« メディカル英訳トレーニング#1125 | トップページ | 雷と「ひなちゃん」 »

2024年1月13日 (土)

メディカル英訳トレーニング#1126

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

さらに、pegIFNα/RBV 療法又は他の承認済みDAA 療法(TVR)との関連が知られている有害事象の発現割合及び重症度に対する、DCV+ASV 併用療法又はASV+pegIFNα/RBV 併用療法の影響を検討するため、「その他注目すべき有害事象」を設けた。

 

課題# KW[重症度]  イートモには294対訳が収録されています
1 臨床所見は投与1週目に最初にあらわれ、投与中及び投与後の期間中、重症度及び持続期間に用量依存的な進行を示した。
Clinical observations initially appeared during the first week of dosing and progressed in severity and duration throughout the dosing and post-dose periods in a dose-dependent manner.
2 糖尿病黄斑浮腫は、糖尿病性網膜症の重症度が悪化するにつれて発現頻度が上昇する。
Diabetic macular edema occurs with an increasing frequency as diabetic retinopathy worsens in severity.
3  
 

« メディカル英訳トレーニング#1125 | トップページ | 雷と「ひなちゃん」 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想