« メディカル英訳トレーニング#1021 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#1023 »

2023年6月 3日 (土)

メディカル英訳トレーニング#1022

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

また、これらの割合は、アスナプレビル及びダクラタスビル両薬剤の低い曝露量と相関しており、ベースラインでのNS5A領域の耐性変異であるY93H及びL31M/Vとも関連が認められた

 

課題# KW[とも関連が認められた]→[とも関連している]  イートモには7対訳が収録されています
1 黄色ブドウ球菌は癰、膿瘍、丹毒の典型的な原因である。また、出血を伴い、免疫関連反応に起因すると考えられる血管炎性病変とも関連している
S. aureus is classically associated with carbuncles, abscesses, and erysipelas. It has also been linked to vasculitic lesions that are hemorrhagic and thought to be caused by immune-related phenomena.
2  
 
3  
 

 

« メディカル英訳トレーニング#1021 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#1023 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月28日現在:68,393対訳(現行版よりも3872対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想