« コロナワクチン6回目 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#957 »

2023年5月20日 (土)

メディカル英訳トレーニング#956

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

ラットを用いた小核試験の最高投与量である500mg/kgと臨床1日最大投与量である4000mg1000mg14回)とのCmax及びAUCに関する比較を表2.6.6.9-1 に示す.

 

課題# KW[最高投与量]→[最高用量]  イートモには60対訳が収録されています
1 ラットを用いたin vivo骨髄小核試験では、わずかではあるが、最高用量で統計学的に有意な小核数の増加が認められた。
A slight but statistically significant increase in the number of micronuclei was observed at the highest dose in a rat in vivo bone marrow micronucleus test.
2  
 
3  
 

 

« コロナワクチン6回目 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#957 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月28日現在:68,393対訳(現行版よりも3872対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想