イートモサンプルのダウンロード【販促用】

2019年9月14日 (土)

『心停止』

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

連休中も医学翻訳の仕事や勉強、お疲れさまです。

 

『心停止』

なんとも恐ろしい響きですが、医学翻訳フリーランサーはひたすら英訳するのみです。

 

普通はcardiac arrestを使います。

そんなことは誰でもわかるので、その前後をどのように記述するかが大事ですね。

 

さて、イートモ対訳の見直しをしていたら、cardiac arestとなっている対訳に気付きました。

ファイルが大きすぎてスペルチェックができないのかな?

9割の出来まではまだまだです。

 

念のため、イートモ対訳収録用ファイルを「心停止」で検索して、通しでチェックしておきました。

ご参考まで。

イートモで検索したときの見え方はこんな感じです。

 

英文 和文
A 16-year-old boy with a history of bronchial asthma was admitted to the hospital after successful resuscitation from asystole. 気管支喘息の既往がある16歳の少年で、心停止からの蘇生が成功後、当院に入院した。
A fatal cardiac arrest was reported in a patient taking Drug A. 薬剤Aを服用した患者1例に致死的な心停止が報告された。
A larger number of patients who received cardiopulmonary resuscitation with the system survived cardiac arrest. 心停止でも助かった患者数は、このシステムによる心肺蘇生を受けた患者のほうが多かった。
Cardiac arrest developed abruptly. 心停止が突然起こった。
Cardiopulmonary resuscitation is an emergency procedure that can be life-saving for people in cardiac arrest. 心肺蘇生は心停止状態の人の命を救うことができる緊急処置である。
Cases of marked bradycardia, some of which have resulted in cardiac arrest, have been observed within minutes after the administration of Drug A. 著しい徐脈の症例が薬剤Aの投与後から数分以内に認められ、そのうち数例は心停止となった。
Defibrillation is performed to correct life-threatening arrhythmias of the heart including ventricular fibrillation and cardiac arrest. 除細動は、心室細動や心停止など、生命を脅かす心臓の不整脈を是正するために行われる。
Despite cardiac arrest after induction of general anesthesia, the patient had a successful outcome. 全身麻酔の導入後に心停止となったにもかかわらず、当患者の転帰は良好であった。
During the 10th week of the study, one patient in the Drug A group died suddenly of cardiac arrest, presumably caused by an acute myocardial infarction. 本試験の10週目、薬剤A群の患者1例が急性心筋梗塞によると考えられる心停止で急死した《突然死した》。
During the reporting period of Periodic Safety Update Report (PSUR), there were 10 reports of cardiac arrest, 2 reports of myocardial infarction, and 2 reports of angina pectoris from the spontaneous reporting system. 定期的安全性最新報告(PSUR)の報告期間中、自発報告システムからの報告件数は心停止が10件、心筋梗塞が2件、狭心症が2件であった。
Four patients who experienced cardiac arrest received an electroshock that successfully restored a life-sustaining heartbeat. 心停止を示した患者4例が電気ショックを受け、生命維持に必要な心拍の回復に成功した。
If provided immediately after cardiac arrest, this cardiopulmonary resuscitation procedure increases a patient’s chance of survival. 心停止の直後に行われれば、この心肺蘇生処置は患者が生き延びるチャンスを高める。
In addition, transient cardiac arrest was induced to avoid any cardiac disturbance during stent release. また、ステントリリース時における心臓障害を避けるため、一時的な心停止を誘発した。
In rare cases, myocardial infarction and cardiac arrest have been observed. 稀に心筋梗塞及び心停止が認められている。
Most people who suffer cardiac arrest outside of a hospital die. 病院外で心停止《院外心停止》となったほとんどの人は死亡する。
Of the patients who experienced life-threatening cardiac events, 1 experienced a sinus node arrest, and 1 experienced a primary cardiac arrest. 生命を脅かす心臓イベントを示したこれらの患者のうち、1例は洞結節停止、1例は原発性心停止を示した。
On rare occasions, hypotension, cardiac arrest, and even death may occur. 稀に低血圧や心停止が起こることがあり、死に至ることもある。
One subject (a 70-year-old male) died following pulmonary embolism and cardiac arrest on Day 10 of study drug treatment. 被験者1例(70歳男性)は、治験薬投与10日目に肺塞栓症及び心停止の発現後に死亡した。
Out-of-hospital cardiac arrest (OHCA) is a leading cause of death among adults in the United States. 院外心停止(OHCA)は米国における成人の死亡の主要な原因である。
Some cases of cardiac arrest were reported during the studies. これらの試験の期間中に心停止の症例が数例報告された。
Sudden bradycardia and cardiac arrest occurred, and the patient died. 突然の徐脈と心停止が起こり、患者が死亡した。
The Center for Disease Control and Prevention estimates that approximately 300,000 Americans experience an out-of-hospital cardiac arrest (OHCA) each year. 毎年、約30万人のアメリカ人に院外心停止(OHCA)が起こっていると疾病管理予防センターは推計している。
The heart can then be stopped using a special mixture of chemicals called cardioplegic solution. 次に、心停止液と呼ばれる特殊な化学薬品の混合液で心臓を停止させます。
The patient died on Day 10 from a suspected cardiac arrest. 当患者は心停止の疑いで10日目に死亡した。
The patient experienced a sudden cardiac arrest on the third post-operative day after standing up for the first time since surgery. 術後3日目、当患者は術後初めて立ち上がった後に突然心停止を示した。
The patient suffered a cardiac arrest approximately 10 minutes after the pericardiocentesis. 当患者はこの心膜穿刺術の約10分後に心停止となった。
The system consists of two devices that are used together to assist in performing cardiopulmonary resuscitation on adult patients with out-of-hospital, non-traumatic cardiac arrest. このシステムは2つのデバイスで構成されており、これらのデバイスが一緒に使われ、非外傷性の院外心停止の成人患者における心肺蘇生を補助する。
There is a risk of cardiac arrhythmia or, in certain cases, cardiac arrest. 不整脈又はある特定の症例では心停止のリスクがある。
Vascular deaths among the patients were due to cardiac arrest in 7 patients and congestive heart failure in 3 patients. これらの患者における血管関連死亡は、7例で心停止、3例でうっ血性心不全に起因するものであった。

2019年9月12日 (木)

イートモ対訳はセンテンスベースで主観を除いて作成しています。その二

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

今日、書いたブログ。

イートモ対訳はセンテンスベースで主観を除いて作成しています。

 

キイトルーダという有名な抗癌薬の対訳資料

のほんの一部。

 

英語原文 和訳

1.2 Non-Small Cell Lung Cancer

KEYTRUDA is indicated for the treatment of patients with metastatic non-small cell lung cancer (NSCLC) whose tumors express PD-L1 as determined by an FDA-approved test with disease progression on or after platinum-containing chemotherapy. Patients with EGFR or ALK genomic tumor aberrations should have disease progression on FDA-approved therapy for these aberrations prior to receiving KEYTRUDA [see Clinical Studies (14.2)].

This indication is approved under accelerated approval based on tumor response rate and durability of response. An improvement in survival or disease-related symptoms has not yet been established. Continued approval for this indication may be contingent upon verification and description of clinical benefit in the confirmatory trials.

1.2 非小細胞肺癌

KEYTRUDAは、白金製剤を含む化学療法後に疾患が進行した、FDAが承認した診断薬により腫瘍細胞がPD-L1陽性と判定された転移性の非小細胞肺癌の治療を適応とする。EGFR遺伝子変異又はALK遺伝子変異を有する患者については、KEYTRUDAの投与前にこれらの変異に対するFDAが承認した治療後に疾患が進行した患者とする[臨床試験(14.2)参照]。

本適応は、抗腫瘍効果及び効果の持続性に基づき、迅速承認を取得した。生存期間及び疾患に関連する症状の改善は確立されていない。本適応の継続的な承認は、検証試験での臨床効果の確認及び記述を条件とする可能性がある。

 

"be indicated for the treatment of"

医薬系文書でよく見かけるスタイルです。

 

上記のように「~の治療を適応とする」は医学翻訳(和訳)の影響によるのかもしれませんが、定着しつつある日本語表現のようです。

「治療を適応とする」でGoogle検索すると、外国語の文書を和訳したと思われる文書が多くヒットするから、医学翻訳(和訳)が関係しているのでしょう。

でも、「この病気を適応症とする」は自然だけど、「~の治療を適応とする」は日本語としてちょっと不自然。

 

「適応」をライフサイエンス辞書で調べてみてください。

 

また、ウィズダム辞典。

Tekio

 

indication(適応症) → indicated(適応とする)

医学翻訳者が発明したのかなw

 

でも、定番の表現が変わるのは医薬系分野でよくあることです。

「~の治療を適応とする」は不自然であるけど、「~の治療を適応とする」 を定番の表現とするクライアント(製薬会社等)もいることを知った上で、クライアント(製薬会社等)の好みやレベルに合わせて仕上げましょう。

そのためにクライアント(製薬会社等)のホームページを見ましょうと何度も言っているでしょ。

 

以下、参考です。

 

イートモでは、

"be indicated for the treatment of"の場合には以下のように対訳化・編集しています。

 

英文 和文
Drug A is indicated for the treatment of patients with: … 薬剤Aの効能・効果は以下の患者の治療である。
Drug A either in combination with Drug B or as single agent is indicated for the treatment of patients with Receptor X-expressing metastatic colorectal cancer after failure of Drug B-including cytotoxic therapy. 薬剤Aは、受容体Xを発現する転移性結腸直腸癌の患者の治療用に、薬剤Bを含む細胞傷害性治療が無効の場合に、薬剤Bと併用投与されるか、単独投与される。
Drug A in combination with Drug B or alone is indicated for the treatment of patients who have no further accepted chemotherapy options. 薬剤Aの薬剤Bとの併用投与あるいは薬剤Aの単独投与の効能・効果は、他に承認されている化学療法がない患者の治療である。
Drug A is a tetracycline prescription antibiotic indicated for the treatment of a variety of bacterial infections. 薬剤Aはテトラサイクリン系抗生物質の処方箋医薬品で、様々な細菌感染症の治療が効能・効果である。
Drug A is also indicated for the treatment of growth retardation in prepubertal children with chronic renal insufficiency. 薬剤Aは、慢性腎不全がある思春期前の小児における発達遅滞の治療も効能・効果である。
Drug A is also indicated for the treatment of short stature in children with Turner syndrome, confirmed by chromosome analysis. 薬剤Aは、染色体検査によってターナー症候群と確認された小児における低身長の治療も効能・効果である。
Drug A is an angiotensin II receptor blocker, indicated for the treatment of hypertension, either alone or in combination with other antihypertensive agents. 薬剤AはアンジオテンシンII受容体遮断薬で、単独投与あるいは他の降圧薬との併用投与による高血圧症の治療が効能・効果である。
Drug A is contraindicated for the treatment of peri-operative pain in the setting of coronary artery bypass graft (CABG) surgery. 薬剤Aは冠動脈バイパス術(CABG)における周術期疼痛の治療に使用してはならない《禁忌》。
Drug A is indicated for the treatment of acromegaly in patients who have had an inadequate response to surgery or radiation therapy, or for whom these therapies are not appropriate. 薬剤Aの効能・効果は、手術又は放射線治療で効果不十分の患者あるいはこれらの治療が適していない患者における先端巨大症《末端肥大症》の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of adult patients with unresectable or metastatic melanoma with a BRAF V600 mutation. 薬剤Aの効能・効果は、BRAF V600変異を有する切除不能黒色腫又は転移性黒色腫の成人患者の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of anemic patients scheduled to undergo elective, noncardiac, nonvascular surgery. 薬剤Aの効能・効果は、非心臓性・非血管性の選択的手術を受ける予定がある貧血患者の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of moderately to severely active ulcerative colitis in adult patients who have had an inadequate response to conventional therapy including corticosteroids. 薬剤Aの効能・効果は、副腎皮質ステロイドなど従来型の治療で効果不十分の成人患者における中等度ないし重度の活動性潰瘍性大腸炎の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of patients with acute coronary syndrome including patients who are to be managed medically and those undergoing percutaneous coronary intervention (PCI). 薬剤Aの効能・効果は、内科的治療を受ける患者及び経皮的冠動脈形成術(PCI)を受ける患者を含む急性冠動脈症候群の患者の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of patients with the following: ….  薬剤Aの効能・効果は以下の患者の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of primary dysmenorrhea. 薬剤Aの効能・効果は原発性月経困難の治療である。
Drug A is not indicated for the treatment of anemia due to other factors such as iron or folate deficiencies, hemolysis, or gastrointestinal bleeding. 薬剤Aは、鉄分又は葉酸の欠乏、溶血、消化管出血のような他の要因による貧血の治療に適していない。
drugs indicated for the treatment of intractable diseases 難病治療用の医薬品
In Japan, Drug A is indicated for the treatment of unresectable, advanced or recurrent colorectal cancer with wild-type KRAS. 日本における薬剤Aの効能・効果は、野生型KRASで、切除不能な進行又は再発性の結腸直腸癌の治療である。

 

"be indicated for 病気"の場合には以下のように対訳化・編集しています。

 

英文 和文
Drug A is indicated for major depression, panic disorder, and obsessive-compulsive disorder (OCD) in both children and adults. 薬剤Aの適応症は小児及び成人における大うつ病、パニック障害、強迫神経症(OCD)である。
Drug A is indicated for postsurgical inflammation and uveitis. 薬剤Aの適応症は術後炎症及びぶどう膜炎である。
Drug A is the first and only treatment indicated for posttraumatic stress disorder (PTSD). 薬剤Aは心的外傷後ストレス障害(PTSD)を適応症とする最初で唯一の治療薬である。
Drug A oral formulation is indicated for severe drooling in patients 3-16 years of age with neurologic conditions. 薬剤A経口製剤の適応症は、神経疾患がある3~16歳の患者における重度の流涎《よだれ》である。
Drug A will be the first drug indicated for Disease A in Japan that is associated with a relatively low incidence of dry mouth and CNS adverse effects in the elderly as described above. 薬剤Aは日本でおいて疾患Aを適応症とする最初の薬剤になると予想され、上述したように口渇及び高齢者のCNSに対する有害な影響の発現率が比較的低い。

 

ご参考まで。

 

ま、いつも言っているけど、医学翻訳は文学でも芸術でもないので、

情報が伝わればいいんだろうし、

時間経過とともに定番の表現も変わるのでしょう。

 

2019年8月26日 (月)

『生理食塩液』

全国のイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の作成並びに見直しをしていると、いろいろと気づきや疑問が出てきます。

今日は「生理食塩水」と「生理食塩液」。

英語ではphysiological saline、saline。

pmdaのサイトでは「生理食塩液」が圧倒的に多く使われています。

しかも日本薬局方(Japanese Pharmacopoeia)でも「生理食塩液」。

で、医薬品各条(monograph)を念のため見てみます。

 

生理食塩液
Isotonic Sodium Chloride Solution
0.9%塩化ナトリウム注射液
等張塩化ナトリウム注射液
等張食塩液
本品は水性の注射剤である.
本品は定量するとき,塩化ナトリウム(NaCl:58.44) 0.85
~ 0.95 w/v%を含む.
製法
塩化ナトリウム 9 g
注射用水又は注射用水(容器入り) 適量
全量 1000 mL
以上をとり,注射剤の製法により製する.
本品には保存剤を加えない.
性状 本品は無色澄明の液で,弱い塩味がある.
確認試験 本品はナトリウム塩及び塩化物の定性反応〈1.09〉
を呈する.
pH〈2.54〉 4.5 ~ 8.0
純度試験
(1) 重金属〈1.07〉 本品100 mLを水浴上で濃縮して約40
mLとし,希酢酸2 mL及び水を加えて50 mLとする.これを
検液とし,試験を行う.比較液は鉛標準液3.0 mLに希酢酸2
mL及び水を加えて50 mLとする(0.3 ppm以下).
(2) ヒ素〈1.11〉 本品20 mLをとり,これを検液とし,
試験を行う(0.1 ppm以下).
エンドトキシン〈4.01〉 0.50 EU/mL未満.
採取容量〈6.05〉 試験を行うとき,適合する.
不溶性異物〈6.06〉 第1法により試験を行うとき,適合する.
不溶性微粒子〈6.07〉 試験を行うとき,適合する.
無菌〈4.06〉 メンブランフィルター法により試験を行うとき,
適合する.
定量法 本品20 mLを正確に量り,水30 mLを加え,強く振り
混ぜながら0.1 mol/L硝酸銀液で滴定〈2.50〉する(指示薬:フ
ルオレセインナトリウム試液3滴).
0.1 mol/L硝酸銀液1 mL=5.844 mg NaCl
貯法 容器 密封容器.本品は,プラスチック製水性注射剤容
器を使用することができる.
Isotonic Sodium Chloride Solution
0.9z Sodium Chloride Injection
Isotonic Salt Solution
Isotonic Sodium Chloride Injection
生理食塩液
Isotonic Sodium Chloride Solution is an aqueous injection.
It contains not less than 0.85 w/vz and not more
than 0.95 w/vz of sodium chloride (NaCl: 58.44).
Method of preparation
Sodium Chloride 9 g
Water for Injection or Sterile Water
for Injection in Containers a sufficient quantity
To make 1000 mL
Prepare as directed under Injections, with the above ingredients.
No preservative is added.
Description Isotonic Sodium Chloride Solution is a clear,
colorless liquid. It has a slightly saline taste.
Identification Isotonic Sodium Chloride Solution responds
to the Qualitative Tests <1.09> for sodium salt and for chloride.
pH <2.54> 4.5 – 8.0
Purity (1) Heavy metals <1.07>—Concentrate 100 mL of
Isotonic Sodium Chloride Solution to about 40 mL on a
water bath, and add 2 mL of dilute acetic acid and water to
make 50 mL. Perform the test using this solution as the test
solution. Prepare the control solution with 3.0 mL of Standard Lead Solution and 2 mL of dilute acetic acid, and add
water to make 50 mL (not more than 0.3 ppm).
(2) Arsenic <1.11>—Prepare the test solution with 20 mL
of Isotonic Sodium Chloride Solution, and perform the test
(not more than 0.1 ppm).
Bacterial endotoxins <4.01> Less than 0.50 EU/mL.
Extractable volume <6.05> It meets the requirement.
Foreign insoluble matter <6.06> Perform the test according
to Method 1: it meets the requirement.
Insoluble particulate matter <6.07> It meets the requirement.
Sterility <4.06> Perform the test according to the Membrane filtration method: it meets the requirement.
Assay Measure exactly 20 mL of Isotonic Sodium Chloride
Solution, add 30 mL of water, and titrate <2.50> with 0.1
mol/L silver nitrate VS with vigorous shaking (indicator: 3
drops of fluorescein sodium TS).
Each mL of 0.1 mol/L silver nitrate VS
= 5.844 mg of NaCl
Containers and storage Containers—Hermetic containers.
Plastic containers for aqueous injections may be used.


physiological salineまたはsalineを使っていないんですよ。

さらに、試薬の項目には以下のようにあります。

 

ホスファターゼ,アルカリ性 ウシ小腸から得たもので,白色
~灰白色又は黄褐色の凍結乾燥した粉末である.
本品1 mgは1単位以上を含み,塩類は含まない.ただし,
本品の1単位とは,4-ニトロフェニルリン酸エステルを基
質にして,pH 9.8で37℃,1分間に1 μmolの4-ニトロフェ
ノールを生成する酵素量とする.
Phosphatase, alkaline Obtained from bovine small intestine. A white to grayish white or yellowish brown, lyophilized powder.
It contains not less than 1 unit per mg, not containing any
saline. One unit indicates an amount of the enzyme which
produces 1 mmol of 4-nitrophenol at 379C and pH 9.8 in 1
minute from 4-nitrophenyl phosphate used as the substrate.

 

時間のある人は他の公定書でさらに詳しく調べてください。

とりあえず、イートモでは「生理食塩液」でいきます。

状況が変われば、またその都度、イートモも変わるということで。

 

医学翻訳フリーランサーとしては、いつも言うように、翻訳会社やクライアントの指示・用語集に従うというスタンスででしょうか?

このレベルのことで貴重な時間と労力を使わず、どんどん前に進めましょう。

 

イートモ対訳については基本的に「生理食塩液」に統一しました。

どうも日本薬局方の記述が昔の版から変わったような気がします。

今はだれでも容易に日本薬局方の和文も英文も見ることができるので、もう少し調べた上で、日本薬局方の対訳をイートモから削除するかもしれません。

 

英文 和文
a 50 micromolar (µM) solution of Drug A in normal saline 生理食塩液で調製した薬剤Aの50µM溶液
A method for studying the renal action of AVP in the saline-infused conscious unrestrained rat is described. 生理食塩液が点滴静注された意識のある非拘束ラットを対象に、AVPの腎臓に対する作用を検討するための方法について記載する。
After 3 hours, the dressing was removed, excess cream was cleaned off gently with saline solution, and illumination performed immediately. 3時間後、包帯をはずし、余分なクリームを生理食塩液で穏やかに取り除き、すぐに光照射を行った。
All drugs were prepared daily in saline and kept on ice during the course of the experiments. いずれの薬剤も生理食塩液で毎日調製し、これらの実験の期間中、氷冷保管した。
Compound A was dissolved in ethanol/emulphor/saline (1:1:10). 化合物Aはエタノール・エマルフォー・生理食塩液(1:1:10)に溶解させた。
Control animals received intravenous saline at the same volume as Drug A-treated animals. 対照動物には、薬剤A投与動物と同じ容量で生理食塩液を静脈内投与した。
Drug A elicited a response similar to that elicited by the injection of saline. 薬剤Aは生理食塩液の注射によって誘発される反応と同様の反応を誘発した。
Drug A should be diluted in 0.9% saline to a concentration specified in the protocol and should be administered using a 1.2 µM in-line filter and an infusion pump. 薬剤Aは0.9%生理食塩液で治験実施計画書に規定された濃度に希釈し、1.2µMインラインフィルター及びインフュージョンポンプを用いて投与する。
Drug A was made into a stock solution at 25 mg/ml in sterile phosphate-buffered saline. 薬剤Aは、無菌のリン酸緩衝生理食塩液で25mg/mlの原液とした。
Following dilution in 0.9% saline to concentrations of 0.2 to 3.0 mg/mL, the solution can be stored in i.v. bags for several hours at room temperature or refrigerated overnight at 2 to 8 deg C without loss of protein concentration or product stability. 0.9%生理食塩液で0.2~3.0mg/mLの濃度に希釈した後、当該溶液は輸液バッグに入れたとき、タンパク質濃度の低下や製品安定性の低下を示すことなく、室温では数時間、2~8℃の冷蔵では一晩保管することができる。
For administration to the patient, this solution must be infused into a running stream of 0.9% Sodium Chloride Injection USP (normal saline) through the Y site of an IV line. 患者に投与する際、この溶液を点滴ラインのYサイト《Y字型混注口》から米国薬局方0.9%塩化ナトリウム注射液(生理食塩液)の流れに合流させる。
Four hours after permanent middle cerebral artery occlusion, marmosets received a bolus of saline or Drug A. 中大脳動脈の永久閉塞から4時間後、マーモセットに生理食塩液又は薬剤Aをボーラス投与《急速投与》した。
Half of these animals were treated with Drug A at a dose of 10 mg/kg, and the remaining animals were treated with saline. これらの動物のうち半数には薬剤Aを10mg/kgの用量で投与し、残りの動物には生理食塩液を投与した。
Hemoglobin was dissolved in phosphate buffered saline, bubbled with oxygen for 3 minutes, reduced with 10 M sodium dithionite, and subsequently bubbled with oxygen for an additional 10 minutes. ヘモグロビンをリン酸緩衝生理食塩液に溶解し、酸素を3分間通気し、10M亜ジチオン酸ナトリウムで還元処理し、その後、酸素をさらに10分間通気した。
Immediately after decapitation, the brain was removed, rinsed with saline, and weighed. 断頭の直後、脳を取り出し《摘出し》、生理食塩液で洗浄後、重量を測定した。
Immediately flush the excised blood vessel with physiological saline or Ringer's solution and immediately submerge the blood vessel in 10% neutral, buffered formalin. 摘出した血管はすぐに生理食塩液又はリンゲル液で洗い流し、すぐに血管を10%中性緩衝ホルマリンに浸す。
In the present study, the effect of bupropion was examined in rats trained to discriminate the stimulus effect of nicotine from saline in a two-lever drug discrimination task. 本試験では、2レバー型薬物弁別課題でニコチンの刺激作用を生理食塩液と弁別するように訓練されたラットを用いてブプロピオンの作用を検討した。
It is advisable to administer the epirubicin hydrochloride solution via the tubing of an intravenous saline infusion after checking that the needle is properly placed in the vein. この塩酸エピルビシン溶液は、注射針が静脈に適切に入っていることをチェックした後、生理食塩液の点滴チューブを介して投与するのが賢明である。
Livers were surgically removed, rinsed in phosphate-buffered saline, and homogenized using a tissue homogenizer. 肝臓を外科的に摘出し、リン酸緩衝生理食塩液で洗い流した後、組織ホモジナイザーを用いてホモジナイズした。
Osmotic minipumps were implanted, providing 48-hour saline or drug infusion. 浸透圧ミニポンプを植込み、生理食塩液又は薬剤を48時間点滴静注した。
Osmotic pressure ratio (to physiological saline) 浸透圧比(対生理食塩液)
Other tissues were rinsed with saline, weighed and placed into individual sample tubes containing 2 ml of ice-cold phosphate buffer. 他の組織は生理食塩液で洗い流し、重量測定後《秤量後》、氷冷リン酸緩衝液2mlの入ったサンプルチューブに入れた。
Perfusion with physiological saline and topical application of dimethyl sulphoxide are used with varying success. 生理食塩液の灌流及びジメチルスルホキシドの局所投与が用いられているが、成果にはばらつきはある。
Platelet-rich plasma (PRP) was added to each cuvette and made up to a final volume of 0.5 ml with phosphate buffered saline (PBS). 多血小板血漿(PRP)を各キュベットに加え、リン酸緩衝生理食塩液(PBS)で最終容量を0.5mlとした。
Saline should be used to flush the IV line or extension set at the end of the infusion. 点滴静注の終了時、生理食塩液を用いて輸液ライン又はエクステンションセット《延長セット》を洗い流す。
Saline-treated animals had a debilitating spatial neglect at 3 weeks with residual signs evident at 10 weeks. 生理食塩液が投与された動物は3週後に空間無視の悪化を示し、10週後にも徴候が残っていた。
Set the rate of the normal saline to at least 50 mL/hour and begin the flow. 生理食塩液の流速《流量》を50mL/時間以上に設定し、フローを開始する。
Stability studies indicate that following dilution in 0.9% saline to concentrations of 0.2 to 3.0 mg/mL, the solution can be stored in i.v. bags for several hours at room temperature or refrigerated overnight at 2 to 8 deg C without loss of protein concentration or product stability. 安定性試験が示すように、0.9%生理食塩液で希釈して0.2~3.0mg/mLの濃度とした後、当該溶液を輸液バッグに入れ、室温で保管したときには数時間あるいは2~8℃で冷蔵保管したときには一晩、タンパク質濃度の低下や製品安定性の低下は認められない。
Ten subjects received a single subcutaneous injection of Drug A plus an intravenous infusion of saline. 被験者10例は、薬剤Aの単回皮下注射及び生理食塩液の点滴静注を受けた。
The 6 subjects in the treatment group each received 0.1 mg of Drug A per kilogram of body weight, infused at a rate of 2 mg per minute; the remaining 2 subjects received a similar volume of saline. この投与群の被験者6例のそれぞれには、体重1kgあたり薬剤A 0.1mgが2mg/分の速度で点滴静注され、残りの被験者2例には同等の容量の生理食塩液が投与された。
The benzyl alcohol in the bacteriostatic saline acts as a local anesthetic which may ameliorate SC injection site discomfort. 静菌的生理食塩液に溶解したベンジルアルコールは局所麻酔薬として作用し、皮下注射時の不快感を和らげる《軽減する》。
The dosing solution was composed of unlabeled Drug A and 33P-labeled Drug A formulated in phosphate-buffered saline to a final concentration of 1 mg/ml. この投与液は非標識薬剤Aと33P標識薬剤Aで構成され、リン酸緩衝生理食塩液で最終濃度が1mg/mlになるように調製した。
The funnel was rinsed with 1 ml of heparinized saline, which was collected into the same centrifuge tube. 漏斗をヘパリン加生理食塩液1mlで洗い流し、その液を同じ遠心分離管《遠心管》に集めた。
The gastric perfusion was then implemented with physiological saline at 0.5 mL/min. 次に、生理食塩液を用い0.5mL/minで胃灌流を実施した。
The high dose of Drug A did not induce more abstinence-like signs than saline alone. 薬剤Aの高用量投与が生理食塩液の単独投与よりも多くの禁断様症状を誘発することはなかった。
The IV bag and line must be flushed with 30 mL of saline at the end of the infusion. 輸液バッグと輸液ラインは点滴静注の終了時に30mLの生理食塩液で洗い流すこととする。
The osmotic pressure ratio (to physiological saline) is approx. 3. 浸透圧比(対生理食塩液)は約3である。
The patient was diagnosed with Grade 2 dehydration and treated with intravenous saline in addition to interruption of glyburide and insulin. 当患者はグレード2の脱水症と診断され、グリブリド及びインスリンを投与中断することに加えて、生理食塩液の静脈内投与で治療された。
The recommended dose is 50 mg/50 ml physiological saline, administered through a sterile catheter. 推奨用量は生理食塩液50mlにつき50mgで、無菌カテーテルを通して投与する。
The removed plasma is replaced with albumin and saline. 取り除いた血漿の代わりにアルブミン及び生理食塩液を補充する。
The six subjects in the treatment group each received 0.1 mg of Drug A per kilogram of body weight, infused at a rate of 2 mg per minute; the remaining two subjects received a similar volume of saline. 各投与群の被験者6例には体重1kgあたり薬剤A 0.1mgが2mg/分の速度で点滴静注され、残りの被験者2例には同じ容量の生理食塩液が投与された。
The solution was diluted up to a volume of 1.0 mL with saline. この溶液は生理食塩液で1.0mLの容量まで希釈した。
This product is a sterile, clear, biocompatible, viscoelastic fluid composed of cross-linked sodium hyaluronate in phosphate buffered saline. 本品は、リン酸緩衝生理食塩液で調製した架橋ヒアルロン酸ナトリウムを成分とする無菌かつ透明で、生体適合性がある粘弾性の液体である。
To investigate whether leptin enhances the anorexic effects of Compound A, rats received either saline or leptin before intraperitoneal injection of Compound A. レプチンが化合物Aの食欲抑制作用を強化するかどうかを検討するため、化合物Aの腹腔内注射の前にラットに対して生理食塩液又はレプチンのどちらかを投与した。
To make sure that the vein is properly flushed after drug administration, it is advisable to give the drug via tubing of a freely running saline infusion after checking that the needle is properly placed in the vein. 薬剤の投与後に静脈が十分に洗い流されるように、注射針が静脈内に正しく入っていることをチェックした上で、生理食塩液が自由に流れる点滴チューブから本剤を投与することが望ましい。
Twenty nicotine-dependent rats were injected in the third ventricle with Drug A in saline or with saline alone and observed for abstinence signs over a 30-minute period. ニコチン依存のラット20匹に対して生理食塩液で調製した薬剤Aあるいは生理食塩液を単独で第3脳室に注射し、30分間にわたって禁断症状の有無を観察した。
Use 0.9% saline solution to flush IV line at the end of infusion. 点滴静注の終了時、0.9%生理食塩液を用いて輸液ラインを洗い流す。
Usually for adults, Drug A is undiluted or diluted with isotonic sodium chloride solution, glucose injection or other diluent, and administered intravenously at a dose of 10 µg/kg, gradually over 5 min, and then drip-infused intravenously at a rate of 0.1-0.5 µg/kg/min. 通常、成人には、薬剤Aを希釈せずに、あるいは生理食塩液、ブドウ糖注射液、その他の希釈液で希釈し、10µg/kgの用量で5分間かけてゆっくりと静脈内投与し、その後、0.1~0.5µg/kg/分の速度で点滴静注する。
In the second stage of the study, a single dose of normal saline or 10 mg/kg Drug A was intravenously administered to animals surviving the first stage. 本試験の第2段階では、第1段階の生存動物に対して生理食塩液又は薬剤A 10mg/kgを単回静脈内投与した。
Male rhesus monkeys were allowed to self-administer cocaine (≥ 4 days), and saline was substituted for cocaine (≥ 4 days). 雄アカゲザルにコカインを自己投与させ(4日間以上)、コカインに代わって生理食塩液を与えた(4日間以上)。
To evaluate delayed type hypersensitivity (DTH), vaccine antigens or normal saline was subcutaneously administered on Day 30 or Days 35 and 60. 遅延型過敏反応(DTH)を評価するため、ワクチン抗原又は生理食塩液を30日目又は35日目及び60日目に皮下投与した。
When necessary, the product should be diluted with normal saline or 5% glucose solution for injection. 必要に応じて、本品は生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液で希釈する。
Male rats were trained to discriminate morphine hydrochloride from saline and then given a single oral dose of Drug A 0.1 or 0.3 mg/kg/day. 塩酸モルヒネと生理食塩液を弁別するように雄ラットを訓練し、その後、薬剤A 0.1又は0.3mg/kg/日を単回経口投与した。
The affected area was incised and washed with normal saline. 患部を切開し《開創し》、生理食塩液で洗浄した。
The mean difference in the distance traveled by Evans blue between the vehicle group and the vehicle + saline group was taken as 100%. 溶媒群と溶媒+生理食塩液群におけるエバンスブルー移動距離の群間差の平均値を100%とした。
Five days after the first dose, phosphate-buffered saline containing [3H]-Drug A was administered via the tail vein, and radioactivity in the auricular lymph nodes was determined. 初回投与の5日後、[3H]標識薬剤Aを含むリン酸緩衝生理食塩液を尾静脈から投与し、耳介リンパ節の放射能を測定した。

 

 

2019年8月25日 (日)

『閉塞塗布』

日本全国のイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

引き続きざ瘡(ニキビ)治療薬の文書をイートモ用に対訳化・編集しています。

皮膚科関係ですから、「閉塞塗布」なんて表現も出てくるわけです。

「閉塞塗布」の対訳はイートモに収録されているだろうと思っていたら、そうではなかったようです。

 

以下の9件の対訳を作成し、イートモの「対訳収録用ファイル」に収録しました。

 

Heisokutofu

 

次期イートモ(6.4)から見られるようになります。

 

 

 

2019年8月 5日 (月)

「未変化体」

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の作成や見直しをしているといろいろな気付きがあります。

今日は「未変化体」。

医薬系翻訳をしている人にとっては「未変化体」という日本語もその英訳のしかたも簡単すぎることです。

初歩中の初歩。

 

ライフサイエンス辞書で調べると、

Mihenkatai

正しいのですが、名詞形でしか載っていない。

しかも、コーパスには1例のみ。

医療従事者とか研究者に向けたものなんでしょう。

 

Google先生で調べると、対訳形式になっていると言えば、

Mihenkatai1

こんな感じ。

医学翻訳フリーランサーの役には立たないですね。

勝手に提示しておいてなんだけど、参考にしたらアウト。

 

英辞郎さんのほうがマシ。

Mihenkatai21

 

有名なこちらのサイトやウィキペディアなどでていねいに説明してくれるけど、正直言って医学翻訳フリーランサーとしては、理論などを詳しく知ることは大事なんですが、それよりも「ちゃちゃっと訳して、とっとと金にしたい」というのが本音では?

少なくともMedical Translator NARITAは現役時代そんな奴でした。そんな奴が作成しているのがイートモ。

Kenshoen_20190804122401

 

イートモで「未変化体」を検索してみました。

98件のセンテンスベース対訳がヒットしました。

 

推敲が終わったので、以下に紹介します。

 

参考にする場合には自己責任で。

実際のイートモの表示画面のサンプルはこちら

 

英文

和文

(Dose-normalized AUC of unchanged Drug A after oral administration/dose-normalized AUC of unchanged Drug A after intravenous administration) × 100

(経口投与後における薬剤A未変化体の用量補正AUC/静脈内投与後における薬剤A未変化体の用量補正AUC)×100

After a single oral dose of 10 mg of Drug A to 5 healthy adults while fasting, very small amount of the unchanged drug was excreted in the urine up to 24 hours after administration, with less than 1.0% of the given dose being excreted in all cases.

健康成人5例に薬剤A 10mgを空腹時に単回経口投与後、この未変化体は投与24時間後までに非常に少量が尿中に排泄され、すべての症例で投与量の1.0%未満が排泄された。

After oral administration of Drug A, systemic exposure to Metabolite A was on average about 10-fold higher than the exposure to the unchanged drug (on the basis of molar concentrations).

薬剤Aの経口投与後、代謝物Aの全身曝露量は未変化体の曝露量よりも平均で約10倍大きかった(モル濃度基準《換算》)。

All of these metabolites possess retinoid activity that is more than that of the unchanged drug.

これらの代謝物のすべてがレチノイド作用を持っており、未変化体のものよりも強い。

Although substantial exposure was achieved in all animal species used in toxicity studies, based on dose-normalized Cmax and AUC values, humans were exposed to higher levels of unchanged Drug A per unit dose than animals.

毒性試験に用いたすべての動物種で大きな曝露量となったが、用量補正したCmax値及びAUC値を基準にすると、単位用量あたりの薬剤A未変化体の曝露量はヒトのほうが動物よりも大きかった。

Although the extent of absorption varied in different animal species, it was of little clinical significance as the oral bioavailability of Drug A in humans is estimated to be 70%, based on the urinary recovery of unchanged Drug A.

吸収の程度には動物種によってばらつきがあったが、ヒトにおける薬剤Aの経口バイオアベイラビリティは薬剤A未変化体の尿中回収量に基づき70%と推定されるので、このばらつきは臨床的にほとんど問題になるものではなかった。

Approximately 35% to 50% of Drug A is excreted unchanged in the urine.

薬剤Aの約35~50%が尿中に未変化体として排泄される。

Approximately 50% of the dose was recovered as unchanged penicillin in the urine during the first 6 hours after administration.

投与量の約50%が投与後の最初の6時間にペニシリン未変化体として尿中に排泄された《回収率》。

Approximately 70% of Drug A was excreted as unchanged drug in the urine.

薬剤Aの約70%は未変化体として尿中に排泄された。

Approximately 80% of the dose is excreted in the urine either as glucuronides of Drug A or as unchanged Drug A.

投与量の約80%が薬剤Aのグルクロン酸抱合体又は薬剤A未変化体として尿中に排泄される。

Biliary excretion of unchanged Drug A was not observed in rat and was less than 5% in human.

薬剤A未変化体の胆汁中排泄はラットでは認められず、ヒトでは5%未満であった。

Both renal and non-renal mechanisms are involved in Drug A elimination, with renal elimination of unchanged drug as the primary pathway.

腎性及び非腎性の両方の機序が薬剤Aの排出に関与しており、未変化体の腎排出が主要な経路である。

changes in plasma concentration of the unchanged drug after single intravenous administration of Drug A to healthy adult male subjects

健康成人男性被験者に対する薬剤Aの単回静脈内投与後における血漿中未変化体濃度の推移

Cmax and AUC0-24h of unchanged Drug A increased as the number of repeated doses increased and reached a steady state at Week 10.

薬剤A未変化体のCmax及びAUC0-24hは反復投与の回数が増加するにつれて上昇し、10週目に定常状態に達した。

Coadministration with cyclosporine increased the Cmax and AUC0-inf of unchanged Drug A by 1.5-fold and 2.0-fold, respectively, compared with oral administration of Drug A alone, whereas there were no major differences in the incidence of adverse events between Drug A with and without cyclosporine.

シクロスポリンとの併用投与により、薬剤A未変化体のCmax及びAUC0-infは薬剤Aの単独経口投与と比較してそれぞれ1.5倍及び2.0倍高かったのに対して、有害事象の発現率には薬剤Aとシクロスポリンの併用及び非併用の間で大きな差がなかった。

Collection of plasma samples near the time of the ECG measurement is encouraged to permit an exploration of the relationship between unchanged drug and active metabolite concentrations and any resulting ECG changes.

未変化体及び活性代謝物の濃度と心電図変化の関係について探求できるように、心電図測定時点の近くで血漿試料の採取を積極的に行うこととする。

Compound A shows little toxicity and is eliminated from the body intact by either the kidneys or in the faces.

化合物Aは毒性をほとんど示さず、腎臓を介してあるいは糞中に未変化体として体内から排出される。

Drug A activity is primarily due to the unchanged drug.

薬剤Aの作用は主に未変化体に由来する《作用の本体》。

Drug A is both excreted in the urine intact and extensively metabolized to four major metabolites.

薬剤Aは尿中に未変化体としても排泄されるし、著しく代謝されて4種類の主要代謝物にもなる。

Drug A is eliminated predominantly by hepatic metabolism with little unchanged drug recovered in the urine and feces.

薬剤Aは主に肝代謝によって排出され、未変化体は尿中及び糞中にほとんど排泄されない《回収されない》。

Drug A is predominantly eliminated by the kidney, with urinary recovery of unchanged drug at steady state ranging from 60% to 80% of the administered dose.

薬剤Aは主に腎臓によって排出され、定常状態における未変化体の尿中回収率は投与量の60~80%の範囲であった。

Drug A is primarily eliminated through the kidneys as unchanged drug in the urine in all species, including humans.

薬剤Aは、ヒトを含むすべての動物種において主に腎臓から未変化体として尿中に排出される。

Drug A is well absorbed and is extensively metabolized in humans, with less than 5% of the dose excreted unchanged in urine and feces.

薬剤Aはヒトにおいて吸収が良好で、大幅に代謝され、尿中及び糞中に未変化体として排泄されるのは投与量の5%未満である《排泄率》。

Excretion of intact Drug A represents only a few percent of the dose.

薬剤A未変化体の排泄は投与量の数パーセントにすぎない。

Excretion of the unchanged drug in the urine accounted for 70% to 80% of the dose within 48 hours after administration.

この未変化体の尿中排泄は投与後48時間以内に投与量の70~80%を占めた。

Excretion of unchanged Drug A in urine or bile was minor in rats, accounting for ≤ 15% of either intravenous or oral doses.

薬剤A未変化体の尿中排泄又は胆汁中排泄はラットにおいて少なく、その割合は静脈内投与量又は経口投与量の15%以下であった。

Figure 1 shows the counts per minute per band of unchanged Drug A in the kidney and others at 48 hour after administration.

図1には投与48時間後の腎臓等における薬剤A未変化体の各バンドのカウント毎分《cpm》を示す。

Following a single oral dose (2 mg/kg) or intravenous dose (0.5 mg/kg) of 14C-Drug A to rats, the absolute bioavailability of unchanged Drug A was 10.0% and the absorption rate of the radioactivity was 90.0%.

ラットに14C標識薬剤Aを単回経口投与(2mg/kg)又は単回静脈内投与(0.5mg/kg)したとき、薬剤A未変化体の絶対バイオアベイラビリティは10.0%、放射能の吸収率は90.0%であった。

Following a single oral dose of 14C-labeled Drug A to lactating rats, 14C radioactivity was rapidly and extensively transferred into the milk and essentially consisted of unchanged Drug A.

授乳中のラットに14C標識薬剤Aを単回経口投与したとき、14C放射能は速やかかつ大量に乳汁中に移行し、ほとんどが薬剤A未変化体に由来するものであった。

Following a single oral dose of 2 mg/kg of 14C-Drug A to rats, the percentage of AUC of unchanged Drug A to that of the radioactivity in the plasma and gastric wall was 1.0% and 60.0%, respectively.

ラットに14C標識薬剤A 2mg/kgを単回経口投与したとき、薬剤A未変化体のAUCの血漿中及び胃壁中の放射能AUCに対する割合はそれぞれ1.0%及び60.0%であった。

Following administration of 14C-labeled Drug A, plasma radioactivity, expressed as a percent of the administered dose, was present primarily as intact Drug A.

14C標識薬剤Aの投与後、血漿中放射能を投与量に対する割合として表したところ、主に薬剤A未変化体として存在していた。

Following intravenous administration of 14C-Drug A, approximately 75% of the dose was excreted unchanged in the feces while less than 20% was recovered in the urine.

14C標識薬剤Aの静脈内投与後、投与量の約75%が未変化体として糞中に排泄され、20%未満が尿中に排泄された。

Following single doses of Drug A to healthy Japanese subjects, 3.5% to 6.0% of dose was excreted as unchanged Drug A in urine.

薬剤Aを健康な日本人被験者に単回投与したとき、投与量の3.5~6.0%が未変化体として尿中に排泄された。

Gel electrophoresis of radioactivity in the spleen showed that approximately 90% of the radioactivity represented intact drug.

脾臓の放射能のゲル電気泳動により、その放射能の約90%は未変化体のものであることが示された。

In man, less than 1% of the dose administered is excreted unchanged in the urine.

ヒトでは、投与量の1%未満が未変化体として尿中に排泄される《尿中排泄率》。

In plasma, [14C]-Drug A predominantly existed unchanged.

血漿中において[14C]標識薬剤Aは主に未変化体として存在した。

In rats, unchanged Drug A and its metabolites are mainly excreted in feces through the bile.

ラットでは、薬剤A未変化体及びその代謝物は主に胆汁を介して糞中に排泄される。

In the 30-day repeated oral dose study, the AUC0-24h and Cmax of unchanged Drug A increased in a dose-proportional manner over the dose range of 1 to 3 mg/kg/day and increased more than dose-proportionally over the dose range of 3 to 30 mg/kg/day.

この30日間反復経口投与試験において、薬剤A未変化体のAUC0-24h及びCmaxは1~3mg/kg/日の用量範囲で用量比例性に上昇し、3~30mg/kg/の用量範囲で用量比を上回る上昇を示した。

In the bile duct cannulated rat, unchanged drug was the major component in bile and feces after intravenous administration, suggesting the possible presence of enterohepatic circulation.

胆管カニューレ挿入ラットでは、未変化体が静脈内投与後の胆汁中及び糞中における主要成分であったことから、腸肝循環の存在が示唆された。

In the rat blood after intravenous and oral dosing, Compound A was the main metabolite amounting to 50% of the AUC, followed by unchanged Drug A, Metabolite A, and numerous minor metabolites.

静脈内投与後及び経口投与後のラット血液中において、化合物AがAUCの50%に達する主要代謝物で、次いで薬剤A未変化体、代謝物A、多数の微量代謝物の順であった。

Integration of the peak from the liver sample indicated that it represented 95% to 100% intact 33P-Drug A.

この肝臓試料に由来するピークを合計したところ、その値は33P標識薬剤A未変化体の95~100%に相当することが示された。

It could not be determined whether the radioactivity represented intact Drug A in the brain and skeletal muscle, because of the low concentration of radioactivity.

脳及び骨格筋では放射能濃度が低かったため、その放射能が薬剤A未変化体を反映するものかどうかを確認することができなかった。

Less than 10% of the dose is excreted in the urine as either unchanged drug or metabolites.

投与量の10%未満が未変化体又は代謝物として尿中に排泄される《尿中排泄率》。

Less than 10% of the radiolabeled dose was recovered as unchanged drug in urine.

放射能標識した投与量の10%未満が尿中に未変化体として排泄された《尿中回収率》。

Little or no unchanged Drug A was excreted in urine in any species including human, which suggested that renal clearance of Drug A was insignificant.

ヒトを含むいずれの動物種でも尿中に薬剤A未変化体はほとんど排泄されないか、まったく排泄されなかったことから、薬剤Aの腎クリアランスは大きくないと考えられた。

Mean concentrations of unchanged Drug A were maximal at 30 minutes post-dose and accounted at that time for approximately 90% of plasma total radioactivity.

薬剤A未変化体の平均濃度は投与30分後に最高値となり、その時点で血漿中の総放射能量の約90%を占めた。

Metabolite A accumulated more in plasma than the unchanged drug as was expected from its flat plasma concentration-time profile observed after single administration.

代謝物Aは、単回投与後の平坦な血漿中濃度・時間プロファイルから予想されたとおり、血漿中に未変化体よりも多く蓄積した。

No unchanged Drug A was recovered in the urine, but its metabolite represented 70% of total radioactivity excreted in the urine.

薬剤Aの未変化体は尿中に排泄されなかったが、その代謝物は尿中に排泄された総放射能の70%に相当した。

On the mass chromatograms, in addition to the unchanged Drug A, its desmethyl metabolite, and N-methyl derivative and glucuronide conjugates of the desmethyl metabolite were detected.

マスクロマトグラム上では、薬剤A未変化体に加えて、その脱メチル代謝物、さらに脱メチル代謝物のN-メチル体及びグルクロン酸抱合体が検出された。

On the other hand, AUC was 3-fold higher for Metabolite A than for the parent drug in mice and similar or slightly lower in dogs and monkeys.

一方、AUCはマウスにおいて代謝物Aのほうが未変化体よりも3倍高く、イヌ及びサルにおいて同程度又はわずかに低かった。

Over the same period, only 10% to 15% of the dose is excreted in the urine as unchanged drug or metabolites.

同じ期間に、投与量の10~15%だけが未変化体又は代謝物として尿中に排泄される。

Pharmacological activity resides in the parent drug.

薬理作用は未変化体に存在する《薬理作用の本体は未変化体である》。

Plasma concentrations of Drug A were determined with a validated HPLC with fluorescence detection method specific for unchanged drug.

薬剤Aの血漿中濃度は、バリデーション済み《検証済み》のHPLC及び未変化体に特異的な蛍光検出法で測定した。

Plasma concentrations of unchanged Drug A and its metabolites were determined by high performance liquid chromatography/tandem mass spectrometry (LC/MS/MS).

薬剤A未変化体及びその代謝物の血漿中濃度は高速液体クロマトグラフィー・タンデム質量分析(LC/MS/MS)で測定した。

Plasma concentrations of unchanged Drug A reached a steady-state within 2 days, and the AUC0-inf and Cmax increased in an almost dose-proportional manner.

薬剤A未変化体の血漿中濃度は2日間以内に定常状態に到達し、AUC0-inf及びCmaxはほぼ用量比例性に上昇した。

Regardless of the route of administration, exposure to the parent drug and its major metabolites should be similar to or greater than that achieved in humans.

投与経路に関係なく、未変化体及びその主要代謝物の曝露量はヒトの場合と同等であるか、それ以上でなければならない。

Relative to unchanged Drug A, all metabolites showed less potent binding affinities and antagonistic activities against opioid receptors.

薬剤A未変化体と比較して、いずれの代謝物もオピオイド受容体に対する結合親和性は弱く、拮抗作用も弱かった。

Renal clearance was negligible, since less than 1% of the administered dose was excreted in the urine as unchanged Drug A.

薬剤A未変化体として尿中に排泄されたのは投与量の1%未満であったことから、腎クリアランスは無視できる程度であった。

Sixty-five percent of the dose is excreted in the urine as unchanged drug.

投与量の65%は尿中に未変化体として排泄される。

Subsequently, the conjugates and possibly unchanged Drug A are eliminated with the bile, most probably by active canalicular transport.

その後、これらの抱合体だけではなくおそらく薬剤Aの未変化体も胆汁とともに排出されるが、これは能動的な毛細胆管輸送によるものと考えられる。

Table 1 and Table 2 show the plasma pharmacokinetic parameters of unchanged Drug A and its metabolites following once-daily oral administration of Drug A for 30 days or 9 months in male and female dogs.

表1及び表2には、雌雄イヌに対して薬剤Aを1日1回で30日間又は9ヵ月間経口投与したときの薬剤A未変化体及びその代謝物の血漿中薬物動態パラメータを示す。

The activity of the major metabolite was almost the same as or weaker than that of parent drug.

この主要代謝物の活性は未変化体とほぼ同じあるいは未変化体よりも弱かった。

The amount of Drug A excreted as unchanged drug into the feces ranged from 60% of the dose in the monkey to 80% of the dose in the rat.

糞中に未変化体として排泄された薬剤Aの量は、サルにおける投与量の60%からラットにおける投与量の80%までの範囲に及んだ。

The amounts of Drug A that remained unchanged in the reaction mixture containing the microsomes expressing CYP1A1, 3A4, and 3A5 were 3.0%, 40.0%, and 60.0%, respectively, of those with control microsomes expressing no CYP.

CYP1A1、3A4、3A5発現ミクロソームを含む反応混合液に薬剤Aが未変化体のまま残った量は、CYPを発現していない対照ミクロソームにおける量のそれぞれ3.0%、40.0%、60.0%であった。

The applicant explained that the inhibitory effect of M-I and M-II was ≤ 1/100 of that of unchanged Drug A and that the metabolites were unlikely to contribute to the clinical efficacy.

申請者は、M-I及びM-IIの阻害作用は薬剤A未変化体の1/100以下であること、これらの代謝物が臨床的有効性に寄与する可能性は低いことを説明した。

The applicant explained that unchanged Drug A and its metabolites crossed the placenta and were transferred to the fetus.

申請者は、薬剤A未変化体及びその代謝物は胎盤を通過し、胎児に移行することを説明した。

The applicant explained that unchanged Drug A or its metabolites have melanin affinity.

申請者は、薬剤A未変化体又はその代謝物はメラニン親和性を有することを説明した。

The bioavailability, calculated as the oral vs. intravenous ratio of the AUC values of unchanged Drug A, was 50%.

薬剤A未変化体のAUC値の経口投与/静脈内投与比として算出したバイオアベイラビリティは50%であった。

The clearance of the unchanged drug from plasma was calculated by dividing the dose by the AUC.

この未変化体の血漿からのクリアランスは投与量をAUCで割って算出した。

The concentrations of Metabolite A in the systemic circulation following single oral doses of Drug A were comparable to those of the unchanged drug.

薬剤Aの単回経口投与後、体循環における代謝物Aの濃度は未変化体の濃度と同等であった。

The conjugates of Drug A and its metabolites may be transferred via bile into the intestine, where they may be hydrolyzed by intestinal enzymes to their hydroxy metabolites and reabsorbed or excreted in feces as parent Drug A or hydroxylated metabolites of Drug A.

薬剤Aとその代謝物の抱合体は胆汁を介して腸内に輸送され、そこで腸内酵素によって加水分解されてヒドロキシ代謝物となり、再吸収されるか、あるいは薬剤Aの未変化体又はヒドロキシ化代謝物として糞中に排泄されると考えられる。

The elimination of the unchanged drug from the plasma after intravenous injection occurred in 2 phases with half-lives of 10 minutes at α phase and 60 minutes at β phase.

静注後の血漿中からの未変化体の排出は2相性を示し、半減期はα相で10分、β相で60分であった。

The lower limit of quantification (LLOQ) in rat plasma was 0.5 ng/mL for unchanged Drug A and 0.1 ng/mL for Metabolite A.

ラット血漿中における定量下限値(LLOQ)は、薬剤A未変化体が0.5ng/mL、代謝物Aが0.1ng/mLであった。

The lower limit of quantitation of unchanged Drug A was 0.1 ng/mL.

薬剤A未変化体の定量下限は0.1ng/mLであった。

The majority of the fecal recovery was unchanged Drug A (about 25% for either an oral or intravenous dose).

糞中回収量の大半は薬剤A未変化体であった(経口投与及び静脈内投与のどちらも投与量の約25%)。

The measurements in dialysate of the unchanged drug and most metabolites were below the expected MICs.

透析液中における未変化体及びほとんどの代謝物の測定値は予想MIC値よりも低かった。

The multiphasic elimination pattern in dogs is not presumed to be caused by enterohepatic circulation because the unchanged drug was not detected in the bile in a rat study.

イヌにおけるこの多相性消失パターンは、ラット試験で未変化体が胆汁中に検出されなかったことから、腸肝循環に起因するものではないと推察される。

The predominant circulating component after intravenous and oral administration of [3H]-Drug A was the unchanged Drug A, accounting for 90% and 95% of the total AUC.

[3H]標識薬剤Aの静脈内投与後及び経口投与後、循環血液中の主な成分は薬剤A未変化体で、総AUCの90%及び95%を占めた

The radioactivity concentrations (unchanged Drug A equivalent) in the plasma and gastric wall at 5 hours post-dose were 1 ng eq./mL and 1000 ng eq./g, respectively.

投与5時間後における血漿中及び胃壁中の放射能濃度(薬剤A未変化体換算)はそれぞれ1ng eq./mL及び1000ng eq./gであった。

the time course of QT interval prolongation in relation to plasma concentrations of the parent drug and any active metabolites

QT間隔延長の経過と未変化体及び活性代謝物の血漿中濃度の関係

The total urinary recovery was 35% with unchanged Drug A accounting for 20% of the dose.

総尿中排泄率《回収率》は35%で、薬剤A未変化体が投与量の20%を占めた。

The unchanged drug is present only in low amounts.

この未変化体は少量が存在するにすぎない。

Total recovery in urine and feces of unchanged Drug A accounted for 96% to 98% of oral and intravenous doses.

薬剤A未変化体の尿中及び糞中における総排泄量《回収量》は、経口投与量及び静脈内投与量の96~98%を占めた。

Unchanged Drug A accounted for 10.0% and 20.0% of the radioactivity in plasma and milk, respectively, at 1 to 24 hours post-dose.

投与1~24時間後における血漿中及び乳汁中の放射能に占める薬剤A未変化体の割合はそれぞれ10.0%及び20.0%であった。

Unchanged Drug A accounted for 35% of total radioactivity excreted in the urine, and its main metabolite, a cysteine conjugate, accounted for 40%.

薬剤A未変化体は尿中に排泄された総放射能の35%を占め、その主要代謝物であるシステイン抱合体は40%を占めた。

Unchanged Drug A accounted for 5% of the dose, the remainder being metabolites.

薬剤A未変化体が投与量の5%を占め、残りは代謝物であった。

Unchanged Drug A accounts for 90% of the recovered radioactivity from plasma and for 70% of the area under the curve.

薬剤A未変化体は、血漿から回収された放射能の90%、曲線下面積の70%を占めた。

Unchanged Drug A is the major molecular species present in feces.

薬剤A未変化体が糞中に存在する主要な分子種である。

Unchanged Drug A was the major component of tissue radioactivity at all sampling times after oral and intravenous administration.

薬剤A未変化体が、経口投与後及び静脈内投与後のすべての試料採取時点における組織中放射能の主要な成分であった。

Unchanged Drug A was the major molecular species in feces, accounting for a mean of 70% of the administered dose, followed by Metabolite A and Metabolite B.

薬剤A未変化体が糞中の主要な分子種で、投与量の平均70%を占め、代謝物A及び代謝物Bが続いた。

Unchanged drug concentrations in plasma were determined by liquid chromatography tandem mass spectrometry (LC-MS/MS).

血漿中の未変化体濃度は液体クロマトグラフィー・タンデム質量分析法(LC-MS/MS)で測定した。

Urinary excretion was the predominant route of elimination with unchanged Drug A representing 50.0% of the dose.

尿中排泄が主な排出経路で、薬剤A未変化体が投与量の50.0%を占めた。

Virtually no unchanged Drug A was detected in the urine of these species, indicating no contribution by renal clearance to the total body clearance of the drug.

薬剤A未変化体はこれらの動物種の尿中にほとんど検出されなかったことから、本剤の全身クリアランスに腎クリアランスは寄与《関与》していないことが示された。

When 3H-Drug A was given to patients with normal renal function, urinary excretion rate was 10%, and the unchanged drug accounted for 0.1% of the dose.

3H標識薬剤Aを正常腎機能の患者に投与したとき、尿中排泄率は10%で、未変化体は投与量の0.1%を占めた。

When an oral dose of 10 mg of Drug A was administered once a day after breakfast for 7 days to 5 healthy adults, the elimination rates of the unchanged drug 24 hours after administration on the 1st and 7th days were less than 1.0% as in the single administration.

健康成人5例に薬剤A 10mgを1日1回で7日間朝食後に経口投与したとき、1日目及び7日目の投与24時間後における未変化体の排出率は単回投与時と同じく1.0%未満であった。

When Drug A 25 or 50 mg was administered as a single dose to healthy adult males, the absorption was rapid, and the time to reach maximum plasma concentration of unchanged drug was 1.5-2.5 hours.

薬剤A 25mg又は50mgを健康成人男性に単回投与したとき、吸収は速く、未変化体の最高血漿中濃度到達時間は1.5~2.5時間であった。

When female rabbit hepatocytes were incubated with 10 µmol/L of 14C-Drug A at 37 deg C for 4 hours, 90.0% remained as unchanged drug.

雌ウサギの肝細胞を14C標識剤A 10µmol/Lと37℃で4時間インキュベートしたとき、90.0%は未変化体のままであった。

2019年7月28日 (日)

『アゴニスト』 『作動薬』 『作働薬』

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

和訳の厄介なところは漢字にするか、カタカナにするかで迷うところ。

たとえば、『アゴニスト』か『作動薬』か、『作働薬』か。

昔は『アゴニスト』の選択はなかったのですが、PMDAで半数は「アゴニスト」が占めています。

製薬協でも「アゴニスト」が「作動薬」よりも前に出ています

全体的にはカタカナ表記が主流になるのかなと。

 

こんなことで迷うのは嫌ですね。

時間のロスです。

要は、面倒で、難して、稼げなくて、競争相手が多い和訳は避けて、英訳で稼ぎましょうということです。

 

agonistでイートモ検索した結果です。

現在のところ55件がヒットします。

ご利用は自己責任で!

[ agonist]とagonistの前に半角スペースを入れると、antagonistのヒットを避けることができます。

 

英文

和文

A series of morphinans closely related in structure to morphine, namely, codeine, heroin, hydrocodone, hydromorphone, oxymorphone, and oxycodone, were examined for their antinociceptive activity in male and female Sprague-Dawley rats and compared with the structurally unrelated µ-opioid agonists methadone and fentanyl.

構造的にモルヒネとの関連性が高い一連のモルフィナン系物質、すなわちコデイン、ヘロイン、ヒドロコドン、ヒドロモルフォン、オキシモルフォン、オキシコドンは、その抗侵害受容作用について雌雄のSprague-Dawleyラットで検討し、構造的に関連性のないµオピオイドアゴニストであるメタドン及びフェンタニルと比較した。

After Drug A administration, the pupil diameter, a surrogate marker for µ-opioid receptor agonistic activity, changed in a dose-dependent manner.

薬剤Aの投与後、µオピオイド受容体刺激作用の代替マーカーである瞳孔径が用量依存的に変化した。

All non-selective dopamine agonists bind to the ABC and DEF receptors with similar affinity.

すべての非選択的ドパミンアゴニストはABC受容体及びDEF受容体に同等の親和性で結合する。

angiotensin II receptor agonists

アンジオテンシンII受容体アゴニスト

Cannabinoid receptor agonists were unable to evoke hypothermia in mice that lacked the ABC receptor.

カンナビノイド受容体アゴニストは、ABC受容体が欠損しているマウスで低体温を惹起することができなかった。

Compound A exhibits agonistic activity on all three receptor subtypes, whereas Compound B has a potent agonistic effect only on the X receptor.

化合物Aは3種すべての受容体サブタイプに刺激作用を示すのに対して、化合物BはX受容体にのみ強力な刺激作用を有する。

Current treatment options for Disease A are surgical removal of the adenoma, radiotherapy, and pharmacological reduction of ABC levels by dopamine agonists.

疾患Aに対する現在の治療選択肢には、腺腫の外科的切除、放射線療法、ドパミンアゴニストにより薬理学的にABCレベルを下げる方法がある。

Data on ABC levels during treatment with dopamine agonists before entry into the Drug A studies were not collected routinely.

薬剤Aのこれらの試験に組み入れる前のドパミンアゴニスト投与時におけるABCレベルのデータは常時収集しなかった。

Dopamine agonists reduce ABC levels to normal in less than 10% of patients compared to about 50% with Drug A.

ドパミンアゴニストは患者の10%未満でABCレベルを正常値まで下げるのに対して、薬剤Aでは約50%である。

Dopamine receptor agonists derived from ergot alkaloids were developed.

麦角アルカロイド由来のドパミン受容体アゴニストが開発された。

Drug A acts as a dopamine receptor agonist.

薬剤Aはドパミン受容体アゴニストとして作用する。

Drug A acts as an agonist at sphingosine-1-phosphate receptors.

薬剤Aはスフィンゴシン1リン酸受容体でアゴニストとして作用する。

Drug A concentrations exerting its action should depend on the concentration of an adenosine receptor agonist used in the experimental system (1 µmol/L).

薬剤Aがその作用を発揮する濃度は、この実験系で使用するアデノシン受容体アゴニストの濃度(1µmol/L)によって左右される。

Drug A has agonistic activity at the µ–opioid receptor and inhibits noradrenaline reuptake.

薬剤Aはµオピオイド受容体に対する刺激作用を有し、ノルアドレナリン再取込みを阻害する。

Drug A has been shown to be a selective adenosine A2A receptor antagonist since it exhibited a high binding affinity for the adenosine A2A receptor, did not affect other neurotransmitter receptors, transporters, or MAO or COMT involved in the metabolism of dopamine, and inhibited an adenosine A2A receptor agonist-induced intracellular cAMP accumulation.

薬剤Aは、アデノシンA2A受容体に対して高い結合親和性を示したこと、他の神経伝達物質受容体やトランスポーターあるいはドパミンの代謝に関与するMAO又はCOMTに影響を及ぼさなかったこと、アデノシンA2A受容体アゴニストにより誘発される細胞内cAMP蓄積を阻害したことから、選択的なアデノシンA2A受容体アンタゴニストであることが示されている。

Drug A inhibited the agonist-induced intracellular cAMP accumulation in a concentration-dependent manner.

薬剤Aはこのアゴニストにより誘発される細胞内cAMP蓄積を濃度依存的に阻害した。

Drug A inhibited the agonist-induced intracellular cAMP accumulation with a binding constant (KB) of 0.7 ± 0.2 nmol/L.

薬剤Aはこのアゴニストにより誘発される細胞内cAMP蓄積を阻害し、結合定数(KB)は0.7±0.2nmol/Lであった。

Drug A is a glucagon-like peptide-1 (GLP-1) receptor agonist.

薬剤Aはグルカゴン様ペプチド1(GLP-1)受容体アゴニストである。

Drug A is a novel, highly selective agonist of GPR40 that is expressed in pancreatic islet cells.

薬剤Aは、膵島細胞に発現するGPR40に対する選択性の高い新規のアゴニストである。

Drug A is a selective dopamine receptor agonist without activity at other  receptors.

薬剤Aは選択的なドパミン受容体アゴニストで、他の受容体に対して作用しない。

Drug A is an adrenergic agonist that acts predominantly at alpha adrenergic receptors and also stimulates the release of norepinephrine.

薬剤Aは主にαアドレナリン受容体で作用するアドレナリン受容体アゴニストで、ノルエピネフリンの放出も刺激する。

Drug A is an agonist at the serotonin 5-HT1A receptor and has no appreciable affinity for histamine or muscarinic receptors.

薬剤Aはセロトニン5-HT1A受容体に対するアゴニストであるが、ヒスタミン受容体又はムスカリン受容体に対する明らかな親和性はない。

Drug A is an ultra long acting beta-adrenoceptor agonist currently approved in Europe, marketed by Company A.

薬剤Aは超長時間作用型βアドレナリン受容体アゴニストで、現在、ヨーロッパで承認されており、会社Aが販売している。

Drug A is expected to exhibit both anti-diabetic and anti-dyslipidemic activities and, in marked contrast to existing PPAR-γ agonists, to have a favorable impact on food intake and body weight without causing edema.

薬剤Aは、糖尿病治療効果及び脂質異常症治療効果の両方を示すことが期待されており、既存のPPAR-γアゴニストとは全く対照的に、浮腫を引き起こすことなく食物摂取及び体重に好ましい影響を与えることが期待されている。

Drug A possesses opioid receptor agonistic activity as well as non-opioid activity.

薬剤Aは非オピオイド作用に加えてオピオイド受容体刺激作用も有している。

Drug A thus proved to be a full agonist at the human receptors.

このように、薬剤Aはヒト受容体に対する完全アゴニストであることが判明した。

Drugs with µ–opioid receptor agonistic activity may cause spasm of the sphincter of Oddi.

µオピオイド受容体刺激作用を有する薬剤はオディ括約筋の痙攣を引き起こすことがある。

Due to the µ-opioid receptor agonistic activity of Drug A, neonates whose mothers have been taking Drug A should be monitored for respiratory depression.

薬剤Aにはµオピオイド受容体刺激作用があるため、薬剤Aを服薬している母親から生まれた新生児は呼吸抑制の有無について経過観察することとする。

Early studies demonstrated the ability of metoclopramide, a weak 5-HT4 receptor agonist, to prevent dicyclomine-induced amnesia in the mouse passive avoidance test.

初期の試験により、弱い5-HT4受容体アゴニストであるメトクロプラミドにマウス受動的回避試験においてジシクロミン誘発記憶喪失を阻止する作用のあることが証明された。

For the treatment of wearing-off, if no improvement is noted despite optimized dopaminergic treatment with levodopa-containing preparations or dopamine agonists, treatment with entacapone, selegiline, or zonisamide should be initiated.

ウェアリング・オフの治療に際しては、レボドパ含有製剤又はドパミンアゴニストによる最適化ドパミン系治療でも改善が認められなければ、エンタカポン、セレギリン、ゾニサミドによる治療を開始することとする。

In this case, impulse control disorder was strongly suspected of being related to concomitant use of a dopamine agonist.

この症例では、衝動制御障害がドパミンアゴニストの併用投与と関連していることが強く疑われた。

nonergot dopamine receptor agonists

非麦角型ドパミン受容体アゴニスト

Normalization or resynchronization of circadian rhythms with exogenous melatonin agonists is expected to prevent recurrence.

外因性メラトニンアゴニストによるサーカディアンリズムの正常化又は再同期化は再発を予防することが期待される。

Patients who had taken levodopa/DCI, centrally acting dopamine agonists, anticholinergics, droxidopa, amantadine, or promethazine within 4 weeks before the baseline visit, patients who had taken selegiline within 3 months before the baseline visit, and patients who had previously been treated with levodopa/DCI for ≥ 4 weeks were excluded from the study.

レボドパ・DCI合剤、中枢作用性ドパミンアゴニスト、抗コリン薬、ドロキシドパ、アマンタジン、プロメタジンをベースライン来院前の4週間以内に服用していた患者、セレギリンをベースライン来院前の3ヵ月以内に服用していた患者、以前にレボドパ・DCI合剤を4週間以上服用していた患者は本試験から除外した。

Platelet activation is induced by the interaction of several agonists with receptors expressed on the platelet surface.

血小板の活性化は、血小板表面に発現した受容体といくつかのアゴニストが相互作用することによって誘発される。

Since Drug A exhibits a preference for PPAR-α activity over PPAR-γ activity, it lacks the weight gain, edema, and cardiac effects that have been associated with existing PPAR-γ agonists such as thiazolidinediones.

薬剤AはPPAR-γ活性よりもPPAR-α活性に対して高い嗜好性を示すため、チアゾリジンジオン系薬剤のような既存のPPAR-γアゴニストで認められている体重増加、浮腫、心臓に対する影響がない。

Sympathetic nervous system agonists bind to adrenergic receptors that are known to activate protein kinase A.

交感神経系アゴニストは、プロテインキナーゼAを活性化することが知られるアドレナリン受容体に結合する。

The current was recorded from isolated rat dorsal root ganglion neurons using the whole cell patch clamp technique before, during, and after application of the opioid agonist fentanyl.

電流は、オピオイドアゴニストであるフェンタニルの投与前、投与中、投与後に、ホールセルパッチクランプ法を用いて、単離ラット後根神経節ニューロンで記録した。

The development of synthetic cannabinoid receptor agonists has provided remarkable advances in cannabis research.

合成カンナビノイド受容体アゴニストの開発により、カンナビスの研究が大幅に進歩した。

The effect of Drug A on an adenosine A2A receptor agonist-induced intracellular cAMP accumulation in PC-12 cells expressing adenosine A2A receptors was studied.

アデノシンA2A受容体を発現しているPC-12細胞において、アデノシンA2A受容体アゴニストにより誘発される細胞内cAMP蓄積に対する薬剤Aの影響を検討した。

The goal of this program is to identify an anti-diabetic agent lacking weight gain and edema typically associated with existing PPAR-γ agonists.

この事業の目標は、既存のPPAR-γアゴニストで特徴的にみられる体重増加及び浮腫がない糖尿病治療薬を特定することである。

The immobility-reducing effects of these drugs were antagonized by a 5-HT2A/2C receptor agonist.

これらの薬剤の無動時間短縮作用は5-HT2A/2C受容体アゴニストによって弱められた。

The investigator commented that “the event is presumably related to a dopamine agonist, but an involvement of Drug A cannot be denied.”

治験責任医師は、「当該事象はドパミンアゴニストに関連したものと推定されるが、薬剤Aの関与を否定できない」との見解を示した。

The phosphorylated metabolite of Drug A acts as an agonist at dopamine receptors to modulate endothelial barrier function.

薬剤Aのリン酸化代謝物はドパミン受容体に対してアゴニストとして作用し、内皮のバリア機能を調節している。

The shorter duration of action of Drug A could be explained by the dissimilarities in metabolism of the two cannabinoid receptor agonists.

薬剤Aのほうが作用持続時間が短いのは、これら2つのカンナビノイド受容体アゴニストの代謝の違いによって説明できるかもしれない。

The toxicologic profile of Drug A is similar to other PPAR agonists with the liver and bone marrow being the primary target organs.

薬剤Aの毒性プロファイルは他のPPARアゴニストと類似しており、肝臓及び骨髄が主な標的臓器である。

Therapy with adrenergic receptor agonists or with adrenergic receptor blockers may need to be adjusted according to changes in smoking status.

アドレナリン受容体作動薬又はアドレナリン受容体遮断薬による治療は、喫煙状況の変化に応じて調節する必要があると考えられる。

These agonists may be able to potentiate immune activation.

これらのアゴニストには免疫活性化を強める作用があると考えられる。

These may lead to reduction or elimination of the psychiatric adverse events common to direct-acting agonists.

これらは、直接作用型のアゴニストに共通してみられる精神系の有害事象を軽減又は防止することにつながると考えられる。

These receptors are the prime mediators of the anorexic and orexigenic effects reported for melanocortin agonists and antagonists, respectively.

これらの受容体は、メラノコルチンのアゴニスト及びアンタゴニストでそれぞれ報告されている食欲抑制作用及び食欲促進作用の主要なメディエーターである。

These two different cannabinoid receptor agonists are metabolized through different biochemical pathways.

これら2つのカンナビノイド受容体アゴニストは別々の生化学的経路を介して代謝される。

Transgenic mice thus provide an excellent model for evaluating the effect of PPAR-α agonists on apo A-I expression and plasma HDL concentrations.

このように、トランスジェニックマウスはアポA-I発現及び血漿中HDL濃度に対するPPAR-αアゴニストの影響を評価するのに優れたモデルとなっている。

Treatment with gonadotropin-releasing hormone agonists offers the psychological advantage of avoiding castration.

ゴナドトロピン放出ホルモンアゴニストによる治療には、去勢が避けられるという心理的な優位性がある。

Usefulness of these agonists is considered an already answered question, as the availability and widespread use of Drug A in most countries testifies.

ほとんどの国で薬剤Aが利用可能で、広く普及していることから証明されているように、これらのアゴニストの有用性については既に答えが出ていると考えられる。

When delivered directly to the lung, Drug A prevented agonist-induced bronchoconstriction.

肺に直接投与したとき、薬剤Aはアゴニストにより誘発される気管支収縮を阻止した。

2019年7月25日 (木)

『Appendix』

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

お昼のひと時、いかがおすごしでしょうか?

 

さて、Appendix。

昔はその訳語は「添付資料」で決まりと思っていたし、それよりも良い訳語はないと思っていたのですが、例によってICHガイドラインの和訳が混乱させてくれました。w

 

Appendixの訳語として「付録」とか、「補遺」とかを出してきた。

 

「付録」なんておもちゃじゃあるまいし、「補遺」ってなんじゃらホイ。

 

今では「付録」が一番の勢力になりました。

 

てなわけで、長いものには巻かれるイートモとして、Appendixの訳語は「付録」とします。

「添付資料」が捨てがたいので、「付録《添付文書》」としたいところだけど、見にくくなるので「付録」とします。

「添付資料」でヒットしないからと言って、私に文句を言わないように。

もちろん、「虫垂」意味のappendixは別です。

 

参考までにappendixで検索したイートモ対訳を以下に示します。

実際のイートモの表示画面とは違います。実際はこんな感じです

 

英文

和文

A complete list of demographic and baseline characteristic data is presented in Appendix 1.

人口統計学的データ及びベースライン特性データの全リストを付録1に示す。

A full by-patient and preferred term listing of all serious adverse events can be found in Appendix 1.

すべての重篤な有害事象についての患者別及び基本語別の一覧表を付録1に示す。

A list of CYP3A4 inhibitors and inducers needs to be provided in an Appendix.

CYP3A4の阻害物質及び誘導物質のリストを付録に掲載する必要がある。

A list of patients who were excluded from the efficacy analysis is available in Appendix 1.

有効性解析から除外された患者のリストを付録1に示す。

A list of the investigator and subinvestigators is provided in Appendix 1 and a copy of the investigator's curriculum vitae is provided in Appendix 2.

治験責任医師及び治験分担医師のリストを付録1に、治験責任医師の履歴書の写しを付録2に示す。

A listing of concomitant medications received by each subject during the course of the study is provided in Appendix 1.

本試験の期間中に各被験者に投与された併用薬の一覧表を付録1に示す。

A listing of treatment-emergent adverse events is presented in Appendix 1.

治療下で発現した有害事象の一覧表を付録1に示す。

A more comprehensive discussion may be found in Appendix 1 at the back of this document.

本文書の巻末にある付録1では、より包括的な考察を見ることができる。

A sample case report form (CRF) is provided in Appendix 1, while Appendix 2 contains a sample informed consent form.

症例報告書(CRF)の見本は付録1に示し、付録2には同意書の見本を示す。

A tabular summary of the nonclinical pharmacokinetics studies conducted to date is provided in Appendix 1.

これまで行われた非臨床薬物動態試験の集計表を付録1に示す。

All previously issued expedited safety reports are summarized in Appendix 1.

以前に発行されたすべての緊急安全性報告の概要を付録1に示す。

An algorithm for working up patients with diarrhea or suspected colitis is provided in Appendix 1.

下痢の患者又は結腸炎が疑われる患者を精密検査するときのアルゴリズムを付録1に示す。

Another important lesion in the appendix is the carcinoid tumor which is often discovered incidentally in appendices removed for real or suspected appendicitis.

虫垂における別の重要な病変がカルチノイド腫瘍で、これは真性虫垂炎又は虫垂炎の疑いのために切除された虫垂に偶然発見されることが多い

Appendix 1 contains a copy of a sample informed consent form.

付録1には同意書の見本の写しを示す。

Appendix 1 contains a copy of the randomization scheme and code.

付録1にはランダム化計画書及び割付コードの写しを示す。

Appendix 1 contains a listing of demographic data by patient.

付録1には患者別の人口統計学的データの一覧表を示す。

Appendix 1 contains further documentation of the statistical methods.

付録1には統計手法について詳しい文書を示す。

Appendix 1 contains the signature of the investigator.

付録1には治験責任医師の署名を示す。

Appendix 1 displays duration of study therapy in 6-month increments for Drug A and Drug B.

付録1には治験薬の投与期間を6ヵ月刻みで薬剤Aと薬剤Bに分けて示す。

Appendix 1 lists efficacy data by patient.

付録1には患者別の有効性データを掲載する。

Appendix 1 lists the investigators and their affiliations.

付録1には治験責任医師及びその所属を掲載する。

Appendix 1 provides curriculum vita for each.

付録1にはそれぞれの経歴《履歴書》を示す。

Appendix 1 summarizes the patients who received study drugs from more than 1 batch number.

付録1には複数のバッチ番号の治験薬の投与を受けた患者の概要を示す。

As described in Appendix 1, a significant prolongation of overall survival, a primary endpoint, was shown in the Drug A group, as compared with the control group, in a phase III double-blind, comparative study in patients who have received prior chemotherapy containing docetaxel.

付録1に記載したように、ドセタキセルを含む化学療法の前治療を受けた患者を対象とした第III相二重盲検比較試験では、対照群と比較して、薬剤A群で主要評価項目である全生存期間の有意な延長が認められた。

As in our prior response to FDA, our primary analysis for this study will be based on the method described in Appendix 1.

FDAに対する以前の回答と同様に、本試験の主要解析は付録1に記載した方法に基づき行う予定である。

Data on the clinical course of each patient are provided in Appendix 1.

各患者の臨床経過に関するデータは付録1に示す。

Details are available in Appendix 1.

詳細は付録1に示す。

Does the PMDA have any comments on the data presentation in the draft package insert provided in Appendix 1?

付録1に示した添付文書案のデータ提示について機構は何かコメントがありますか?

Full study protocols are provided in Appendix 1 (Study A) and Appendix 2 (Study B).

治験実施計画書の全文を付録1(試験A)及び付録2(試験B)に示す。

Graphical representations can be found in Appendix 1.

グラフで表現したものを付録1に示す。

In the case that the appendix cannot be detached by laparoscopic instruments due to high adhesion to the retroperitoneum, a 12-mm trocar is inserted immediately above the appendix at the right abdomen.

虫垂が後腹膜に高度に癒着しているため、腹腔鏡手術器具で剥離できない場合、12mmトロカール《外套針》を右腹部の虫垂直上に挿入する。

Information regarding study drug administration for each subject is contained in Appendix 1.

治験薬投与に関する被験者別の情報は付録1に示す。

Information regarding the Institutional Review Board (IRB) is provided in Appendix 1.

治験審査委員会(IRB)に関する情報は付録1に示す。

Medical history findings are listed by subject in Appendix 1: none were considered clinically noteworthy.

病歴に関する所見は被験者別に付録1に掲載するが、臨床的に特記されると考えられるものはなかった。

Minutes from previous meetings about Drug A in the indication are included in Appendix 1.

この適応症を対象とした薬剤Aについての以前の会議の議事録を付録1に示す。

More details about all nonclinical studies performed are presented in Appendix 1.

実施したすべての非臨床試験についてのより詳細な情報は付録1に提示する。

On Day 70 of the study, the patient was hospitalized for perforated appendicitis (ruptured appendix) and underwent appendectomy.

本試験の70日目、当患者は穿孔性虫垂炎(虫垂破裂)のため入院し、虫垂切除術を受けた。

Patients 5 and 6 had a more complex course, as detailed in the Appendix.

患者5及び患者6は、付録に詳述したように、より複雑な経過をたどった。

Performance and validation data for the assays and details of the analytical methods are also provided in Appendix 1.

付録1にはこれらの検査の性能データ及びバリデーションデータ並びに分析法の詳細も示す。

Primary tumors that occurred with an incidence of at least 5% in at least one animal group are presented in Appendix 1.

いずれかの動物群において5%以上の頻度で起こった原発性腫瘍を付録1に提示する。

See Appendix 1 for a list of ambiguous/unqualified terms where a query may be raised for further clarification.

詳しい説明を求める質問が出る可能性がある曖昧な用語又は不適格な用語のリストについては付録1を参照のこと。

Tests should also be performed for stool calprotectin and white blood cells as outlined in Appendix 1.

付録1に概略を示すように、便中のカルプロテクチン及び白血球についても検査を行う。

The amended protocol, including additional details regarding the inclusion and exclusion criteria, is provided in Appendix 1.

選択基準及び除外基準に関する追加事項が記載された治験実施計画書の修正版を付録1に示す。

The Drug A plasma concentration-time curves for each subject are included in Appendix 1.

被験者別の薬剤Aの血漿中濃度・時間曲線を付録1に示す。

The mean plasma concentration vs. time profiles for Drug A and Drug B are provided in Appendix 1.

薬剤A及び薬剤Bの平均血漿中濃度と時間の関係を付録1に示す。

The purpose of this study was to describe CT findings in six patients with primary mucinous cystadenocarcinoma of the appendix.

本試験の目的は、虫垂の粘液性嚢胞腺癌がある患者6例におけるCT所見を記載することであった。

The required topics to be included in the informed consent form are listed in Appendix 1.

同意書に記載すべき必要事項は付録1に掲載する。

The roles and responsibilities of the study personnel are provided in Appendix 1.

治験担当者の役割及び責務を付録1に示す。

The scatter plots of individual Cmax and AUC values of Drug A and Drug B are provided in Appendix 1.

薬剤A及び薬剤BのCmax及びAUCの個別値の散布図を付録1に示す。

The signature of the Medical Officer at Company A who is responsible for this study is provided in Appendix 1.

本試験を担当する会社Aの医学責任者の署名を付録1に示す。

The trocar is removed, the right second finger is inserted, the appendix is laparoscopically detached, and mobilization is conducted.

このトロカール《外套針》を抜去し、右第2指を挿入、腹腔鏡下に虫垂を剥離し、授動する。

These patients had a more complex course, as detailed in Appendix 1.

これらの患者は、付録1に詳述したように、さらに複雑な経過を示した。

This section was moved to an appendix.

本項は付録に移動した。

 

2019年7月20日 (土)

narrative

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

東京は蒸し暑いのなんのって。

そんな蒸し暑さの中、Medical Translator NARITAのおっさんはイートモ作業をがんばっております。

昨日撮ったもの。

2019071912550000

 

イートモ作業をやっているといろいろな気付きがあります。

 

今日は、"narrative"

 

最近は「ナラティブ」とすることで固まりつつあるようです。

元々、確かICHでは「叙述」という日本語が当てられたと思います。

 

12.3.2 NARRATIVES OF DEATHS, OTHER SERIOUS ADVERSE EVENTS AND CERTAIN OTHER SIGNIFICANT ADVERSE EVENTS

12.3.2 死亡,その他の重篤な有害事象及び他のいくつかの重要な有害事象の叙述

 

改訂はなく、今でも「叙述」のままです。

PMDAサイトで調べても「ナラティブ」よりも「叙述」が圧倒的に優勢です。

 

変な訳語と思ったものです。

でも、誰が「ナラティブ」というようになったかはわかりませんが、

治験関係文書では「ナラティブ」という言い方が固まりつつあるようです。

 

CIOMSの中でも翻訳依頼が多いのは個々の副作用症例の詳細を記述している「ナラティブ(Narrative)」です。

 

自信満々というわけではなさそうだww

 

昔は「症例報告」とか「経過報告」などと言っていたものに近いものだと思いますが、医学翻訳フリーランスにとって用語の起源なんでどーでもいいことなので、お客さん(金を払ってくれる人)の指示に合わせるだけです。

 

とりあえず、イートモでは「ナラティブ」にしておきます。

用語なんてのはよく変わるものです。

変わったらまた修正します。

フットワークが軽いのがイートモの良いところです。

 

英文

和文

As described in the death narrative above, the cause of death was determined to be related to the preexisting conditions and was not considered related to the device.

上記の死亡例ナラティブに記載したように、死因は既存の疾患に関連していると判定され、このデバイスと関連なしと判断された

Brief narratives for these subjects are provided below.

これらの被験者についての短いナラティブを以下に示す

Detailed patient narratives should be provided for all serious cardiac adverse events.

すべての心臓の重篤な有害事象について、詳細な患者ナラティブを提出することとする

Further details of the 2 patients are given in the narratives.

これらの患者2例の詳細はナラティブに記載する

Narrative descriptions of these cases are presented in Section 5.

これらの症例のナラティブは第5項に提示する

Narrative summaries of these adverse events are available in Section 1.

これらの有害事象のナラティブ概要は第1項に示す

Narratives for deaths, serious adverse events, and adverse events which led to study drug discontinuation are provided in clinical study reports.

死亡、重篤な有害事象、治験薬の投与中止につながった有害事象についてのナラティブは治験総括報告書に記載されている

Narratives are provided in the clinical summary of efficacy.

ナラティブは臨床的有効性の概要に記載する

Submission of the information to US HQ can be as follows: (1) on a CIOMS form, (2) a CIOMS template that contains all CIOMS fields, or (3) as a narrative summary.

米国本社への情報提出は、(1CIOMS書式、(2CIOMS全項目を含むCIOMSテンプレート、(3)ナラティブ概要のいずれかの形式とすることができる

The complete narrative for this patient is presented in Section 10.

当患者についての詳細なナラティブは第10項に提示する

The personnel receive and process adverse event reports, write narratives, and provide initial label assessment for expectedness of event according to US HQ procedures.

担当者は、有害事象報告を受領かつ処理し、ナラティブを作成した上、米国本部の手順に従って事象の予測性について初回ラベル評価を行う

This information is supplied in the form of patient narratives that are summarized in Sections 10 and 11.

この情報は患者ナラティブの形式で提供され、第10項及び第11項に概要が示されている

Two subjects were withdrawn from the study because of adverse events; narrative descriptions of these two cases are presented below.

有害事象のために被験者2例が本試験中止となった。これら2症例のナラティブを以下に示す

Further details of this patient are given in Section 10, with a full narrative in Section 11.

当患者のさらなる詳細は第10項に示し、詳細なナラティブは第11項に示す

In the case of the 4 studies for which a clinical study report is not yet available, the narratives are to be found in Section 10.

治験総括報告書がまだ入手可能となっていないこれら4試験については、ナラティブを第10項に示すこととする

The narrative for this patient is provided in the clinical study report in Section 10.

当患者のナラティブは第10項の治験総括報告書に示す

These narratives are located in the clinical study reports provided in Module 5.

これらのナラティブはモジュール5に提示する治験総括報告書に載っている

 

実際のイートモの表示画面とは違います。実際はこんな感じです

参考にするときには自己責任で!

 

2019年7月 5日 (金)

protein binding

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

さて、毎度のことですが、漢字、ひらがな、カタカナがある日本語の表記について。

今回は、protein bindingに対応する和訳をどうするかです。

 

例によってPMDAのサイトで調べてみます。

 

蛋白結合 約3500

タンパク結合 約750

タンパク質結合 約50

蛋白質結合 約30

 

ライフサイエンス辞書では「タンパク質」が最初に出るのですが、protein bindingについては「蛋白結合」が多い。

PMDAに準じて、イートモではprotein binding関係については「蛋白結合」、「蛋白結合性」、「蛋白結合率」のように表記しますが、クライアントや翻訳会社の指示に従ってください。

 

それでは、protein bindingを含むイートモ対訳を以下に提示します(ご参考まで)。

 

through a sterile, low-protein binding 0.22 µM filter.

低蛋白結合性の無菌0.22µMフィルターを通して、~

14C-Drug A was added to rat and dog plasmas at 100, 1000, and 10,000 ng/mL, and the plasma protein binding rate (mean for each concentration) was measured.

14C-薬剤Aをラット及びイヌの血漿に100100010,000ng/mLの濃度に添加し、血漿蛋白結合率(各濃度の平均値)を測定した

A low protein binding of 10% to 15% in experimental animals and 20% in humans was found.

蛋白結合率は実験動物で1015%、ヒトで20%と低かった

Across the species investigated, the plasma protein binding for Drug A was consistently greater than 95%.

検討した動物種すべてで、薬剤Aの血漿蛋白結合率は一貫して95%を上回っていた

Administer Drug A through a low protein binding 0.22-micrometer in-line filter (placed as proximal to the patient as practical).

低蛋白結合性の0.22µmインラインフィルター(できる限り患者の近くに設置)を通して薬剤Aを投与する

Assuming 100% absorption and no blood protein binding in a 50 kg adult human, ….

体重50kgの成人において吸収率が100%、血液蛋白結合がないと仮定すると、~

Based on its high degree of plasma protein binding, dialysis is unlikely to be useful in overdose.

その血漿蛋白結合が高度であることを踏まえて、透析が過量投与の場合に役立つとは思われない

Drug A displayed generally a slightly higher plasma protein binding than Drug B.

全般に、薬剤Aは薬剤Bよりもわずかに高い血漿蛋白結合性を示した

Drug A exhibits a varying extent of protein binding in the different species.

薬剤Aは動物種によって異なる蛋白結合度を示す

Drug A exhibits moderate plasma protein binding (30% to 50% bound).

薬剤Aは中程度の血漿蛋白結合率(3050%)を示す

Drug A has a low plasma protein binding and an intermediate volume of distribution.

薬剤Aは血漿蛋白結合が低く、分布容積は中程度である

Drug A must be administered with the use of a low protein binding 0.22-micrometer in-line filter.

薬剤Aは、低蛋白結合性の0.22µmインラインフィルターを用いて投与しなければならない

Drug A was extensively bound to plasma proteins, with a plasma protein binding of > 99.9% in all animal species and humans at a Drug A concentration of 5 µg/mL.

薬剤Aは血漿タンパク質に対して高度に結合し、薬剤Aの濃度5µg/mLにおける血漿蛋白結合率は全動物種及びヒトで99.9%超であった

Ex vivo plasma protein binding of Drug A was 99.0% in healthy subjects and 99.5% in patients with hepatic insufficiency.

薬剤Aex vivoにおける血漿蛋白結合率は健康被験者で99.0%、肝不全患者で99.5%であった

Forced diuresis, alkalinization of urine, hemodialysis, or hemoperfusion may not be useful due to high protein binding.

高蛋白結合性であるため、強制利尿、尿のアルカリ化、血液透析、血液灌流が役立つとは考えられない

Levels of protein binding of Drug A and Drug B in healthy subjects were 20% to 30% and 50% to 60%, respectively.

健康被験者における薬剤A及び薬剤Bの蛋白結合レベルはそれぞれ2030%及び5060%であった

Lower uptake to blood cells is accompanied conversely by higher plasma protein binding.

血球への取り込みが少ないほど、逆に血漿蛋白結合が高くなる

Mean protein binding was 15%.

平均蛋白結合率は15%であった

No information is available regarding the removal of Drug A by hemodialysis, but based on its high degree of plasma protein binding dialysis is unlikely to be useful in overdose.

血液透析による薬剤Aの除去に関する情報は得られていないが、血漿蛋白結合度が高いことを踏まえると、過量投与の場合に透析が役立つとは思われない

Plasma protein binding of Drug A was low for human, dog, rabbit, mouse, and rat, with bound fractions between 20% and 30%.

薬剤Aの血漿蛋白結合はヒト、イヌ、ウサギ、マウス、ラットで低く、結合率は2030%であった

Plasma protein binding studies were not considered necessary for this chimeric monoclonal antibody.

このキメラモノクローナル抗体に血漿蛋白結合性試験は必要と考えられなかった

Protein binding lowers the plasma free <<unbound>> drug concentration.

蛋白結合は血漿中の遊離型薬物濃度を下げる

Protein binding of Drug A is moderate at 20% to 40%.

薬剤Aの蛋白結合は2040%と低値である

Protein binding was concentration-independent within the expected therapeutic range of plasma concentrations.

蛋白結合は予想される治療域血漿中濃度の範囲内において濃度非依存的であった

Since antibodies do not bind to plasma proteins, no studies on plasma protein binding have been conducted.

抗体は血漿タンパク質に結合しないため、血漿蛋白結合に関する試験は行われていない

The extent of protein binding was similar between healthy subjects and patients with moderate hepatic impairment, amounting to 70.0% and 75.0%, respectively.

蛋白結合度は健康被験者及び中等度肝機能障害の患者で同等で、それぞれ70.0%及び75.0%であった

The following drugs, potentially used concomitantly with Drug A in routine clinical practice, were investigated in vitro for their effects on human plasma protein binding of 14C-Drug A: ...

いつもの医療現場で薬剤Aと併用投与される可能性のある次の薬剤については、14C-薬剤Aのヒト血漿蛋白結合に対する影響をin vitroで検討した

The in vitro plasma protein binding was higher than 99% for all species, irrespective of the concentration of Drug A tested.

in vitroにおける血漿蛋白結合率は、検討対象とした薬剤Aの濃度に関係なく、すべての動物種で99%よりも高かった

The moderate affinity of Drug A for human plasma proteins indicates that a potential drug-drug interaction in humans on the basis of protein binding is very unlikely.

ヒト血漿タンパク質に対する薬剤Aの親和性は中等度であることから、ヒトにおいて蛋白結合に基づく薬物相互作用が起こる可能性は非常に低いことを示している

The percent of plasma protein binding of Drug A was 90.0% in the rat, 85.0% in the dog, and 95.0% in humans.

薬剤Aの血漿蛋白結合率は、ラットで90.0%、イヌで85.0%、ヒトで95.0%であった

The plasma protein binding of unlabeled Drug A was studied in vitro by equilibrium dialysis in plasma from mice and rats.

非標識薬剤Aの血漿蛋白結合は、マウス及びラットの血漿を用い、in vitroで平衡透析によって検討した

The protein binding did not appear to be concentration-dependent, and did not show apparent gender difference.

この蛋白結合は濃度に依存していると思われず、明らかな性差も示さなかった

These drugs hardly affect the human plasma protein binding of Drug A.

これらの薬剤は薬剤Aのヒト血漿蛋白結合にほとんど影響を及ぼさない

When these concentrations are corrected for plasma protein binding in each species, effective concentrations range between 30 and 200 nM, and tend to be higher in species (rat and dog) for which the FXa affinity of Drug A is lower.

これらの濃度を各動物種における血漿蛋白結合率で補正すると、有効濃度は30200nMの範囲となり、薬剤AFXa親和性が比較的低い動物種(ラット及びイヌ)において高くなる傾向を示す

With the very high plasma protein binding of Drug A, significant inhibition of CYP isoenzymes by Drug A is not likely.

薬剤Aは血漿蛋白結合が非常に高いので、薬剤AによるCYPアイソザイムの著しい阻害が起こる可能性はない

Following a single oral dose of 3 mg/kg of 14C-Drug A in male rats, the percent serum protein binding values at 0.5, 2, and 6 hours post-dose were 95.0%, 94.0%, and 92.0%, respectively.

雄ラットに14C-薬剤A 3 mg/kgを単回経口投与したとき、投与0.526時間後の血漿蛋白結合率はそれぞれ95.0%、94.0%、92.0%であった

Given that the protein binding of Drug A is 90% in humans, the plasma trough unbound concentrations at these doses are calculated to be 10.0 and 20.0 nmol/L, respectively.

薬剤Aの蛋白結合率がヒトにおいて90%とすると、これらの用量における非結合体の血漿中トラフ濃度はそれぞれ10.0及び20.0nmol/Lと算出される

When 14C-Drug A was added to rat serum at final concentrations of 10, 100, 1000, and 10,000 ng/mL, the percent protein binding values were 95.0% to 96.0%.

14C-薬剤Aをラット血清に101001,00010,000ng/mLの最終濃度に添加したとき、蛋白結合率は95.096.0%であった

When 3H-Drug A was added to human serum at final concentrations of 10, 100, and 1000 ng/mL, the percent protein binding values were 90.0% to 95.0%.

3H-薬剤Aをヒト血清に101001,000ng/mLの最終濃度に添加したとき、蛋白結合率は90.095.0%であった

 

イートモ実物で検索したときにはこのような見た目になります。

ご利用は自己責任で。

今週もお疲れさまでした。

 

2019年6月23日 (日)

ウェアリング・オフ現象

イートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

このところずうっとパーキンソン病治療薬の文書をイートモ用に対訳化・編集しています。

パーキンソン病関係では必ずと言っていいほど

「ウェアリング・オフ現象」

「オフ時間」

「オフ状態」

という記述が出てきます。

 

「擦り切れる」ということらしいです

 

医学翻訳者レベルではこの程度の知識があればなんとかなります。

あとは訳出。

 

単語ベースの英訳は簡単ですが、問題はセンテンスベースで前後をどのように記述するかです。

上記のパーキンソン病治療薬の文書から多数の記述をセンテンスベースで入手し、イートモ用に対訳化・編集しましたが、それとは別に調査したいと思います。

 

Anti-Parkinson Drug

でGoogle検索します。

何で検索するかは常識を働かせてください。

 

有名どころとして、Entacaponeでさらに検索します。このあたりも常識を働かせてください。

 

Comtan, INN-Entacapone 

この文書が詳しそうなので、これを素材に「off」でサーチします。

15件ヒット。

 

At that stage, the patient may switch within seconds from a state of relatively good mobility to one of severe parkinsonism, giving rise to the term “ON-OFF” phenomenon.

OFF periods tend to become longer and to set in abruptly. ON periods are often combined with dyskinesias and/or other movement disorders.

As Parkinson’s disease progresses, control of symptoms, particularly mobility, with L-dopa becomes increasingly difficult due to the ON/OFF fluctuations.

ON/OFF effects are referred to as fluctuating patients, those with a stable response to L-dopa treatment as non-fluctuating patients.

Secondary criteria (FR) were the Unified Parkinson’s Disease Rating Scale (UPDRS), total and cluster scores; global score; daily fluctuations in disability and L-dopa dose, proportion of OFF time.

The phase II study enrolled almost exclusively patients with a long history of idiopathic Parkinson’s disease and L-dopa dose-dependent motor fluctuations (wearing off).

Compared to placebo, entacapone increased the duration of ON time by 1.3 hours (p<0.001, 95% CI 0.8-1.9) and decreased OFF time to about the same extent.

The proportion of OFF time decreased by 24% in the entacapone group and did not change in the placebo group.

However, the dyskinesias were less frequent at the end of the study, possibly due to the decrease in daily L-dopa dose.

Entacapone slightly decreased the proportion of patients with predictable OFF periods, but did not affect unpredictable or sudden OFF periods.

However, the dyskinesias were less frequent at the end of the study, possibly due to the decrease in daily L-dopa dose.

Entacapone slightly decreased the proportion of patients with predictable OFF periods, but did not affect unpredictable or sudden OFF periods.

The frequency of wearing off significantly decreased with entacapone.

The increase in ON time was 0.58 hours compared to placebo in the whole study population and 0.75 hours in patients who were OFF at least 3 hours at baseline.

A significant and proportional decrease in OFF time was observed.

Analysis of ON time, OFF time and fluctuations in disability were not included.

Though an effect on on/off time was seen, entacapone did not clearly increase the apparent t½ of L-dopa.

 

ざっとこんな感じ。ONについての記述も含まれているのでいい感じです。

Entacaponeの添付文書でもサーチしようかと思います。


上記のセンテンスから選択して、イートモ用に対訳化・編集した後、イートモに収録しようと思います。

 

より以前の記事一覧

フォト

イートモ

  • 9月1日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想