« 難病申請の更新 | トップページ | 放射線医学用語集 その⑤ »

2024年3月15日 (金)

シャントの状態

今週月曜にシャントのエコー検査を受けました。

結果、開存性に問題はないようです。

シャントのエコー検査は3カ月毎に行われており、次回の検査日も決まりました。

 

以前はPTA(シャント拡張術)から5~6カ月が経過すると、肥厚(ひこう)し、狭窄、脱血不良、そしてPTAのサイクルでした。

最近は穿刺に身体が反応しなくなってきたのかどうかわかりませんが、肥厚しくくなっているのかもしれません。

20240315-201932

前回のPTA術から1年間が経過しています。

PTA術は1時間もかからずに終わりますが、ないに越したことはありません。

特に今の時期は気温の変動が大きいせいか、心筋梗塞や脳梗塞で手術を受ける人が多く、病院の手術室は野戦病院のようになって、落ち着いて手術を受けられません。

 

病院の日は朝早く起こされるし、家の中はばたばたしていて、くたびれてしまった「ひなちゃん」。

Img_1695_20240315195801

« 難病申請の更新 | トップページ | 放射線医学用語集 その⑤ »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想