えられた。

 

課題# KW[治療選択肢]  イートモには91対訳が収録されています
1 上述したように、欧米では結腸癌に対する治療選択肢が増えており、新医薬品が進行した結腸癌の治療において非常に重要な役割を担っている。
As mentioned above, in Europe and the U.S., treatment options for colon cancer are increasing, and novel drugs play a very important role in the treatment of advanced colon cancer.
2  
 
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#1003 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#1005 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想