« 「重篤な有害事象」 総点検 | トップページ | 祝日も透析 »

2024年1月 7日 (日)

メディカル英訳トレーニング#1116

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

C 型慢性肝炎の被験者に対するDCV+ASV 併用療法及びASV+pegIFNα/RBV 併用療法において発現した、すべての有害事象、死亡、重篤な有害事象、治験薬の投与中止に至った有害事象について要約した。

 

課題# KW[投与中止]  イートモには358対訳が収録されています
1 よって、尿素呼気試験は、酸を減らす薬(プロトンポンプインヒビター)の中止から14日後又は抗生物質の投与中止から28日後に実施する必要がある。
Accordingly, the urea breath test should be performed 14 days after stopping acid-reducing medication (proton pump inhibitors) or 28 days after stopping antibiotic treatment.
2 患者20例のうち1例(5.0%)において胃腸障害(下痢)が投与中止に至った。
A gastrointestinal disorder (diarrhea) led to the suspension of administration in 1 of 20 patients (5.0%).
3 レボドパ・DCI合剤及び他の抗パーキンソン病薬は、これらの薬剤との関連性が強く疑われる有害事象が発現しない限り、16週目まで(追跡調査期間の終了時)又は投与中止の4週後まで変更できないこととした。
Levodopa/DCI and other anti-PD medications could not be altered until Week 16 (at the end of the follow-up period) or 4 weeks after treatment discontinuation, unless adverse events that were strongly suspected of being related to these medications occurred.

« 「重篤な有害事象」 総点検 | トップページ | 祝日も透析 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想