« メディカル英訳トレーニング#1089 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#1091 »

2023年12月27日 (水)

メディカル英訳トレーニング#1090

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

有効性の評価項目は、ウイルス学的効果(例:SVR24)を達成した被験者の割合及び両側95% CI を用いた。

 

課題# KW[SVR24]  イートモには9対訳が収録されています
1 テラプレビル・pegIFNα・RBVの国内第III相試験において24週目にウイルス学的著効(SVR24)となった患者の割合《SVR24率》は、インターフェロン未治療患者で73.0%、前治療で再燃した患者で88.0%、前治療が非奏効例で34.0%であった。
In a Japanese Phase III study of telaprevir/pegIFNa/RBV, the proportion of patients with sustained viral response at Week 24 (SVR24) was 73.0% for IFN-naive patients, 88.0% for relapsers to previous therapy, and 34.0% for non-responders to previous therapy.
2  
 
3  
 

« メディカル英訳トレーニング#1089 | トップページ | メディカル英訳トレーニング#1091 »

フォト

イートモ

  • 最終点検済み対訳数
    ★3月21日現在:19,294対訳/66,427対訳
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想