« メディカル英訳トレーニング#883 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#885 »

2023年5月 2日 (火)

メディカル英訳トレーニング#884

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

その結果,短時間処理及び連続処理,代謝活性化の有無にかかわらず,いずれの濃度においても染色体構造異常や数的異常を有する細胞の増加は認められなかった.

 

課題# KW[いずれの濃度]   イートモには5対訳が収録されています
1 いずれの濃度においても体温、血圧、血液ガス、血中電解質濃度に影響はなかった。
At any concentration, the body temperature, blood pressure, blood gas, and blood electrolyte concentrations were not affected.
2  
 
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#883 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#885 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想