« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月29日 (木)

今日もパチンコ

2月の締めはパチンコです。

今日は学芸のスーパーセブン。

昼からの突撃だったので、狙っていた台は別の人がやって、当たっていました。

 

300回転で単発当たり、その後500回転で3回当たり。そしてヤメ。

という2月を象徴するようなしょぼい結果でした。

結局、スカッとせずに2月は終わりました。

 

昼飯はココイチカレーにしようと入ったけど、注文がタッチパネル方式になっていて、注文の仕方がよくわからず、食べずに出てきました。

しかたなく、立ち食いソバ屋へ。

カツ丼とソバという久しぶりの組み合わせです。

若い頃は全部食べられたけど、今はダメですね。

ご飯は2/3残しました。

Dsc_0099-1

 

さあ、明日から3月。

シャント血管の拡張術が行われるかもしれません。

前回から1年経過するので、やっておいたほうかいいでしょう。

Dsc_prt_20240229145601582

医学翻訳業界の危機

私が医学翻訳仕事をリタイヤしたのが今から6年ほど前。

ちょうどニューラルMTが登場したころです。

最近は、MTが翻訳する部分が翻訳料から差し引かれて、医学翻訳者の収入が減っている様子です。

昔はワープロ入力で納品すると翻訳料に加算されたんだぜ。

以前にも書きましたが、翻訳会社はMT利用代として翻訳料を上乗せするチャンスなのに、値引きして自分の首と翻訳者の首を絞めてどうすんねん!

翻訳会社が互いに協力して業界全体して翻訳料金の値上げにつなげなくてどうすんねん!

 

MTが進歩して翻訳者の出る幕がなくなったみたいな話を聞くけど、私が使ってみる限り、MTは全然まだまだですよ。

MT出力のうち使える部分はあるけど、やはり最終的には人が和文原稿と突き合わせてチェック・修正しなくてはならない。

また、医薬文書はMTに乗りやすいという話も聞くけど、全くの逆で、特に医薬和文ほどMT相性が悪いものはない。

メディカルライターがMTにかけられることを想定して医薬和文を書かない限り、英訳をMTに任せられる日は来ない。

 

医薬和文と格闘して英訳してきたベテラン医学翻訳者がどんどんリタイヤします。

翻訳料が安い医学翻訳業界には医学翻訳に情熱のある人が参入しなくなるでしょう。

MTやCATツールの操作を出来る人だけになってしまう医学翻訳業界の未来。

まー、好きにやってくれ。

Img_1647

腎障害への対応 242対訳収録

先日が進めてきた抗癌薬による腎障害への対応に関する文書をイートモ用に対訳化する作業が終わりました。

出来上がった対訳は242件。

気分転換にメディカル英訳トレーニングのアップを再開しようと思います。

20240217-192744_20240229090301

 

2024年2月28日 (水)

イートモ事業存続の危機

今日、税理士さんが来てくれて、確定申告の結果報告をしてくれました。

アパート賃貸事業は順調です。

問題はアパート賃貸事業の収益と比べてイートモ事業の収益が少なすぎること。

イートモ事業の収益が少ないのに経費が大きすぎること。要するに赤字が大きい。

イートモを事業として続けることが疑問視されそうです。

確かに労力と経費を大量につぎ込んで微々たる収益しか得られないのでは事業として成り立ちません。

既存のイートモユーザーのサポートは続けますが、今年の収益によっては、イートモを事業から外すことになるかもしれません。

今年の6月頃までの売上げをみて、イートモ事業をやめるかどうか、税理士と相談したいと思います。

Img_1643_20240228112301

2024年2月26日 (月)

高齢化日本

今週1発目の透析。無事に終わりました。

いつもは4時間透析の患者さんの穿刺が済んだら、おっさんの穿刺が行われるのですが、今日は一番最初に穿刺されました。

穿刺されたら、上半身を動かせないので、電気毛布の温度を設定したり、目やにをとったり、いろいろ準備しなくてはならないのに、準備をせかされてしまいました。おかげで血圧が高くなったよ。w

穿刺は上手で、その後の痛みもほとんどありませんでした。

 

月曜日のリハビリはエルゴメーター。

肝機能障害によるだるさがなくなり、20分間のエルゴメーターを余裕で漕げるようになりました。

以前のように30分を目指します。

 

病院からの帰りはバスを利用しているのですが、そのバス路線は普段から高齢者がすごく多い。

今日は超絶的によろよろしたおばあさんが乗ってきました。

どういうわけか、座席に座ろうとせず、運転手は発車することができません。

その後、なぜかバスが動いている間に何度も席を立とうとしてその度に運転手に注意される。

注意されていることがわからないようです。

どうも、そのおばあさん、どのバス停で降りるのかわからなくなったようです。

親切な乗客がおばあさんと一緒に降りて、交番につれていくようでした。

 

おっさんは足腰が弱くなって、頭がおかしくなるまで長生きしないだろうけど、長生きしたいなら足腰と頭が大事です。

 

2024年2月25日 (日)

抗癌薬による腎障害への対応 249対訳作成

抗癌薬による腎障害への対応に関する文書をイートモ用に対訳化しました。

249対訳。

点検しながらイートモ対訳ファイルに収録します。

20240215-115344_20240225150801

2024年2月23日 (金)

月一検査の結果

今週月曜に受けた月一検査。

その結果が出ました。

 

おっさんが気にしているのは腎機能なのですが、ドクターは腎機能が悪いのはわかっているので、一切言及しません。

相変わらず悪い状態で安定しています。

 

8日間の検査入院にまで至った肝機能については、ASTは43とやや高いものの、ALTは37と基準値内。

γ-GTPは昨年11月に最高値466だったのが、今回71まで下がりました。

昨年11月のピーク時には寝返りをうつのもだるいという状態でした。

概ね治癒したのではないかと。

 

先月、5.5と高値となった無機リン(IP)は今回3.3と基準値内でした。

ヨーグルトを食べる量を少し減らしたのと、卵はゆで卵にして白身だけを食べるようにしたのが良かったのかもしれません。

 

CRPは陰性で推移しています。

炎症反応がなければすべてオッケーです。

 

顕微鏡的多発血管炎の指標であるMPO-ANCAは3.1と陰性になりました。

MPO-ANCAが陰性になったのは、ステロイド5mgを服用していたとき以来だと思います。

ステロイドからは完全に離脱したので、タブネオスが効いていると考えられます。

タブネオスの通常量は3カプセルの1日2回服用なのですが、私の場合、肝機能障害の件があって、2カプセルの1日2回服用に減量されています。人によっては通常量よりも少ない用量で効果が得られることがあるようです。

 

他に心電図は正常、肺に異常はなく、肝機能も良くなったので、そろそろエアロバイクと筋トレを本格的に再開しようと思います。

 

麻婆豆腐

透析患者に祝日なし。

てなわけで、この冷たい雨の中、病院に行ってきました。

穿刺が痛かったけど(ベテランになるほど穿刺が痛いような気がする。気のせいか?)、脱血不良になることもなく透析終了。

 

喫茶コーナーで缶コーヒーを飲みながら一休み。

Dsc_prt_20240223131027797

 

何となく焼きそばが食べたかったので、たまに食べる中華料理屋に行ったけど、中国に帰国中でお休み。

しかたなく、隣の中華料理屋に入りました。

焼きそばもチャーハンもなく、しかたなく麻婆豆腐を頼みました。

 

その麻婆豆腐が辛いのなんのって⚡

何かの罰ゲームかというくらい辛い。

スープも付いていたけど、それも塩辛い。

結局、1/10程度しか食べられませんでした。

店員に辛すぎて食べられなかったよと言ったら、中国ではもっと辛いのが普通らしい。

全部食べていたら、胃に穴が開いて死んでいたかもしれない。

中国には住めないなと本気で思ったよ。

 

店を出て、速攻で森永ミルクキャラメルを買ってなめました。

やはりやさしい味の日本がいいな。

 

おっさんがスカウトした医学翻訳者、しばらく医学翻訳仕事でがっつり稼いだ後、中国に移住したようだけど、大丈夫かな。

2024年2月22日 (木)

腎障害への対応

先日から「抗癌薬による腎障害への対応にする文書」をイートモ用に完全対訳化していますが、現在のところ191対訳が出来上がりました。

20240215-115344_20240222172501

あと1.5倍くらいあるので、最終的には300対訳近くになるかもしれません。

明日は祝日でも透析日なので、まー、2月中には終わりたいところです。

 

 

そろそろ店じまいのフェーズ

先日の急激な気温の上昇のせいで体調を崩しました。

私のように病気がある場合、一旦体調が崩れると体力の回復に時間がかかります。

体力が衰えると、イートモ作成がなかなか進みません。

イートモ作成にはかなりの体力が必要なのです。

 

医学翻訳仕事も楽そうに見えるけど、実際にはかなりの重労働です。

若いうちは体力が十分なので、翻訳力を体力で補えるけど、50歳を過ぎるとクライアントの納期に合わせるのが厳しくなります。

私と同年代の医学翻訳者の多くは医学翻訳仕事を自主的にリタイヤしたようです。仕事の依頼がなくなって辞めた人もいるかもしれません。

 

イートモは質的にも量的にもブッチ切りのセンテンスベース対訳DBになったことだし、自分の体力・気力を考慮して、そろそろ店じまいのフェーズに入ろうかと思います。

これまでにイートモを購入してくださった大勢のみなさん、ありがとうございました。

イートモユーザーに対するサポートは続けますので、ご安心ください。

既存のイートモユーザーのサポートだけを仕事にすれば十分でしょう。

Dsc_0090_20240222121701

 

稼ぎ頭の「なりたアパート」の経営という大事な仕事があったのだ。

しばらく不動産会社を訪問していないし、ゴミステーションを新調したので視察に行かないと。

イートモで体力・気力を消耗させるわけにはいかない。

 

2024年2月20日 (火)

2月だというのに暑い

東京は2月だというのに暖かいを通り越して暑いくらいです。

朝、目が覚めたらぐったり感があったから、若干の脱水状態にあったかもしれません。

朝の最低気温が17℃とは信じられません。

今年の夏はどうなるのでしょう。

 

午前中はイートモ対訳を作成したけど、その後はだらだらと過ごしました。

明日は気温が急降下らしいので、注意しないと。

 

「ひなちゃん」は涙で目の下が汚れているけど、可愛いね~。

Img_1640

 

2024年2月19日 (月)

月一検査

今日は月に1回の月一検査の日でした。

例によって、心電図、血液検査、胸部X線検査です。

血液検査では透析前と透析後の2回採血されます。

結構な量が透析回路から採取されます。ただでさえ貧血気味だというのに。

 

今日は検査を受けた患者の数が多かったようで、結果は出ませんでした。

何かの拍子にスパっと良くならんかね。

電気ショックでも当てようか。w

 

最近は新人MEが穿刺をすることが多いです。

なかなか上手です。

穿刺前に患者のエコー画像などを見たり、患者のシャント血管の特徴を調べるのかと尋ねたら、やはり事前の情報収集はするようです。

先日も書いたけど、初めの頃はしっかり準備するからいいけど、慣れが出てくると失敗につながります。

 

医学翻訳と同じやね。

最初は依頼される仕事に全集中するのだ。

たった1頁の原文でも納期まで1週間あったら、その1週間のほとんどを1頁の原文の調査・訳出に使うのです。

そんなことを2~3年繰り返しているうちに壁を乗り越えられるよ。

ほとんどの人はコレができなくて、壁を登れず、脱落する。

 

さて、一休みしたら、イートモ対訳を作成するか。

 

2024年2月17日 (土)

腎臓病患者 170対訳収録

腎臓病患者に対する食事療法・運動療法について170対訳を完全日英対応に作成し、イートモ対訳ファイルに収録しました。

20240217-192744

 

次も抗癌剤を投与すると様々な腎障害が起こりますが、その対応についての文書を完全日英対応に作成します。

 

2024年2月16日 (金)

株高

日経平均株価が1989年以来の株高となりました。

 

1989年と言えば、おっさんはちょうど30歳。

医学翻訳フリーランスになって3年目でした。

1年目に挫折しかけたけど、2社目になる医学翻訳専門の翻訳会社ミキ・インターナショナルの社内で仕事をしていた頃です。

ネーティブによる英訳をチェック・修正する仕事で、鬼のように働いていたときです。

毎月の労働時間はおよそ300時間でした。

そのときの経験が基礎となって、その後、あちこちの翻訳会社を渡り歩いて、今に至るわけです。

 

ミキ・インターナショナルでは1時間1300円の時給制で勤めていました。

月40万円ほどにしかならなかったけど、実務経験を積むことができたので、文句を言わずに頑張りました。

当然、株価バブルとは全く縁がなく、忙しすぎて世の中の動きを気にする時間もなく、当時、そんなに景気がいいとは気づきませんでした。

 

医学翻訳フリーランスになって最初の1.5年間に積みあがった疑問点が、ミキ・インターナショナルでの実務経験を通じてかなり解決しました。

おっさんが受け身のお勉強よりも実務経験がはるかに大事だという理由がコレです。

100年間のお勉強<1年間の実務経験。

Dsc_0098

2024年2月15日 (木)

腎臓病患者の食事療法・運動療法

特に運動は重要のようです。

171対訳を作成しました。

点検しながらイートモ対訳ファイルに収録します。

エアロバイクを少し漕いで、昼飯にします。

20240215-115344

2024年2月14日 (水)

納税額が確定した

税理士のおねえさんからメールで連絡がありました。

いつも一番最初に処理してくれるようです。

 

不動産賃貸収益が大きく、安定しています。

木造でもうすぐ築30年になるというのに、金かけてメンテナンスやリフォームをしっかりしているので、あと10年は稼働できそうです。

大手建築会社施工の建物なので、造りはしっかりしています。

でも、能登半島地震の被害を見ると、やはり木造建築には不安はあるけど、なりたアパートは部屋数が多い、つまり壁が多いので大丈夫でしょう。

念のために、地震保険を上げておこうかと考えているところです。

 

確定拠出型年金を解約したとき、その翌年は税金をがっつり納付したけど、それ以降は毎年ほぼ同じ納税額です。

イートモの売上げは微々たるもので、その変動による影響はほぼなしです。

大変な労力を注ぎ込んでいるのになんてことだ!

モチベーションをどのように維持していこうか。

 

その確定拠出年金、今はイデコというのか。

加入している間は全額控除になっていたからよかったけど、解約したら、えらい税金を課せられて、加入していたメリットが消し飛んだぜ。

小規模企業共済を解約するときも恐ろしい。

まー、金を持ってあの世に行くのはラクダが針の穴を通るよりも難しいことだから、ケチケチしないで生きているうちに残さず使い切ることです。

 

2024年2月12日 (月)

だいぶ飽きている

次は何を題材にイートモ用の対訳を作成しようかと調べていたら、大腸癌治療薬のCTD Nonclinical Overviewがあるので、これを対訳化しようと思ったけど、既に大量に対訳を作成しているし、だいぶ飽きてきているので、今回はスルー。

飽きっぽい自分がよくここまで続いたと思うよ。

 

代わりに、腎臓病患者の栄養療法や運動療法に関する文書を完全日英対訳に加工しようと思います。

医学翻訳仕事には直結しないだろうけど、これまで収録していない分野なので、何かの拍子にヒットするかもしれないからね。

自分の病気にも関係することだから、勉強しつつ対訳化します。

 

もし気が向いたら、また医学翻訳仕事に直結する対訳を作成しようかと。

Dsc_prt_20240212125021254

 

明日は気分がよければパチンコに行ってこよう。

Img_1637

2024年2月11日 (日)

65000対訳越え

評価スケールと質問表のAppendixをイートモ用に対訳化しました。

21対訳。

イートモは6.5万対訳を超えています。

7万対訳をゴールにしようか。

それでゲームオーバーだ。

 

質的にも量的にもブッチ切りのセンテンスベース対訳DBです。

ブッチ切り過ぎて、扱いきれる人がいなくなったりしてね。w

 

用語集じゃないよ。

100万語の専門用語集があっても医学翻訳はできない。

専門用語の前後をどのように記述するかが問題だ。

 

治験実施計画書 853対訳収録

治験実施計画書本体とそのAppendix(同意説明文書・同意書)を合わせて853対訳をイートモ対訳ファイルに収録しました。

メインの文書の対訳化が終わりました。

かなりの重労働でした。

次期イートモからの紹介となります。

 

この853対訳を作成して改めて思いますが、訳文を作成したら、最終的に第三者の視点から訳文を客観的に評価することが極めて大切です。

訳文作成中は訳出することに集中しすぎていますので、少し時間を置いてから冷静に訳文を精査することが大事です。

イートモ作成の場合は、英文と和文の対応にも配慮しなくてはならないので、何倍も労力がかかります。

 

評価スケールや質問票のAppendixもあるのですが、これはどうしようか。

日本人のメディカル英訳者にとって苦手な部分なので、この方面の対訳をより充実させるために暇を見てイートモ用に対訳化しようと思います。

 

2024年2月10日 (土)

同意説明文書等 191対訳作成

おわかりだとは思いますが、同意説明文書と同意書は別の文書です。

これまでにもこれらの文書に関する多数の対訳をイートモに収録していますが、今回、200弱を追加収録です。

もう十分でしょう。

20240210-095508

 

2024年2月 9日 (金)

今週の透析終わった

今日の穿刺担当は新人MEのおねえさん。

最近、新人MEによる穿刺が始まっています。

今日も含めてこれまで新人ME 2名による穿刺を受けました。

もちろん、先輩MEの監視下で穿刺するのですが、なかなか上手です。

 

血管走行は患者によって異なるので、患者一人一人に血管の状態をじっくり観察して、状況に応じて刺し方を工夫することが大切。

最初のうちは緊張感をもって慎重に穿刺するからいいけど、少し慣れてくると大失敗をしがちです。

医学翻訳にも似たところがあります。

慣れてくると手抜きしたり、自己流の翻訳をする人が出てきます。

自分の翻訳に変な自信が付いているせいか、助言・指導しても素直に受け入れない。

学習期間中は素直に助言を受け入れるのに、プロになって稼ぐようになると一人前になったと錯覚するのか。

同じプロでも上下の幅は大きいことをわかっていない。

 

2024年2月 8日 (木)

同意説明文書 200対訳

治験実施計画書のAppendixに同意説明文書があるので、これもイートモ用に対訳化しました。

同意書も含めて200対訳が出来上がりました。

例によって、点検しながらイートモ対訳ファイルに収録します。

 

同意説明文書は個々のセンテンスの長さが短いので、件数は多くなります。

それにしても、ちょっと作成ペースが速いな。

しばらく休養しよう。

 

でも、せっかちだから、すぐ作業に邁進するんですよね。

こんなに体力・気力があるんだったら、翻訳仕事で稼いでいたほうがよかった(とは思わない)。

医学翻訳専業を30年間やったけど、今から思えば20年間で十分だった。

50歳の手前でFIRE状態だったので、イートモなど作らずに医学翻訳から完全に離れて、全く別の道に進めばよかったか?

当時は既にアパート1棟を所有していたし、不動産投資を本格的にやろうかと勉強をしたし、大家の会にも入会したけど、イマイチ興味がわかなかった。

元に戻るわけにもいかないし、今となっては自分の選択は常に正しいと信じるしかないな。

Img_1630_20240208121501

2024年2月 6日 (火)

治験実施計画書 661対訳

類似の対訳が多数あったので、最終的に治験実施計画書本体の対訳は661となりました。

点検しながらイートモ対訳ファイルに入力しました。

Proa_20240206145501

Prob_20240206145501

 

同意説明文書や試験スケジュールなどに関するAppendixがいくつかあるので、それらもイートモ用に対訳化します。

今日はくたびれたので、ここまでとします。

 

東京、雪

大雪でした。

今も雪が残っています。

Dsc_0004_burst20240206111016745

 

メンタルクリニックの予約が入っていたので、出かけたのですが、転んでシャント肢が負傷したら大変なので、引き返しました。

電話で改めて予約を取り直しました。

 

「ひなちゃん」もびっくりの大雪と雷。

Dsc_0090

 

2024年2月 4日 (日)

東京、今日も寒い

寒がりやの「ひなちゃん」。

暖かいベッドを買ってもらい、うれしそうです。

Img_1632

 

気持ちよさそうだね。

Img_1630

 

2024年2月 2日 (金)

東京、寒い

今週も何とか終わりました。

月~木は体調があまり優れませんでしたが、今日は少し復活したようです。

ストレスと睡眠不足が原因のようです。

負荷のかかることには手を出さないようにします。

 

明日は気晴らしにスーパーセブンに行ってこようか。

 

今日の東京は昨日とはうって変わって寒いです。

寒さが苦手な「ひなちゃん」。

Dsc_0087

 

寒いので抱っこしてもらっています。

Dsc_0001_burst20240202171226303

2024年2月 1日 (木)

今日のチワワの「ひなちゃん」

だらっとしています。

Img_1626

 

眠い。

Img_1627_20240201151501

 

さて、どうしたものか。

Img_1628_20240201151501

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

フォト

イートモ

  • 最終点検済み対訳数
    ★3月21日現在:19,294対訳/66,427対訳
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想