« 麻婆豆腐 | トップページ | 抗癌薬による腎障害への対応 249対訳作成 »

2024年2月23日 (金)

月一検査の結果

今週月曜に受けた月一検査。

その結果が出ました。

 

おっさんが気にしているのは腎機能なのですが、ドクターは腎機能が悪いのはわかっているので、一切言及しません。

相変わらず悪い状態で安定しています。

 

8日間の検査入院にまで至った肝機能については、ASTは43とやや高いものの、ALTは37と基準値内。

γ-GTPは昨年11月に最高値466だったのが、今回71まで下がりました。

昨年11月のピーク時には寝返りをうつのもだるいという状態でした。

概ね治癒したのではないかと。

 

先月、5.5と高値となった無機リン(IP)は今回3.3と基準値内でした。

ヨーグルトを食べる量を少し減らしたのと、卵はゆで卵にして白身だけを食べるようにしたのが良かったのかもしれません。

 

CRPは陰性で推移しています。

炎症反応がなければすべてオッケーです。

 

顕微鏡的多発血管炎の指標であるMPO-ANCAは3.1と陰性になりました。

MPO-ANCAが陰性になったのは、ステロイド5mgを服用していたとき以来だと思います。

ステロイドからは完全に離脱したので、タブネオスが効いていると考えられます。

タブネオスの通常量は3カプセルの1日2回服用なのですが、私の場合、肝機能障害の件があって、2カプセルの1日2回服用に減量されています。人によっては通常量よりも少ない用量で効果が得られることがあるようです。

 

他に心電図は正常、肺に異常はなく、肝機能も良くなったので、そろそろエアロバイクと筋トレを本格的に再開しようと思います。

 

« 麻婆豆腐 | トップページ | 抗癌薬による腎障害への対応 249対訳作成 »

フォト

イートモ

  • 最終点検済み対訳数
    ★3月21日現在:19,294対訳/66,427対訳
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想