« 日本透析医学会透析医学用語集 終了 | トップページ | 歯科・耳鼻科 »

2024年5月 6日 (月)

そろそろ限界か(限界だ)

先日、右手薬指が腱鞘炎になりました。

これまで何度も指の腱鞘炎や肘の筋の痛みに襲われましたが、今回ほど重度の腱鞘炎は初めてです。

10段階スケールで表せば9。

湿布を貼ったけど、全く効きません。

弾力包帯で固定していたので、パソコン入力はもちろん、箸で食事をすることもできず、ペインクリニックで激痛と言われるステロイド注射を受けました。

確かに激痛。

でも、注射後は10段階スケールで3程度に疼痛が軽減しました。

 

痛みは和らいだけど、腫れがひきません。

40年間、右腕1本での生活・仕事でした。

Dsc_prt_20240506130833116

 

かなり酷使してきたので、そろそろ限界かもしれません。

しかも、右腕は透析シャント肢でもあるので、まさに生命線です。

右手への負荷を意識的に減らさざるを得ません。

 

ま、十分稼いだからもういいか。

おっと、医学翻訳の稼ぎなんて大したことないですよ。

一番いい時が2~3社の仕事で年間1000~1200万円。

モーレツに頑張ってもこの程度です。

とにかく調査に時間がかかる。調査の時間を削れば1500万円まではいくと思います。

20年前の話ですよ。今の相場はわかりません。

私よりも1世代前の特許翻訳者は3000万円稼いだとか。

プロデビューするまでの勉強、その後の仕事に必要な調査等に費やした膨大な労力、少ない年金、不安定な収入、低い社会的地位などを考えたら、その倍の収入がないと医学翻訳フリーランスなんてやってられません。

 

私の場合は50歳前後にアパート賃貸事業の不労所得に切り替えたことが良い選択でした。

金の卵を産むガチョウとはまさにこのこと。

みなさん、稼ぎたければ医学翻訳よりも不動産賃貸経営ですよ。

国家資格でもないエーケンとか何とか翻訳検定の勉強するよりも、不動産関係の国家資格をとったほうが断然いい。

海外では不動産事業者のステータスが高いそうですよ。

 

一方、イートモ事業をがんばりすぎたのが失敗でした。w

ガチョウが産んでくれた金の卵を投入して、腱も損傷した。ww

 

以上、簡単な総括でした。

 

« 日本透析医学会透析医学用語集 終了 | トップページ | 歯科・耳鼻科 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★6月9日現在:68,892対訳(現行版よりも4372対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想