イートモサンプルのダウンロード【販促用】

2019年7月 5日 (金)

protein binding

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

さて、毎度のことですが、漢字、ひらがな、カタカナがある日本語の表記について。

今回は、protein bindingに対応する和訳をどうするかです。

 

例によってPMDAのサイトで調べてみます。

 

蛋白結合 約3500

タンパク結合 約750

タンパク質結合 約50

蛋白質結合 約30

 

ライフサイエンス辞書では「タンパク質」が最初に出るのですが、protein bindingについては「蛋白結合」が多い。

PMDAに準じて、イートモではprotein binding関係については「蛋白結合」、「蛋白結合性」、「蛋白結合率」のように表記しますが、クライアントや翻訳会社の指示に従ってください。

 

それでは、protein bindingを含むイートモ対訳を以下に提示します(ご参考まで)。

 

through a sterile, low-protein binding 0.22 µM filter.

低蛋白結合性の無菌0.22µMフィルターを通して、~

14C-Drug A was added to rat and dog plasmas at 100, 1000, and 10,000 ng/mL, and the plasma protein binding rate (mean for each concentration) was measured.

14C-薬剤Aをラット及びイヌの血漿に100100010,000ng/mLの濃度に添加し、血漿蛋白結合率(各濃度の平均値)を測定した

A low protein binding of 10% to 15% in experimental animals and 20% in humans was found.

蛋白結合率は実験動物で1015%、ヒトで20%と低かった

Across the species investigated, the plasma protein binding for Drug A was consistently greater than 95%.

検討した動物種すべてで、薬剤Aの血漿蛋白結合率は一貫して95%を上回っていた

Administer Drug A through a low protein binding 0.22-micrometer in-line filter (placed as proximal to the patient as practical).

低蛋白結合性の0.22µmインラインフィルター(できる限り患者の近くに設置)を通して薬剤Aを投与する

Assuming 100% absorption and no blood protein binding in a 50 kg adult human, ….

体重50kgの成人において吸収率が100%、血液蛋白結合がないと仮定すると、~

Based on its high degree of plasma protein binding, dialysis is unlikely to be useful in overdose.

その血漿蛋白結合が高度であることを踏まえて、透析が過量投与の場合に役立つとは思われない

Drug A displayed generally a slightly higher plasma protein binding than Drug B.

全般に、薬剤Aは薬剤Bよりもわずかに高い血漿蛋白結合性を示した

Drug A exhibits a varying extent of protein binding in the different species.

薬剤Aは動物種によって異なる蛋白結合度を示す

Drug A exhibits moderate plasma protein binding (30% to 50% bound).

薬剤Aは中程度の血漿蛋白結合率(3050%)を示す

Drug A has a low plasma protein binding and an intermediate volume of distribution.

薬剤Aは血漿蛋白結合が低く、分布容積は中程度である

Drug A must be administered with the use of a low protein binding 0.22-micrometer in-line filter.

薬剤Aは、低蛋白結合性の0.22µmインラインフィルターを用いて投与しなければならない

Drug A was extensively bound to plasma proteins, with a plasma protein binding of > 99.9% in all animal species and humans at a Drug A concentration of 5 µg/mL.

薬剤Aは血漿タンパク質に対して高度に結合し、薬剤Aの濃度5µg/mLにおける血漿蛋白結合率は全動物種及びヒトで99.9%超であった

Ex vivo plasma protein binding of Drug A was 99.0% in healthy subjects and 99.5% in patients with hepatic insufficiency.

薬剤Aex vivoにおける血漿蛋白結合率は健康被験者で99.0%、肝不全患者で99.5%であった

Forced diuresis, alkalinization of urine, hemodialysis, or hemoperfusion may not be useful due to high protein binding.

高蛋白結合性であるため、強制利尿、尿のアルカリ化、血液透析、血液灌流が役立つとは考えられない

Levels of protein binding of Drug A and Drug B in healthy subjects were 20% to 30% and 50% to 60%, respectively.

健康被験者における薬剤A及び薬剤Bの蛋白結合レベルはそれぞれ2030%及び5060%であった

Lower uptake to blood cells is accompanied conversely by higher plasma protein binding.

血球への取り込みが少ないほど、逆に血漿蛋白結合が高くなる

Mean protein binding was 15%.

平均蛋白結合率は15%であった

No information is available regarding the removal of Drug A by hemodialysis, but based on its high degree of plasma protein binding dialysis is unlikely to be useful in overdose.

血液透析による薬剤Aの除去に関する情報は得られていないが、血漿蛋白結合度が高いことを踏まえると、過量投与の場合に透析が役立つとは思われない

Plasma protein binding of Drug A was low for human, dog, rabbit, mouse, and rat, with bound fractions between 20% and 30%.

薬剤Aの血漿蛋白結合はヒト、イヌ、ウサギ、マウス、ラットで低く、結合率は2030%であった

Plasma protein binding studies were not considered necessary for this chimeric monoclonal antibody.

このキメラモノクローナル抗体に血漿蛋白結合性試験は必要と考えられなかった

Protein binding lowers the plasma free <<unbound>> drug concentration.

蛋白結合は血漿中の遊離型薬物濃度を下げる

Protein binding of Drug A is moderate at 20% to 40%.

薬剤Aの蛋白結合は2040%と低値である

Protein binding was concentration-independent within the expected therapeutic range of plasma concentrations.

蛋白結合は予想される治療域血漿中濃度の範囲内において濃度非依存的であった

Since antibodies do not bind to plasma proteins, no studies on plasma protein binding have been conducted.

抗体は血漿タンパク質に結合しないため、血漿蛋白結合に関する試験は行われていない

The extent of protein binding was similar between healthy subjects and patients with moderate hepatic impairment, amounting to 70.0% and 75.0%, respectively.

蛋白結合度は健康被験者及び中等度肝機能障害の患者で同等で、それぞれ70.0%及び75.0%であった

The following drugs, potentially used concomitantly with Drug A in routine clinical practice, were investigated in vitro for their effects on human plasma protein binding of 14C-Drug A: ...

いつもの医療現場で薬剤Aと併用投与される可能性のある次の薬剤については、14C-薬剤Aのヒト血漿蛋白結合に対する影響をin vitroで検討した

The in vitro plasma protein binding was higher than 99% for all species, irrespective of the concentration of Drug A tested.

in vitroにおける血漿蛋白結合率は、検討対象とした薬剤Aの濃度に関係なく、すべての動物種で99%よりも高かった

The moderate affinity of Drug A for human plasma proteins indicates that a potential drug-drug interaction in humans on the basis of protein binding is very unlikely.

ヒト血漿タンパク質に対する薬剤Aの親和性は中等度であることから、ヒトにおいて蛋白結合に基づく薬物相互作用が起こる可能性は非常に低いことを示している

The percent of plasma protein binding of Drug A was 90.0% in the rat, 85.0% in the dog, and 95.0% in humans.

薬剤Aの血漿蛋白結合率は、ラットで90.0%、イヌで85.0%、ヒトで95.0%であった

The plasma protein binding of unlabeled Drug A was studied in vitro by equilibrium dialysis in plasma from mice and rats.

非標識薬剤Aの血漿蛋白結合は、マウス及びラットの血漿を用い、in vitroで平衡透析によって検討した

The protein binding did not appear to be concentration-dependent, and did not show apparent gender difference.

この蛋白結合は濃度に依存していると思われず、明らかな性差も示さなかった

These drugs hardly affect the human plasma protein binding of Drug A.

これらの薬剤は薬剤Aのヒト血漿蛋白結合にほとんど影響を及ぼさない

When these concentrations are corrected for plasma protein binding in each species, effective concentrations range between 30 and 200 nM, and tend to be higher in species (rat and dog) for which the FXa affinity of Drug A is lower.

これらの濃度を各動物種における血漿蛋白結合率で補正すると、有効濃度は30200nMの範囲となり、薬剤AFXa親和性が比較的低い動物種(ラット及びイヌ)において高くなる傾向を示す

With the very high plasma protein binding of Drug A, significant inhibition of CYP isoenzymes by Drug A is not likely.

薬剤Aは血漿蛋白結合が非常に高いので、薬剤AによるCYPアイソザイムの著しい阻害が起こる可能性はない

Following a single oral dose of 3 mg/kg of 14C-Drug A in male rats, the percent serum protein binding values at 0.5, 2, and 6 hours post-dose were 95.0%, 94.0%, and 92.0%, respectively.

雄ラットに14C-薬剤A 3 mg/kgを単回経口投与したとき、投与0.526時間後の血漿蛋白結合率はそれぞれ95.0%、94.0%、92.0%であった

Given that the protein binding of Drug A is 90% in humans, the plasma trough unbound concentrations at these doses are calculated to be 10.0 and 20.0 nmol/L, respectively.

薬剤Aの蛋白結合率がヒトにおいて90%とすると、これらの用量における非結合体の血漿中トラフ濃度はそれぞれ10.0及び20.0nmol/Lと算出される

When 14C-Drug A was added to rat serum at final concentrations of 10, 100, 1000, and 10,000 ng/mL, the percent protein binding values were 95.0% to 96.0%.

14C-薬剤Aをラット血清に101001,00010,000ng/mLの最終濃度に添加したとき、蛋白結合率は95.096.0%であった

When 3H-Drug A was added to human serum at final concentrations of 10, 100, and 1000 ng/mL, the percent protein binding values were 90.0% to 95.0%.

3H-薬剤Aをヒト血清に101001,000ng/mLの最終濃度に添加したとき、蛋白結合率は90.095.0%であった

 

イートモ実物で検索したときにはこのような見た目になります。

ご利用は自己責任で。

今週もお疲れさまでした。

 

2019年6月23日 (日)

ウェアリング・オフ現象

イートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

このところずうっとパーキンソン病治療薬の文書をイートモ用に対訳化・編集しています。

パーキンソン病関係では必ずと言っていいほど

「ウェアリング・オフ現象」

「オフ時間」

「オフ状態」

という記述が出てきます。

 

「擦り切れる」ということらしいです

 

医学翻訳者レベルではこの程度の知識があればなんとかなります。

あとは訳出。

 

単語ベースの英訳は簡単ですが、問題はセンテンスベースで前後をどのように記述するかです。

上記のパーキンソン病治療薬の文書から多数の記述をセンテンスベースで入手し、イートモ用に対訳化・編集しましたが、それとは別に調査したいと思います。

 

Anti-Parkinson Drug

でGoogle検索します。

何で検索するかは常識を働かせてください。

 

有名どころとして、Entacaponeでさらに検索します。このあたりも常識を働かせてください。

 

Comtan, INN-Entacapone 

この文書が詳しそうなので、これを素材に「off」でサーチします。

15件ヒット。

 

At that stage, the patient may switch within seconds from a state of relatively good mobility to one of severe parkinsonism, giving rise to the term “ON-OFF” phenomenon.

OFF periods tend to become longer and to set in abruptly. ON periods are often combined with dyskinesias and/or other movement disorders.

As Parkinson’s disease progresses, control of symptoms, particularly mobility, with L-dopa becomes increasingly difficult due to the ON/OFF fluctuations.

ON/OFF effects are referred to as fluctuating patients, those with a stable response to L-dopa treatment as non-fluctuating patients.

Secondary criteria (FR) were the Unified Parkinson’s Disease Rating Scale (UPDRS), total and cluster scores; global score; daily fluctuations in disability and L-dopa dose, proportion of OFF time.

The phase II study enrolled almost exclusively patients with a long history of idiopathic Parkinson’s disease and L-dopa dose-dependent motor fluctuations (wearing off).

Compared to placebo, entacapone increased the duration of ON time by 1.3 hours (p<0.001, 95% CI 0.8-1.9) and decreased OFF time to about the same extent.

The proportion of OFF time decreased by 24% in the entacapone group and did not change in the placebo group.

However, the dyskinesias were less frequent at the end of the study, possibly due to the decrease in daily L-dopa dose.

Entacapone slightly decreased the proportion of patients with predictable OFF periods, but did not affect unpredictable or sudden OFF periods.

However, the dyskinesias were less frequent at the end of the study, possibly due to the decrease in daily L-dopa dose.

Entacapone slightly decreased the proportion of patients with predictable OFF periods, but did not affect unpredictable or sudden OFF periods.

The frequency of wearing off significantly decreased with entacapone.

The increase in ON time was 0.58 hours compared to placebo in the whole study population and 0.75 hours in patients who were OFF at least 3 hours at baseline.

A significant and proportional decrease in OFF time was observed.

Analysis of ON time, OFF time and fluctuations in disability were not included.

Though an effect on on/off time was seen, entacapone did not clearly increase the apparent t½ of L-dopa.

 

ざっとこんな感じ。ONについての記述も含まれているのでいい感じです。

Entacaponeの添付文書でもサーチしようかと思います。


上記のセンテンスから選択して、イートモ用に対訳化・編集した後、イートモに収録しようと思います。

 

2019年6月14日 (金)

『切迫屠殺』

医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の見直しや新規対訳の作成をしていると、そのプロセスでいろいろな気付きがあります。

 

例えば、『切迫屠殺』。

 

毒性試験では当たり前の用語というか表現ですが、ライフサイエンス辞書に載っていないんです。

Seppaku1

 

英辞郎には載っているだろうと思ったら、

Seppaku2

出ていない。

 

さすがに株価上昇中のロゼッタさんの辞書には載っていると思ったら、中身はいまいち。

自社特製の貴重な資料は表に出さないのでしょうか?ww

Seppaku3

 

医学翻訳フリーランサーのみなさん、試料がないのに今までどうしていたのでしょう?

翻訳会社特製の資料をもらっていました?

 

「切迫屠殺」の英訳がわからないと、仕事にならないでしょうから、イートモからご紹介します。

 

Another dog, sacrificed in extremis after 5.0 years on test, developed an undifferentiated carcinoma of the liver with metastases to many organs.

試験で5.0年間経過後に切迫屠殺した別のイヌには、多くの臓器への転移を伴う肝臓の未分化癌が発生した

As one male dog in the 30 mg/kg/day group exhibited ananastasia, convulsion, and hyperthermia at Week 40, the dog was sacrificed in extremis.

30mg/kg/日群の雄イヌ1頭が40週目に起立不能、痙攣、体温上昇を示したので、このイヌは切迫屠殺となった

At 30 mg/kg/day, all males were either sacrificed in extremis or found dead.

30mg/kg/日ではすべての雄動物が切迫屠殺となったか、死亡が確認された

At necropsy, renal calculi were observed in 5 males treated with Drug A at 500 mg/kg, 2 of which were euthanized moribund after 10 weeks of treatment.

剖検時、薬剤A 500mg/kgが投与された雄5匹に腎結石が認められ、そのうち2匹は瀕死状態のために10週間の投与後に殺処分した

In the animals that were sacrificed in extremis in the 100 mg/kg group, an increase in creatinine was observed.

100mg/kg群で切迫屠殺したすべての動物においてクレアチニンの増加が認められた

In the developmental toxicity study in the rabbit, ten does died and one was moribund sacrificed in the 10 mg/kg/day group.

ウサギを用いたこの発生毒性試験において、10mg/kg/日群では雌動物10羽が死亡し、1羽が瀕死のために屠殺となった《切迫屠殺した》

In the Drug A group, 9 of 20 rats (4 of 10 males, 5 of 10 females) died by Day 7, and all of the remaining rats were sacrificed in extremis on Day 9.

薬剤A群ではラット20匹のうち9匹(雄10匹のうち4匹、雌10匹のうち5匹)が7日目までに死亡し、残りのラットのすべてを9日目に切迫屠殺した

No animals were sacrificed moribund or died during the study period.

試験期間中に切迫屠殺となった動物又は死亡した動物はなかった

No animals were sacrificed moribund or died for reasons associated with Drug A during the study period.

試験期間中に薬剤Aと関連する理由で切迫屠殺となった動物又は死亡した動物はなかった

Of 10 animals each exposed to either light or simulated sunlight, 2 animals died or were sacrificed moribund.

光又は模擬太陽光が照射された各10匹のうち2匹が死亡するか、瀕死のために屠殺された《切迫屠殺となった》

One high dose male was found dead at Week 30, and 1 additional male and 3 females were sacrificed in moribund condition between Weeks 15 and 35.

高用量投与の雄1匹は30週目に死亡が確認され、15~35週目の間に別の雄1匹及び雌3匹が瀕死状態のため屠殺された《切迫屠殺した》

One of 6 animals treated with Drug A was sacrificed moribund due to worsening condition.

薬剤Aを投与した6匹のうち1匹が状態悪化のために切迫屠殺となった

This monkey was sacrificed in extremis on Day 30.

このサルは30日目に切迫屠殺となった

Two females given 40 mg/kg/day in the 13-week repeat-dose study were sacrificed in moribund condition.

この13週間反復投与試験で40mg/kg/日が投与された雌2匹は瀕死状態のために屠殺された《切迫屠殺した》

 

参考にするのは自己責任で。

 

2019年5月24日 (金)

大物をイートモ用に対訳化・編集中

日本全国のイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

ブログ更新がすかすかになっていますが、何もしていないわけではありません。

現在、大物をイートモ用に対訳化・編集しているところです。

治験関係の中心的文書。

今のところ、対訳数は400件余りに上っています。

最終的には、600件ほどになるのではないかと。

チェックしながらイートモ用データベースに移行することになります。

7月頃に次期バージョン(イートモ6.3)のリリースということになる予定です。

発売後、イートモユーザー様にはイートモ6.3の無料ダウンロードメールを差し上げます。

メールアドレス等が変わったイートモユーザー様はお知らせください

 

特に医学翻訳についてのネタがないので、今年、イートモ用データベースに収録した添付文書の英訳作成ガイドラインでもご覧ください。

一般に公表されているものをそのまま対訳化したものですので(無編集)、そのまま提示します。

 

 

英文

和文

コメント

1. Blood Level
2. Absorption
3. Distribution
4. Metabolism
5. Excretion
6. Patients with Specific Backgrounds
7. Drug-Drug Interaction
8. Others

1. 血中濃度
2.
吸収
3.
分布
4.
代謝
5.
排泄
6.
特定の背景を有する患者
7.
薬物相互作用
8.
その他

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

1. Clinical Studies for Efficacy and Safety
2. Post-marketing Surveillance, etc.
3. Others

1. 有効性及び安全性に関する試験
2.
製造販売後調査等
3.
その他

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

1. Nonproprietary name
2. Chemical name
3. Abbreviation
4. Molecular formula
5. Molecular weight
6. Structural formula
7. Nuclear physical characteristics
8. Description
9. Melting point
10. Partition coefficient

1. 一般的名称
2.
化学名
3.
略名
4.
分子式
5.
分子量
6.
化学構造式
7.
核物理学的特性
8.
性状
9.
融点
10.
分配係数

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

1. Poisonous drug
2. Powerful drug
3. Narcotic
4. Stimulant
5. Raw material for stimulant
6. Habit-forming drug
7. Prescription-only drug
8. Psychotropic
9. Biological products
10. Specified biological products
11. Specially Approved Pharmaceuticals

1. 毒薬
2.
劇薬
3.
麻薬
4.
覚醒剤
5.
覚醒剤原料
6.
習慣性医薬品
7.
処方箋医薬品
8.
向精神薬
9.
生物由来製品
10.
特定生物由来製品
11.
特例承認医薬品

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

ADVERSE REACTIONS

副作用

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

APPROVAL CONDITIONS

承認条件

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Approval No.: 22300AMX12345678

承認番号:22300AMX12345678

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Approval No.: HAN-YAKU No.1613

承認番号:(阪薬)1613

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Brest-feeding Women

授乳婦

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

CLINICAL STUDIES

臨床成績

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Clinically Significant Adverse Reactions

重大な副作用

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

COMPOSITION AND PRODUCT DESCRIPTION

組成・性状

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

CONTRAINDICATIONS (This drug is contraindicated to the following patients.)

禁忌(次の患者には投与しないこと)

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Contraindications for Co-administration (Do not co-administer with the following.)

併用禁忌(併用しないこと)

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Date of Initial Marketing in Japan

販売開始年月

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

DOSAGE AND ADMINISTRATION

用法及び用量

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Geriatric Use

高齢者

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

IMPORTANT PRECAUTIONS

重要な基本的注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

INDICATIONS

効能又は効果

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

INFLUENCE ON LABORATORY TESTS

臨床検査結果に及ぼす影響

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Information Based on Clinical Use

臨床使用に基づく情報

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Information Based on Nonclinical Studies

非臨床試験に基づく情報

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

INTERACTIONS

相互作用

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Licensed by

提携

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Marketing Authorization Holder

製造販売元

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

MARKETING AUTHORIZATION HOLDER, etc.

製造販売業者等

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Mechanism of Action

作用機序

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Other Adverse Reactions

その他の副作用

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

OTHER PRECAUTIONS

その他の注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

OVERDOSAGE

過量投与

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PACKAGING

包装

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Patients with Complication or History of Diseases, etc.

合併症・既往歴等のある患者

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Patients with Hepatic Impairment

肝機能障害患者

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Patients with Renal Impairment

腎機能障害患者

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Patients with Reproductive Potential

生殖能を有する者

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Pediatric Use

小児等

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Persons to be vaccinated with caution (Persons in whom the decision to vaccinate must be made with caution)

接種要注意者(接種の判断を行うに際し、注意を有する者)

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Persons with Hepatic Impairment

肝機能障害を有する者

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Persons with Renal Impairment

腎機能障害を有する者

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PHARMACOKINETICS

薬物動態

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PHARMACOLOGY

薬効薬理

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PHYSICOCHEMICAL PROPERTIES

有効成分に関する理化学的知見

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PRECAUTION CONCERNING HEALTH INSURANCE BENEFITS

保険給付上の注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Precautions Concerning Administration of the Drug

薬剤投与時の注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PRECAUTIONS CONCERNING DOSAGE AND ADMINISTRATION

用法及び用量に関連する使用上の注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PRECAUTIONS CONCERNING INDICATIONS

効能又は効果に関連する使用上の注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PRECAUTIONS CONCERNING PATIENTS WITH SPECIFIC BACKGROUNDS

特定の背景を有する患者に関する注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Precautions Concerning the Dispensing of the Drug

薬剤交付時の注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Precautions Concerning the Preparation of the Drug

薬剤調製時の注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PRECAUTIONS CONCERNING USE

適用上の注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Precautions for Co-administration (This drug should be administered with caution when co-administered with the following.)

併用注意(併用に注意すること)

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

PRECAUTIONS FOR HANDLING

取扱い上の注意

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Pregnant Women

妊婦

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Prepared: April 2019

2019年4月作成

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Product Description

製剤の性状

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

REFERENCE REQUEST AND CONTACT INFORMATION

文献請求先及び問い合わせ先

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

REFERENCES

主要文献

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Regulatory Classification

規制区分

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Revised: July 2020 (2nd version of new form)

2020年7月改訂(新様式第2版)

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Standard Commodity Classification Number of Japan <<Standard Commodity Classification No. of Japan>>

日本標準商品分類番号

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Storage

貯法

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Summary of Manufacturing Method

製法の概要

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

SUMMARY OF MANUFACTURING METHOD, COMPOSITION AND PRODUCT DESCRIPTION

製法の概要及び組成・性状

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

Therapeutic Category

薬効分類名

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

WARNINGS

警告

 

[出典]厚生労働省による「添付文書英訳作成ガイダンス2019/03

 

 

医学翻訳で稼ぐことをあきらめてしまった方はポメラニアンのゆきちゃんをどうぞ

癒されますよ

 

2019年1月

 

2019年3月

 

 

2019年5月 3日 (金)

日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」

イートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

以前から整理していたOTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンスですが、やっとイートモデータベースに収録しました。

 

収録するに当たり、

●原則として変更せずにそのまま収録し、出典を明記する

●明らかなスペルミスや誤記等は修正した上で収録する

●極端に意訳されている部分は収録しない

の方針で作業を進めました。

 

政府機関や学会から出ている他の対訳物についても上記の方針でイートモDBに収録しています。

一般に公表されているものですので、イートモDBに収録した部分(287件)を以下に提示します。

 

 

(In case of a long-term vessel journey) take this medicine (during a vessel journey) for the prevention of motion sickness. In case of additionally taking this medicine (upon the onset of the symptom, as needed), take this medicine in intervals of at least 4 hours.

(長時間の乗車船の場合,乗車船中)予防を目的として服用する.なお,(必要に応じて,症状発現時に)追加服用する場合には,4時間以上の間隔をおき服用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

(In case of a long-term vessel journey) take this medicine once daily (during a vessel journey) for the prevention of motion sickness.

(長時間の乗車船の場合乗車船中)予防を目的として11回服用する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

1) Constipation
2) Relief of the following symptoms due to constipation: dull headache, hot flush, skin roughness, eruption, loss of appetite (anorexia), fullness in the abdomen, abnormal fermentation in the intestines, and hemorrhoids
3) Rapid excretion of intestinal contents (food poisoning, etc.)
4) Constipation in infants and small children
5) Nutritional supplementation to infants and small children in poor development

1)便秘
2)
便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常醗酵,痔
3)
腸内容物の急速な排除(食あたり等)
4)
乳幼児の便秘
5)
乳幼児の発育不良時の栄養補給

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

3 times a day within 30 minutes after a meal.

1日3回食後なるべく30分以内に服用

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

After taking the preparation, menstruation may begin earlier than anticipated, or the amount of menstrual bleeding may become larger. If bleeding persists, consult a physician, pharmacist or registered salesperson, being sure to take this instruction leaflet with you.

服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがある.出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

After taking this drug, do not drive a car or operate machinery (sleepiness may occur).

服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと(眠気等があらわれることがある.)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

After taking this drug, do not drive a car or operate machinery (symptoms such as sleepiness, blurred vision and abnormal brightness may occur).

服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと(眠気や目のかすみ,異常なまぶしさ等の症状があらわれることがある.)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

After using this medicine, refrain from defecating until the urge becomes strong. (Attempting to defecate immediately after use may only see the medicinal liquid coming out, and the desired effect may not be attained. )

本剤使用後は,便意が強まるまで,しばらくがまんすること.(使用後,すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され,効果がみられないことがある.)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

After wetting both sides of the contact lenses with 1 to 2 drops of this solution, rinse with water, then apply 1 drop to the internal side of the lenses before wearing them.

コンタクトレンズの両面を本液の12滴でぬらしたのち,一度水洗いしてからレンズ内面に1滴つけて装着する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Agranulocytosis: Symptoms, such as acute high fever, chills and sore throat, etc. may occur.

無顆粒球症:突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Antipyretic Analgesics (analgesics, antipyretics, fever-reducing medicine)

解熱鎮痛薬(鎮痛薬,解熱薬,下熱薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Antitussives and Expectorants (cough medicine, cough suppressant)

鎮咳去痰薬(咳止め薬,咳止め)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Antivertigo Medicines (medicine for motion sickness)

鎮暈薬(乗物酔い薬,乗物酔い用薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Aplastic anemia: Symptoms, such as bruises, nose bleeds, bleeding gums, fever, pale appearance of skin and mucosa, fatigue, palpitations, shortness of breath, becoming dizzy from feeling sick and blood in the urine, etc. may occur.

再生不良性貧血:青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Aseptic meningitis: Symptoms, such as severe headache with a tight sensation along the neck, fever and feeling nausea/vomiting, etc. may occur. (these symptoms are frequently reported particularly in patients under treatment for systemic lupus erythematosus or mixed connective tissue disease.)

無菌性髄膜炎:首すじのつっぱりを伴った激しい頭痛,発熱,吐き気・嘔吐等があらわれる.(このような症状は,特に全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病の治療を受けている人で多く報告されている.)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Asthma: Symptoms, such as wheezing or hissing when breathing, and difficult breathing, etc. may occur.

ぜんそく:息をするときゼーゼー,ヒューヒューと鳴る,息苦しい等があらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Attention must be paid as forceful insertion of the medicine may damage the rectum mucosa.

無理に挿入すると直腸粘膜を傷つけるおそれがあるので注意すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Automatic imbalance syndrome peculiar to women resembling climacteric disturbance

血の道症

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Avoid taking this medicine before bed.

就寝前の服用を避けること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Be sure to keep the tip of the container away from the contact lenses or fingers. Do not use when the medicine appears cloudy.

容器の先をコンタクトレンズ,指に触れさせないこと.また,混濁したものは使用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Before take, put the medicine into either water or lukewarm water to allow the medicine to bubble and then disintegrate/dissolve for dosing.

用時水又は温湯中で発泡し,崩壊・溶解させて服用する

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Children under 15 years old.

15歳未満の小児

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Cold Remedies (general cold medicine, general cold remedies, cold remedies)

かぜ薬(総合かぜ薬,総合感冒薬,感冒薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Congestive heart failure, ventricular tachycardia: Whole body tiredness, palpitations, shortness of breath, chest discomfort, chest pain, dizziness and faint may appear

うっ血性心不全,心室頻拍:全身のだるさ,動悸,息切れ,胸部の不快感,胸が痛む,めまい,失神等があらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Conjunctivitis (pink-eye), chalazia, blepharitis (running eye), itchy eyes

結膜炎(はやり目),ものもらい,眼瞼炎(まぶたのただれ),目のかゆみ

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Cough or sputum associated with sore throat.

のどの痛みをともなうせき・たん

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Cough, cough associated with wheezing (wheezy, whistling), and sputum.

せき,喘鳴(ぜーぜー,ひゅーひゅー)をともなうせき,たん

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Diarrhea, diarrhea due to indigestion, food poisoning, vomiting and purging, water poisoning, loose bowels, soft stool, and diarrhea accompanied by abdominal pain.

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便,腹痛を伴う下痢

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Dilute the medicine to the specified concentration and shake well.

定められた濃度に希釈して,よくかき混ぜること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not drink alcohol before/after taking this medicine.

服用前後は飲酒しないこと

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not share the eye-washing cup with others.

洗眼カップは他の人と共用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not share with others.

他の人と共用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not take this medicine continuously for more than 1 week.

1週間以上継続して服用しないこと

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not take this medicine for a long time.

長期連用しないこと

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not take this medicine for more than 5 days.

5日間を超えて服用しないこと

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not transfer the medicine to a different container. (It may lead to misuse or alter the quality of the drug.)

他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる.).

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not use this medicine while wearing soft contact lenses (contact lenses)

ソフトコンタクトレンズ(コンタクトレンズ)を装着したまま使用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Ensure that the tip of the container does not touch the eyelid or eyelashes. Do not use when the medicine appears cloudy.

容器の先をまぶた,まつ毛に触れさせないこと.また,混濁したものは使用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Excessive use may cause abnormally brightness or eye congestion.

過度に使用すると,異常なまぶしさを感じたり,かえって充血を招くことがある.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Eyestrain, redness of the conjunctiva, prevention of eye troubles (after swimming, or to wash out sweat or dust etc.), ophthalmia by ultraviolet rays etc. (snow blindness etc.), blepharitis (running eye), foreign-body feeling by contact lenses, itchy eyes, blurred vision (eye mucus)

目の疲れ,結膜充血,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど),紫外線その他の光線による眼炎(雪目など),眼瞼炎(まぶたのただれ),ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感,目のかゆみ,目のかすみ(目やにの多いときなど)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For 12 years old and over, inject one unit (40 g) at a time into the rectum.

12歳以上は11個(40g)を直腸内に注入すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For children 3 years old and over, caution must be exercised to prevent them from choking on the medicine.

3歳以上の幼児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For infants under 1 year old, treatment by a physician should be prioritized and, when only necessary, allow them to take the medicine.

1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For infants younger than 2 years old, examination by a physician should always precede administration of this drug. This drug should be administered only if it is absolutely necessary.

2歳未満の乳幼児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For prevention of motion sickness, take this medicine once daily before embarking on a vessel (30 minutes, 30minutes to an hour, 1 hour).

乗物酔いの予防には乗車船(30分,30分から1時間,1時間)前に11回服用する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For promoting digestion, indigestion, loss of appetite (anorexia), excessive eating (overeating), constricted feeling in the stomach (stomach heaviness), heaviness in the chest, and feeling of fullness in the stomach and abdomen due to indigestion.

消化促進,消化不良,食欲不振(食欲減退),食べ過ぎ(過食),もたれ(胃もたれ),胸つかえ,消化不良による胃部・腹部膨満感

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For the prevention of motion sickness, take this medicine before embarking on a vessel (30 minutes,30 minutes to an hour, 1 hour). In case of additionally taking this medicine (upon the onset of the symptom, as needed), take this medicine in intervals of at least 4 hours.

乗物酔いの予防には乗車船(30分,30分から1時間,1時間)前に服用する.なお,(必要に応じて,症状発現時に)追加服用する場合には, 4時間以上の間隔をおき服用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Gastrointestinal Medicines (stomach medicine, medicine for intestinal regulation, antidiarrheal, medicine for stopping diarrhea, stomachic, digestives, antacid).

胃腸薬(胃の薬,整腸薬,止瀉薬,止しゃ薬,下痢止め薬,下痢止め,健胃薬,消化薬,制酸薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Heart failure: difficulty breathing when moving, easily becomes tired, the legs become swollen, sudden increase in body weight.

心不全:動くと息が苦しい,疲れやすい,足がむくむ,急に体重が増えた.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Hepatic function failure: Symptoms, such as fever, itching, rash, jaundice (yellowing of skin and white of eyes), brown urine, general malaise, loss of appetite, etc. may occur.

肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Hoarse voice due to throat inflammation, rough throat, throat discomfort, sore throat, and swollen throat.

のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれ

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Hyperacidity, heartburn, feeling of discomfort in the stomach, feeling of fullness in the stomach, constricted feeling in the stomach (stomach heaviness), heaviness in the stomach, heaviness in the chest, belching (burping), nausea(retching, stomach retching, retching due to hangovers and overdrinking, sick feeling, and feeling of sickness),vomiting, excessive drinking (overdrinking), and stomachache.

胃酸過多,胸やけ,胃部不快感,胃部膨満感,もたれ(胃もたれ),胃重,胸つかえ,げっぷ(おくび),はきけ(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐,飲み過ぎ(過飲),胃痛

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

If the effect is not obtained, inject an additional unit of the same amount.

それで効果のみられない場合には,さらに同量をもう一度注入すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

If the following symptoms are observed after taking this drug, these may be adverse reactions, so immediately discontinue the use of this drug, and show this document to your physician, pharmacist, or registered salesperson for a consultation.

服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

If you do not follow these instructions, the current symptoms may worsen or adverse reactions are more likely to occur.

守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

If you do not follow these instructions, the current symptoms may worsen or adverse reactions/incidents are more likely to occur.

守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

In case of the following, stop taking this medicine and consult a physician, pharmacist or registered salesperson, being sure to take this instruction leaflet with you.
- When blurred vision does not improve.
- When symptoms do not improve even after using the medicine for about 2 weeks (for 5 to 6 days).

次の場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
・目のかすみが改善されない場合.
2週間位(56日間)使用しても症状がよくならない場合.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Insert within the rectum 1 unit at a time, and if the effect cannot be obtained, insert an additional unit.

1回1個を直腸内に挿入し,それで効果のみられない場合にはさらにもう1個を挿入する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Interstitial pneumonia: Shortness and/or difficulties of breath when go upstairs or overwork, sudden dry cough and/or fever and its continuance

間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Interstitial pneumonia: Shortness and/or difficulties of breath when go upstairs or overwork, sudden dry cough and/or fever and its continuance

間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Intestinal regulation (regulation of stool), feeling of fullness in the abdomen, soft stool, and constipation.

整腸(便通を整える),腹部膨満感,軟便,便秘

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Irregular menstruation (A physician or pharmacist should be consulted if there is no improvement after about one month of administration)

月経不順(ただし,これらの症状について,1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は,医師又は薬剤師に相談すること.)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Keep out of reach of children.

小児の手の届かない所に保管すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Kidney disorders: Symptoms, such as fever, rash, reduced urinary volume, general oedema, general malaise, arthralgia (painful joints) and diarrhea, etc. may occur.

腎障害:発熱,発疹,尿量の減少,全身のむくみ,全身のだるさ,関節痛(節々が痛む),下痢等があらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Laxatives (purgative, medicine for constipation, laxative)

瀉下薬(下剤,便秘薬,緩下薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Loss of appetite (anorexia), feeling of fullness in the stomach and abdomen, indigestion, weak stomach, excessive eating (overeating), excessive drinking (overdrinking), heartburn, constricted feeling in the stomach (stomach heaviness), heaviness in the chest, nausea (retching, stomach retching, retching due to hangovers and overdrinking, sick feeling, and feeling of sickness), and vomiting.

食欲不振(食欲減退),胃部・腹部膨満感,消化不良,胃弱,食べ過ぎ(過食),飲み過ぎ(過飲),胸やけ,もたれ(胃もたれ),胸つかえ,はきけ(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Necessity of reading the labeling and items relating to storage

添付文書の必読及び保管に関する事項

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Night blindness (nyctalopia)

夜盲症(とり目)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Nursing women should either not take this medicine or stop nursing while taking this medicine.

授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Oculomucocutaneous syndrome (Stevens-Johnson syndrome), toxic epidermal necrolysis, acute generalised exanthematous pustulosis: Hyperthermia, ocular hyperaemia, eye discharge, lip erosion, pain throat, widespread skin rash/redness, small pimples (small pustules) on reddened skin, general malaise, anorexia, etc. may persist or suddenly worsen.

皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症,急性汎発性発疹性膿疱症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Ophthalmic Medicines (ordinary eye drops, ophthalmic solution, antibacterial eye drops, artificial tears, eyewashes, contact lens insertion preparations)

眼科用薬(目薬,点眼薬,抗菌性点眼薬,人工涙液,洗眼液,コンタクトレンズ装着液)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Oral Remedies for Rhinitis (rhinitis internal medicine, rhinitis medicine)

鼻炎用内服薬(鼻炎内服薬,鼻炎用薬,鼻炎薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Particularly in the case of infants/toddlers, attention should be paid to avoid casual use so as to avoid dependence on the use of enema.

特に乳幼児の場合には,安易な使用を避け,浣腸にたよりすぎないよう注意すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Patients who experienced any of the following diseases.
- Gastric/duodenal ulcer
- Ulcerative colitis
- Crohn's disease
- Patients who are being treated with interferon preparations.

次の病気にかかったことのある人
・胃・十二指腸潰瘍
・潰瘍性大腸炎
・クローン病
・インターフェロン製剤で治療を受けている人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Patients who have experienced asthma from taking this drug or other cold remedies, antipyretic analgesics.

本剤又は他のかぜ薬,解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Patients who have had an allergic symptom to this drug or its ingredients.

本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Persons diagnosed as having the following
- thyroid disease
- Diabetes
- heart disease
- Hypertension
- Liver disease
- kidney disease
- Gastric/duodenal ulcer
- Glaucoma
- Systemic lupus erythematosus
- Mixed connective tissue disease
- Patients with blood clots (cerebral thrombosis, myocardial infarction, thrombophlebitis)
- Patients who may develop thrombosis

次の診断を受けた人
・甲状腺機能障害
・糖尿病
・心臓病
・高血圧
・肝臓病
・腎臓病
・胃・十二指腸潰瘍
・緑内障
・全身性エリテマトーデス
・混合性結合組織病
・血栓のある人(脳血栓,心筋梗塞,血栓性静脈炎)
・血栓症を起こすおそれのある人

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Persons with the following symptoms:
- hyperthermia
- oedema
- urination difficulty

次の症状のある人
・高熱
・むくみ
・排尿困難

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Poor bowel movement can result from insufficient breast milk or an error in the diluting method for preparing modified milk. In such cases, consult a physician, pharmacist or registered salesperson.

便通不足は,母乳不足又は調整乳希釈方法の誤りにより起こることがあるので,このような場合には医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Precautions for storage and handling

保管及び取扱い上の注意

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Precautions relating to ingredient and amount

成分及び分量に関連する注意

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Pregnant women who are expected to give birth within 12 weeks.

出産予定日12週以内の妊婦

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Prevention and relief of dizziness, nausea, and headache associated with motion sickness.

乗物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Prevention of rickets

くる病の予防

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Product name, name of efficacy and risk classification

販売名,薬効名及びリスク区分

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Pseudoaldosteronism, myopathy: In addition to listlessness, numbness, stretched feeling, and stiffness of hands and feet, feeling of weakness and muscular pain will appear and gradually progress

偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of fever at the time of chills (feeling cold due to fever) and fever

悪寒・発熱時の解熱

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of headache, toothache, pain after tooth extraction, sore throat (throat pain), earache, joint pain, neuralgia, lumbago, muscular pain, pain due to stiff shoulders, contusion pain, bone fracture pain, pain associated with sprain (sprain pain), painful menses (menstrual pain), and traumatic pain

頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of the following symptoms due to acute rhinitis, allergic rhinitis or sinusitis; sneezing, runny nose (excessive nasal discharge), stuffy nose, watery eyes, sore throat, dull headache (heaviness in the head).

急性鼻炎,アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:くしゃみ,鼻みず(鼻汁過多),鼻づまり,なみだ目,のどの痛み,頭重(頭が重い)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of the following symptoms due to peripheral circulatory disturbances: stiffness in the shoulder and neck, numbness/chills in the limbs and chilblains

末梢血行障害による次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり,手足のしびれ、冷え,しもやけ

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of the following symptoms in the climacterium: stiffness in the shoulder and neck, chills, numbness in the limbs and hot flashes

更年期における次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり,冷え,手足のしびれ,のぼせ

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of the following symptoms: angular stomatitis, canker sores, stomatitis, glossitis, eczema, dermatitis, rash, sores, acne, skin roughness, rosacea, congestion of the eye, and itchy eyes (A physician or pharmacist should be consulted if there is no improvement after about one month of administration)

次の諸症状の緩和:口角炎,口唇炎,口内炎,舌炎,湿疹,皮膚炎,かぶれ,ただれ,にきび,肌あれ,赤鼻,目の充血,目のかゆみ(1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は,医師又は薬剤師に相談すること.)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of the following symptoms: dryness of the eyes

次の症状の緩和:目の乾燥感

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of the following symptoms: neuralgia, muscle and joint pain (lumbago, stiff shoulder, frozen shoulder), numbness in the limbs, constipation, and eye strain

次の諸症状の緩和:神経痛,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,便秘,眼精疲労

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of various symptoms of a common cold: running nose, stuffy nose, sneezing, sore throat, cough, phlegm (sputum), chills (feeling cold due to fever), fever, headache, joint pain, and muscle pain.

かぜの諸症状(鼻水,鼻づまり,くしゃみ,のどの痛み,せき,たん,悪寒,発熱,頭痛,関節の痛み,筋肉の痛み)の緩和

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Restrict to short-term medication and avoid taking continuously.

短期間の服用にとどめ,連用しないこと

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Shock (anaphylaxis): Symptoms, such as itching of skin, urticaria, hoarseness, sneezing, itchy throat, breathing difficulties, palpitations, and clouding of consciousness may occur immediately after take.

ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Some may have trouble lactating.

母乳が出にくくなることがある.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Sputum and cough with sputum.

たん,たんのからむせき

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Stomachache, abdominal pain, gripping pain (colic, spasms), hyperacidity, and heartburn.

胃痛,腹痛,さしこみ(疝痛,癲),胃酸過多,胸やけ

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Store in a cool, low humidity place away from direct sunlight.

直射日光の当たらない(湿気の少ない)涼しい所に保管すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Supplementation of Vitamin A and D in the following cases: during pregnancy and lactation, decreased strength during and after illness, and for growing children and the elderly.

次の場合のビタミンADの補給:妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,発育期,老年期

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Supplementation of Vitamin B 1 in the following cases: physical fatigue, during pregnancy and lactation, decreased strength during and after illness

次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Supplementation of Vitamin D in the following cases: during pregnancy and lactation, and for growing children and the elderly

次の場合のビタミンDの補給:妊娠・授乳期,発育期,老年期

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Supplementation of Vitamin E in the following case: for the elderly

次の場合のビタミンEの補給:老年期

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take 1 tablet (sachet) not more than 3 times a day with an interval of at least 4 hours between doses. If possible, avoid taking the medicine on an empty stomach.

1回1()13回を限度とし,なるべく空腹時をさけて服用する。服用間隔は4時間以上おくこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take the medicine by chewing or dissolving it in the mouth

かむか,口中で溶かして服用する

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take this medicine at the following dose twice daily, in the morning and evening on an empty stomach.

下記用量を12回朝夕の空腹時に服用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take this medicine on an empty stomach as much as possible x to y at a time up to twice daily. Take this medicine in intervals of at least 4 hours. However, use the minimum dose for the first time and gradually increase/decrease the dose by observing the bowel movement and conditions.

1回〇~〇,12回を限度とし,なるべく空腹時に服用すること.服用間隔は4時間以上おくこと.ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take this medicine once daily before bed (or on an empty stomach). However, use the minimum dose for the first time and gradually increase/decrease the dose by observing the bowel movement and conditions.

1日1回就寝前(又は空腹時)に服用すること.ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take this medicine once daily. However, for the prevention of motion sickness, take this medicine before embarking on a vessel (30 minutes, 30 minutes to an hour, 1 hour).

1日1回服用する.ただし,乗物酔いの予防には乗車船(30分,30分から1時間,1時間)前に服用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take this medicine up to (2, 3, 4) times a day. Take this medicine in intervals of at least 4 hours. However, for the prevention of motion sickness, take this medicine before embarking on a vessel (30 minutes, 30 minutes to an hour, 1 hour).

1日(234)回を限度として服用する.服用間隔は4時間以上おくこと.ただし,乗物酔いの予防には乗車船(30分,30分から1時間,1時間)前に服用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take this medicine, twice daily, in the morning and evening on an empty stomach (or before or during a meal). However, use the minimum dose for the first time and gradually increase/decrease the dose by observing the bowel movement and conditions.

1日2回朝夕の空腹時(又は食前あるいは食間)に服用すること.ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Tenesmus is characterized by the presence of a sense of incomplete evacuation, with an urge to defecate accompanying repeated abdominal pains.

しぶり腹とは,残便感があり,くり返し腹痛を伴う便意を催すもののことである.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The eyewash cup must be rinsed with plenty of tap water before and after use.

洗眼カップは使用前後に水道水で十分に洗浄すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

     

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following persons should contact a physician, pharmacist, or registered salesperson for a consultation before administration.
- Patients undergoing medical treatment from a physician or dentist.
- Patients undergoing medical treatment from a physician.
- Pregnant women or women suspected of being pregnant.
- Nursing women.
- Baby/infants/children (under 15 years old) who have varicella (chickenpox) or influenza or are suspected of having either of them.
- The elderly
- Patients who have experienced allergic symptoms associated with drugs, etc.
- Patients who have experienced insomnia, dizziness, lassitude, shivering, palpitations from taking cold remedies, antitussives and expectorants, oral remedies for rhinitis, etc.

次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
・医師又は歯科医師の治療を受けている人
・医師の治療を受けている人
・妊婦又は妊娠していると思われる人
・授乳中の人
・水痘(水ぼうそう)若しくはインフルエンザにかかっている又はその疑いのある乳・幼・小児(15歳未満)
・高齢者
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
・かぜ薬,鎮咳去痰薬,鼻炎用内服薬等により,不眠,めまい,脱力感,震え,動悸を起こしたことがある人

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following persons should contact a physician, pharmacist, or registered salesperson for a consultation before use.
- Patients undergoing medical treatment from a physician
- Pregnant women in not more than 3 months of gestation, women who think they may be pregnant or who wish to become pregnant. (There are reports documenting that the incidence of congenital anomalies in newborns increased with pregnant women who had taken 10,000 UI/day or more of vitamin A within 3 months before the pregnancy until 3-month gestation.)

次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
・医師の治療を受けている人.
・妊娠3カ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人.(妊娠3カ月前から妊娠3カ月までの間にビタミンA110,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告がある.)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following serious symptoms may occur in rare cases. In such cases, immediately seek medical aid:

まれに下記の重篤な症状が起こることがある.その場合は直ちに医師の診療を受けること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following serious symptoms may occur in rare cases. In such cases, immediately seek medical aid:

まれに下記の重篤な症状が起こることがある.その場合は直ちに医師の診療を受けること

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following symptoms may be observed after taking this drug. If these symptoms persist or worsen , discontinue the use of this drug, and show this document to your physician, pharmacist, or registered salesperson for a consultation.
- constipation
- Dry mouth
- Drowsiness
- blurred vision

服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
・便秘
・口のかわき
・眠気
・目のかすみ

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following symptoms may be observed after taking this drug. If these symptoms persist or worsen, discontinue the use of this drug, and show this document to your physician, pharmacist, or registered salesperson for a consultation.
- Thirst, sleepiness, constipation, blurred vision

服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
・口のかわき,眠気,便秘,目のかすみ

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following symptoms may be observed
- Dizziness when standing up
- Hot sensation of the anal area
- Discomfort
- Stomach discomfort
- Irritation of the anal area
- abdominal pain

次の症状があらわれることがある
・立ちくらみ
・肛門部の熱感
・不快感
・腹部不快感
・肛門部の刺激感
・腹痛

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This drug should not be taken together with the following drugs:
- Other cold medicines, antipyretics/analgesics, sedatives, expectorants, internal medicine, etc. containing antihistamines (internal medicine for rhinitis, medicine for motion sickness, medicine for allergies, etc.), gastrointestinal analgesics and antispasmodics.

本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと
・他のかぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等),胃腸鎮痛鎮痙薬

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This drug should not be taken together with the following drugs:
- Other internal medicine for rhinitis, internal medicine containing antihistamines (including cold medicine, expectorant, medicine for motion sickness, medicine for allergies).

本剤を使用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと
・他の鼻炎用内服薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬,鎮咳去痰薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This medicine can be used regardless of the physical endurance of the patient.

体力に関わらず,使用できる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This medicine may interfere with some test values on diabetes.

本剤の服用により,糖尿病の検査値に影響を及ぼすことがある.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This should be used only for the purpose of enema.

浣腸にのみ使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Thrombocytopenia: Symptoms, such as nosebleeds, bleeding from the gums and bruises, caused by reduced counts of platelets which is a component of the blood may occur.

血小板減少:血液中の成分である血小板の数が減ることにより,鼻血,歯ぐきからの出血,青あざ等の出血症状があらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

To treat bone and teeth developmental defects

骨歯の発育不良

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Use 1 to 3 drops of this medicine at a time 3 to 6 times a day.

1日36回,113滴点眼する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Use the medicine only in the anus.

肛門にのみ使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Use this medicine only for eye washing.

洗眼用にのみ使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Use this medicine only for ophthalmic instillation.

点眼用にのみ使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Use this medicine only when wearing hard contact lenses.

ハードコンタクトレンズを装着するときのみ使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Wet both sides of the contact lenses with 1 to 2 drops of this solution before wearing them.

コンタクトレンズの両面を本液の12滴でぬらしたのち装着する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

When allowing children to use the medicine, a guardian must be present to watch and tell such them how to use it.

小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

When symptoms do not improve even after taking the medicine 5 to 6 times, stop taking this medicine and consult a physician, pharmacist or registered salesperson, being sure to take this instruction leaflet with you.

5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

When this medicine is still soft, allow it to cool before use. When the medicine is too hard, use it after it becomes soft.

本剤が軟らかい場合には,しばらく冷やした後に使用すること.また,硬すぎる場合には,軟らかくなった後に使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

When using a 1/2 unit, inject the medicinal liquid by pressing the container until the midline is indicated on the container. Discard the remnants.

1/2個を用いる場合は,容器の中央の線まで薬液を押し出すこと.なお使用残液は廃棄すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

You should read this written explanation before use. Please keep it so that you can read it when you need to.

使用に当たって,この説明文書を必ず読むこと.また,必要なときに読めるよう大切に保存すること

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

1 tablet at a time, 4 to 6 times a day. Take one dose and allow it to dissolve without crushing the tablet

1回1錠,146回.1回量を,口中に含み,かまずにゆっくり溶かす

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

1. Gastrointestinal weakness
2. Throwing up milk (vomiting milk)
3. Nervousness in children
4. Fever associated with cold
5. Cold caught while sleeping

1. 胃腸虚弱
2.
乳はき(吐乳)
3.
小児の神経質
4.
かぜの熱
5.
ねびえ(寝冷)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

1. Infantile gastrointestinal disorders
2. Children's disease accompanying seizure and high fever
3. Yellow fever
4. Night sweats
5. Whooping cough

1. 小児五疳
2.
驚風
3.
熱病
4.
ねあせ
5.
百日咳

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

1. Infantile gastrointestinal disorders
2. Temper tantrums
3. Night cry
4. Convulsions
5. Indigestion

1. 小児の疳
2.
疳の虫《かんむし》
3.
夜なき
4.
ひきつけ
5.
消化不良

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

1. Sore throat
2. Food poisoning
3. Children’s temper tantrums
4. Tonic
5. Green stool

1. 咽喉痛
2.
食傷
3.
虫おさえ
4.
気付
5.
緑便

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Acidic constitution

酸性体質

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

acne, eruption

にきび,吹出物

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Adults (15 years old and over) and children 2 years old and over: nebulize 1 to 2 sprays at a time to each nostril for 1up to 5 times a day. For toddlers, it is advisable to apply 1 to 2 drops of the medicine by using a cotton swab for nostril application. The intervals for applying the medicine should be at least 3 hours.

成人(15歳以上)及び2歳以上の小児:1回に鼻腔内に12度ずつ,15回を限度として噴霧する.なお,幼児に対しては,綿棒を用い12滴を塗布することが望ましい.また,適用間隔は3時間以上おくこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

After brushing, take an appropriate amount of the medicine on a finger and rub gently into the gums twice a day.

1日2回ブラッシング後,適量を指にのせ,歯ぐきに塗り込む

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

After brushing, use a cotton swab to rub an appropriate amount of the medicine into the gums twice a day.

1日2回ブラッシング後,適量を綿棒を用いて,歯ぐきに塗り込む

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

After taking this medicine, the urine or feces may become red.

本剤服用後に尿又は便が赤く着色することがある.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Agents for suppurative skin diseases

化膿性疾患用薬

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Agents to prevent drowsiness (caffeine preparation)

眠気防止薬(カフェイン主薬製剤)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Alleviation of symptoms associated with gum inflammation/gingivitis (mouth odor, stickiness inside the mouth, prickliness/swelling/redness of the gums, pus/bleeding from the gums)

歯肉炎・歯槽膿漏の諸症状(口臭・口のねばり・歯ぐきのむずがゆさ・はれ・発赤・歯ぐきからのうみ・出血)の緩和

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Alleviation of symptoms associated with hemorrhoidal polyps, hemorrhagic hemorrhoids, and hemorrhoidal bleeding.

次の場合の症状の緩和:痔核(いぼ痔),きれ痔,痔出血

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Alleviation of the following nasal allergic symptoms associated with pollen, house dust (indoor dust): nasal congestion, runny nose, sneezing.

花粉,ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻づまり,鼻水,くしゃみ.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Anaphylaxis-like symptoms: Symptoms, such as itching of skin, urticaria, hoarseness, sneezing, itchy throat and difficult breathing may occur immediately after use.

アナフィラキシー様症状:使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ等があらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Anemia associated with general iron deficiency and diseases, pregnancy anemia, anemia associated with pediatric nutritional disorders, hematopoiesis and nutritional supplementation in weak children/adenopathic children/children with poor growth, parasitic anemia, general dullness/palpitations due to anemia. Hematopoiesis and recovery promotion during and after illness.

一般の鉄欠乏及び諸疾患に伴う貧血,妊娠時の貧血,小児の栄養障害による貧血,虚弱児・腺病質児・発育不良児の増血及び栄養補給,寄生虫性貧血,貧血に原因する全身倦怠・動悸.病中・病後の増血及び回復促進

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Anthelmintics (deworming medicine, nematode parasiticide, pinworm parasiticide)

駆虫薬(虫下し薬,回虫駆除薬,ぎょう虫駆除薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Antihemorrhoids (External Preparations) (external medicine for hemorrhoids, medicine for hemorrhoids, hemorrhoidal medicine)

外用痔疾用薬(痔疾用外用薬,痔疾用薬,痔の薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Antipruritic and Anti-inflammatory Drugs

鎮痒消炎薬

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Apply an appropriate amount to a piece of gauze and clean the anal area with it. The medicine can be used up to three times a day.

適量をガーゼ等にとり,肛門部を清拭する.13回まで使用できる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Apply an appropriate amount to a tooth brush and brush the teeth while massaging the gums twice a day.

適量を歯ブラシにつけて12回,歯肉をマッサージするように磨く

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Apply an appropriate amount to the affected lesion or apply it by spreading it over gauze once to several times a day

1日1~数回,適量を患部に塗布するかガーゼ等にのばして貼付

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Apply an appropriate amount to the anal area three times a day.

1日3回,適量を肛門部に塗布する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Apply or drop an appropriate amount of the medicine to the affected lesion 2 to 3 times a day.

1日23回,適量を患部に滴下又は塗布する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Apply topically (or rub gently) an appropriate amount to the affected lesion several times a day.

1日数回,適量を患部に塗布(又は塗擦)する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Athlete’s Foot and Ringworm Remedies (athletes foot medicine, tinea medicine)

みずむし・たむし用薬(みずむし薬,たむし薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Attention should be paid so that the medicine will not come into contact with eyes. If the medicine comes into contact with eyes, immediately rinse them with water or lukewarm water. If the symptoms are severe, seek an ophthalmologist for medical treatment.

目に入らないように注意すること.万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗うこと.なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Avoid nebulizing the same site for more than xx seconds.

同じ箇所に連続して○○秒以上噴霧しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Bactericidal disinfectants (including special adhesive plasters)

殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Calcium supplement in following cases: during pregnancy or lactation, growth or aging.

次の場合のカルシウムの補給:妊娠・授乳期,発育期,老年期

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Cardiotonics (Rokushingan, Kannogan)

強心薬(六神丸,感応丸)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Dental and oral cavity agents (for internal medicine effective for gum inflammation, gingivitis, etc.)

歯科口腔用薬(歯肉炎,歯槽膿漏等の効能を有する内服剤)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Dilute 2 to 4 mL of this medicine into approximately 60 mL of water at a time, and gargle several times a day.

1回,本剤24mLを水約60mLにうすめて,1日数回うがいする.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Discard the remnants of the medicinal liquid.

使用残液は捨てること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Disinfection, sterilization or cleansing of the mouth and throat, elimination of bad breath

口腔内及びのどの殺菌・消毒・洗浄,口臭の除去

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not apply the adhesive side to the affected lesion.

粘着面を患部に貼らないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not crush or swallow. (The effect may be reduced.)

かみ砕いたり,のみ込んだりしないこと.(効果が低減する.)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not drink tea or coffee 30 minutes before and after taking this medicine.

服用の前後30分はお茶・コーヒー等を飲まないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not leave the affected lesion and surrounding area soiled when using the medicine.

患部やその周囲が汚れたまま使用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not take the medicine together with beverages containing caffeine such as coffee and tea.

コーヒーやお茶等のカフェインを含有する飲料と同時に服用しないこと

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not use a large amount or cover an extensive area

大量・広範囲には使用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not use extensively on the face.

顔面には,広範囲に使用しないこと

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not use the medicine continuously for more than 2 weeks.

連続して2週間以上使用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not use when the drug appears cloudy.

混濁したものは使用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Do not warm the affected lesion with the medicine applied under the table heating or electric blankets, etc.

貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Drop 5 to 6 drops (approximately 0.25 mL) at a time into half a cup of water (approximately 100 mL), mix well and then gargle. Several times a day.

1回56滴(約0.25mL)をコップ半量の水(約100mL)に滴下し,よくかきまぜた後,うがいをする.1日数回.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Elimination of drowsiness and malaise

睡気(眠気)・倦怠感の除去

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Eradication of ascarids and oxyurids

回虫及び蟯虫の駆除

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Excessive use of the medicine may cause nasal congestion.

過度に使用すると,かえって鼻づまりを起こすことがある.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For adults (15 years old and over), insert one unit of the medicine at a time into the anus 1 to 3 times a day.

成人(15歳以上)は,11個を113回,肛門内に挿入する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For adults (15 years old and over), nebulize 1 to 2 sprays at a time into each nostril or apply 1 to 2 drops into the nasal cavities. The medicine can be used with intervals of at least 3 hours up to 6 times/day.

成人(15歳以上)は,1回に12度ずつ鼻腔内に噴霧するか,又は12滴を滴下する.なお,3時間以上の間隔をおいて,16回まで使用できる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

For those 15 years old and over, insert one unit of the medicine at a time into the anus 1 to 3 times a day and inject the full amount.

15歳以上は,11個を113回,肛門内に挿入し,全量を注入する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Gynecological medicine

婦人薬

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Healthcare Drugs Containing Vitamins (except preparations containing vitamin A/D)

ビタミン含有保健薬(AD含有製剤を除く)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

If the medicine is touched by the hand/fingers or clothes, immediately wash thoroughly with soap or detergent.

手指,衣服についた場合は,直ちに石けん又は洗剤でよく洗浄すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

If you take this medicine for a long time, consult a physician, pharmacist, or registered salesperson.

長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Infant (Anaphylactic shock has been reported in infants who have taken lysozyme hydrochloride contained in this medicine for the first time.)

乳児(乳児において,本剤に含まれるリゾチーム塩酸塩を初めて服用した時に,ショック(アナフィラキシー)があらわれたとの報告がある.).

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Inflammation associated with burn-like pain may occur. Therefore, avoid allowing the medicine in solution state to come into contact with the skin for many hours.

やけどのような痛みを伴う炎症をおこすことがあるので,溶液の状態で長時間皮膚と接触させないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Itchiness associated with contact dermatitis.

かぶれによるかゆみ

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Kampo medicines (Traditional Japanese Medicine) (for internal use)

一般用漢方製剤(内用)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Keep the affected lesion clean, and attention should be paid so as to not soil the gauze when using of the medicine.

患部を清潔にし,ガーゼ部分を汚さないように注意して使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Lumbago, shoulder pain associated with stiff shoulders, joint and muscle pain, tendonitis (pain in the hands/wrists), pain in the elbow (tennis elbow, etc.), contusions, sprains

腰痛,肩こりに伴う肩の痛み,関節痛,筋肉痛,腱鞘炎(手・手首の痛み),肘の痛み(テニス肘など),打撲,捻挫

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Medicine for anemia

貧血用薬

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Medicine for corns/warts/calluses (solution, ointment, plaster)

うおのめ・いぼ・たこ用薬(液剤,軟膏剤,硬膏剤)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Medicine for frostbite/capped skin (ointment, plaster)

しもやけ・あかぎれ用薬(軟膏剤,硬膏剤)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Medicine for the oral cavity and throat (troche)

口腔咽喉薬(トローチ剤)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Medicine for tooth aches/gingivitis

歯痛・歯槽膿漏薬

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Menopausal disorders, sensitivity to cold, menstrual disorders, automatic imbalance syndrome peculiar to women resembling climacteric disturbance and the following symptoms accompanying with them: stiff shoulders, headache, dull headache, hot flashes, back pain, menstrual pain, dizziness, palpitations, shortness of breath, numbness in the limbs, oedema, white vaginal discharge, constipation, ear ringing, insomnia, hysteria, fatigue, poor facial complexion

更年期障害,冷え性,月経不順,血の道症及びそれらに随伴する次の諸症状:肩こり,頭痛,頭重,のぼせ,腰痛,月経痛,めまい,動悸,息切れ,手足のしびれ,むくみ,こしけ,便秘,耳鳴り,不眠,ヒステリー,疲労感,血色不良

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Mesenteric phlebosclerosis: Abdominal pain, diarrhoea, constipation, abdominal distension, etc. may occur repeatedly with long-term oral administration.

腸間膜静脈硬化症:長期服用により,腹痛,下痢,便秘,腹部膨満等が繰り返しあらわれる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Nasal Drops for Rhinitis (nasal drop)

鼻炎用点鼻薬(点鼻薬)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Nebulize 1 to 2 sprays at a time to each nostril or use cotton swab to apply 1 to 2 drops of the medicine to each nostril inside. The medicine can be used with intervals of at least 3 hours up to 4 times/day.

鼻腔内に1回に12度ずつ噴霧するか,又は綿棒を用い12滴を塗布する.なお,3時間以上の間隔をおいて,14回まで使用できる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Nebulize to the affected lesion at a distance of xx cm.

患部まで○○cmの距離で噴霧すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Nutrients and tonics in the following cases: weak constitutions, physical fatigue, during and after illness (or when physical strength is impaired after illness), GI weakness, anorexia, bad complexion, coldness, and during the development period.

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え性,発育期

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Nutrients/tonics

滋養強壮

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Nutritional supplementation for pregnant and nursing women

妊産婦及び授乳婦の栄養補給

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Nutritional supplements during physical fatigue, during and after illness (or when physical strength is impaired after illness), GI disorders (or anorexia), nutritional disorders, feverish wearing disease, and during pregnancy or lactation(or before and after labor)

肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Oculomucocutaneous syndrome (Stevens-Johnson syndrome), toxic epidermal necrolysis: Hyperthermia, ocular hyperaemia, eye discharge, lip erosion, pain throat, widespread skin rash/redness, etc. may persist or suddenly worsen.

皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Patients in whom prolonging bleeding persists.

だらだら出血が長びいている人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Patients who have experienced rash/redness, itching, etc. with drugs, etc.

今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Peripheral vascular disease, natura frigida in the extremities, sensitivity to cold, frostbite, numbness, dysmenorrhea, circulatory disorders associated with arteriosclerosis, acrocyanosis, Raynaud’s disease

末梢血管障害,四肢冷感症,冷え性,しもやけ,しびれ感,月経困難症,動脈硬化による循環障害,肢端チアノーゼ,レイノー氏病

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Persons with excessive sweating.

発汗傾向の著しい人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Prenatal and postnatal disorders (anemia, fatigue and dullness, dizziness, oedema), anxiety neurosis, insomnia

産前産後の障害(貧血,疲労倦怠,めまい,むくみ),不安神経症,不眠症

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Preparations Containing Calcium as the Active Ingredient

カルシウム主薬製剤

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Prevention of bone fragility in pregnant and nursing women

妊娠授乳婦の骨歯の脆弱防止

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Promotion of the development of bones and teeth in patients with following condition: weak or scrofulous physical constitution.

次の場合の歯骨の発育促進:虚弱体質,腺病質

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Purulent wounds

化膿性創傷

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Red faced persons with hot flashes who have fulfilling physical performance.

のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of pain, itching, swelling, bleeding, and erosion associated with bleeding piles (ripped piles)/blind piles, and disinfection.

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血・ただれの緩和及び消毒

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Relief of the following symptoms due to acute rhinitis, allergic rhinitis or sinusitis; stuffy nose, runny nose (excessive nasal discharge), sneezing, dull headache (heaviness in head).

急性鼻炎,アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:鼻づまり,鼻みず(鼻汁過多),くしゃみ,頭重(頭が重い)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Rub or apply an appropriate amount to the affected lesion several times a day.

1日数回,適量を患部に塗布または貼用

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Sedatives (preparation primarily consisting of natural medicine)

鎮静薬(生薬のみからなる製剤)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Shake well before use.

使用前によく振とうすること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Skin protection, prevention of inflammation from sunburn, burns, contact dermatitis, cracks, chapped skin, frostbite, rough skin on the elbow/knee/ankle, rough skin on the fingertips/palms, cuts, hemorrhoids, bruises

皮膚の保護,日焼け炎症の防止,やけど,かぶれ,ひび,あかぎれ,しもやけ,ひじ・ひざ・かかとのあれ,指先・手のひらのあれ,切りきず,ぢ,打身

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Soak a piece of absorbent cotton or gauze with undiluted medicine or 2 to 2-fold dilution of the medicine and cover the affected lesion.

そのままの液または22倍に薄めた液を脱脂綿,ガーゼ等に浸して患部を覆う

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Spray and apply an appropriate amount to the affected lesion several times a day.

適量を1日数回患部に噴霧塗布する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Sterilization and disinfection of fingers/hands and skin

手指・皮膚の殺菌・消毒

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Sterilization and disinfection of the anus in case of hemorrhoids

痔疾の場合の肛門の殺菌・消毒

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Sterilization and washing of wounds

きずの消毒・洗浄

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Sterilization, disinfection, washing in the oral cavity and removal of mouth odor

口腔内の殺菌・消毒,口臭の除去

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Suppression of tension, excitability and irritability, and relief of associated dull headache and general fatigue.

緊張感・興奮感・いらいら感の鎮静,前記に伴う頭重・疲労倦怠感の緩和

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

suppurative skin diseases (impetigo, carbuncles, and folliculitis)

化膿性皮膚疾患(とびひ,面ちょう,毛のう炎)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take 1 tablet at a time once a day, after a meal in the morning and before bed.

1回1錠を11回,朝食後及び就寝前に服用

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take an appropriate amount and apply (or spray) to the affected lesion several times a day.

1日数回,適量を患部に塗布(噴霧)する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take an appropriate amount and apply it to the affected anal area, or for those 15 years old and over, insert one unit of the medicine at a time into the anal area and inject the full amount. The medicine can be used up to three times a day. Do not use the one used for topical application as an injection.

適量をとり肛門部に塗布するか,又は15歳以上は11個を肛門部に挿入し,全量を注入する.13回まで使用できる.なお,一度塗布に使用したものは,注入には使用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take an appropriate amount and apply to the affected anal area. The medicine can be used up to three times a day.

適量をとり,肛門部に塗布する.なお,13回まで使用できる.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take an appropriate amount by using the attached brush or a cotton swab, and apply it to the affected lesion 2 to 4 times a day.

添付の筆又は綿棒で適量をとり,124回患部に塗布する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take an appropriate amount, apply it topically or rub it gently into the lesion 1 to 3 times a day.

適量をとり,113回患部に塗布又は塗擦する.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take the following amount by crushing or dissolving inside the mouth.

次の量を噛みくだくか,口の中で溶かして服用

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take this medicine twice a day on an empty stomach. Otherwise, have a light evening meal and take this medicine twice before bed and in the next morning. Do not take this medicine consecutively 3 times or more.

1日2回,空腹時に服用する.あるいは夕食をなるべく軽くし,就寝前と翌朝の2回服用する.なお,3回以上続けて服用しないこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Take this medicine without chewing so that your teeth will not be stained.

歯に色がつかないように,かまずにそのまま服用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following one dose can be taken up to a maximum of two times a day. Take this medicine in intervals of at least 6 hours.

次の1回量を12回を限度として服用すること.服用間隔は6時間以上おくこと

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following persons should contact a physician, pharmacist, or registered salesperson for a consultation before use.
- Patients undergoing medical treatment from a physician
- Pregnant women or women suspected of being pregnant.
- Patients who have experienced allergic symptoms associated with drugs, etc.
- Those with extensive lesions.
- Those with severe moistening or erosion

次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
・医師の治療を受けている人.
・妊婦又は妊娠していると思われる人.
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人.
・患部が広範囲の人.
・湿潤やただれのひどい人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following serious symptoms may occur in rare cases. In such cases, immediately seek medical aid:

まれに下記の重篤な症状が起こることがある.その場合は直ちに医師の診療を受けること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following serious symptoms may occur in rare cases. In such cases, immediately seek medical aid:

まれに下記の重篤な症状が起こることがある.その場合は直ちに医師の診療を受けること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following single dose can be taken up to three times a day. However, taking this medicine within a short interval and continued doses should be avoided.
- For adults (15 years and older): 1 tablet at a time

次の1回量を13回まで服用できる.ただし,短時間内の服用および連用を避けること
・成人(15才以上):11

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The following symptoms associated with purulence: eczema, dermatitis, heat rash, contact dermatitis, frostbite, insect bites, hives.

化膿を伴う次の諸症:湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,しもやけ,虫さされ,じんましん

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The medicine should be used for external use only and should not be inhaled. (Occasionally) inhalation of the medicine may cause symptoms such as dizziness and a sick feeling. Therefore, try to avoid inhaling the medicine as much as possible. Also, care must be taken regarding the presence of people in the surrounding area.

外用にのみ使用し,吸入しないこと.(まれに,)吸入によりめまい,はき気等の症状を起こすことがあるので,できるだけ吸入しないよう,また周囲の人にも十分注意して使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The medicine should be used for external use only and should not be inhaled. (Occasionally) inhalation of the medicine may cause symptoms such as dizziness and a sick feeling. Therefore, try to avoid inhaling the medicine as much as possible. Also, care must be taken for the presence of people in the surrounding area.

外用にのみ使用し,吸入しないこと.(まれに,)吸入によりめまい,吐き気等の症状を起こすことがあるので,できるだけ吸入しないよう,また周囲の人にも十分注意して使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The medicine should be used only for dental use.

歯科用にのみ使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The medicine should be used only for nasal application.

点鼻用にのみ使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The medicine should not be used on the following parts:
- Periorbital area
- Mucosa
- The surface of soft skin (for example, the neck area)
- Face
- Lesion with an inflammation or injury

次の部位には使用しないこと
・目の周囲
・粘膜
・やわらかい皮膚面(首の回り等)
・顔面等
・炎症又は傷のある患部

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The medicine should not be used on the following parts:
- sores
- The purulent lesion
- Skin with damage.
- Periorbital area
- Mucosa, etc.

次の部位には使用しないこと
・ただれ
・化膿している患部
・損傷のある皮膚.
・目の周囲
・粘膜等.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The medicine should not be used on the following parts:
- The eyes and periorbital area
- Mucosa (for example, oral cavity, nasal cavity or vagina, etc.)
- Scrotum
- Vulvar
- eczema
- Moist areas
- Lesions with severe fissures and trauma

次の部位には使用しないこと
・目や目の周囲
・粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣等)
・陰のう
・外陰部等
・湿疹
・湿潤
・亀裂や外傷のひどい患部

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

The medicine should not be used on the following parts:
- Varicella (chickenpox)
- Athlete’s foot/tinea or purulent lesions
- Periorbital area
- Mucosa, etc.

次の部位には使用しないこと
・水痘(水ぼうそう)
・みずむし・たむし等又は化膿している患部
・目の周囲
・粘膜等

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This drug should not be taken together with the following drugs:
- Other medicine for allergies, internal medicines containing antihistamines, etc. (cold medicine, expectorant, internal medicine for rhinitis, medicine for motion sickness, etc.)

本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと
・他のアレルギー用薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬,鎮咳去痰薬,鼻炎用内服薬,乗物酔い薬等)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This medication is only for external use.

外用にのみ使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This medicine is for internal use only.

内服にのみ使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This medicine should be cooled when it is hot and taken gradually while gargling.

本剤は熱ければ冷ましてうがいしながら少しずつゆっくり飲むこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This medicine should not be taken together with any of the following medicines:
- Other anti-parasitic medicine, castor oil, cathartics (purgative)

本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないこと
・他の駆虫薬,ヒマシ油,瀉下薬(下剤)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This medicine should only be taken when you have a symptom, and avoid taking it for a long time.

症状があるときのみの服用にとどめ,連用しないこと

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This product should not be taken in the following persons.
- Persons who is physically weak (declining of physical strength or constitutional weakness)
- (Don't give this medicine to) children under 3 months of age.
- Infants under 1 year old.
- Patients who have had an allergic symptom to this drug or chicken egg
- Those who have undergone surgery or delivery (The medicine has an effect that promotes blood flow)
- Persons who have gastrointestinal weakness.
- Persons who have a tendency to diarrhea.

次の人は服用しないこと
・体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人).
・生後3ヵ月未満の乳児.
1歳未満の乳児.
・本剤又は鶏卵によるアレルギー症状を起こしたことがある人.
・手術や出産直後の人.(血行を促進する作用がある)
・胃腸の弱い人.
・下痢しやすい人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This product should not be used in the following persons:
- Patients who have had an allergic symptom to this drug, its ingredients, or chicken egg
- Patients with purulent lesions.

次の人は使用しないこと
・本剤又は本剤の成分,鶏卵によりアレルギー症状を起こしたことがある人.
・患部が化膿している人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

This product should not be used in the following persons:
- Patients who have had an allergic symptom to this drug, its ingredients, or chlorhexidine
- Those who have severe injuries or erosion inside the mouth.

次の人は使用しないこと
・本剤又は本剤の成分,クロルヘキシジングルコン酸塩によりアレルギー症状を起こしたことがある人.
・口の中に傷やひどいただれのある人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Those who are prone to constipation should take cathartics after taking this medicine in order to disinfest parasites.

便秘性の人は本剤服用後,虫を排泄するため,適宜瀉下薬を用いること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Those who have diarrhea or are prone to diarrhea.

下痢又は下痢傾向のある人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Those who have nausea or who are vomiting.

吐き気・嘔吐のある人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Those who have weak gastrointestinal function and sensitivity to cold.

胃腸虚弱で冷え症の人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Those whose symptoms are not differentiated between “eczema or athletes foot, jock itch, ringworm. (when symptoms such as itchiness/erosion are present on the scrotum, they are often attributed to other causes such as eczema.)

「湿疹」か「みずむし,いんきんたむし,ぜにたむし」かがはっきりしない人.(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は,湿疹等他の原因による場合が多い.)

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Those with a large volume of watery phlegm.

水様性の痰の多い人.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Those with sensitive skin should try to apply a small, 1 to 2-cm amount of the medicine to sensitive skin inside the arm and leave it for half a day before using it in order to ensure that no symptoms such as rash/redness, itchiness or contact dermatitis occur.

皮膚の弱い人は,使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に,12cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Use a clean container for diluting the medicinal liquid.

希釈するための容器は清潔なものを使用すること.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Use of this medicine may discolor dental materials containing silver (dentures, etc.).

本剤の使用により,銀を含有する歯科材料(義歯等)が変色することがある.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

Weak constitution

虚弱体質

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

When another dose of anti-parasitic medicine must be used, it should be given after an interval of at least 1 month.

なお,再度駆虫を必要とする場合は,1カ月以上の間隔をおくこと.

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

You may experience yellow vision or ear ringing, and if these symptoms persist until the following morning, the dose for that morning should not be taken.

物が黄色く見えたり,耳なりがあらわれることがあるが,これらの症状が翌朝まで持続した場合には,翌朝分の服用を中止すること

 

[出典]日本OTC医薬品協会による「OTC医薬品の表示に関する多言語化対応ガイダンス」(2018/1/31作成)

 

2019年4月13日 (土)

biological product

日本全国のイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

土曜日も医学翻訳の仕事や勉強、お疲れさまです。

Medical Translator NARITAもちょっとお疲れ気味ですが、マイペースでイートモ対訳見直しやっています。

 

さて、biological product。

実力のある人にはこれが悩ましい用語であることがわかると思います。

 

ライフサイエンス辞書に当たると、

biological product ** シソーラス コーパス PubMedScholarGoogleWikiPedia
productなのに「物質」はないだろうと。
PMDAサイトで調べると、

"生物由来物質"の検索結果 3 件

 

productなんだから、「製品」で調べると、

"生物由来製品"の検索結果 3,564 件

 

ロゼッタさんの究極の辞書で調べても、

biological productは「生物由来製品」でいいかなと。

 

biological preparationという言い方もあるけど、ライフサイエンス辞書には載っていません。

ロゼッタさんの究極の辞書では主に「生物学的製剤」。

いいね。

 

「バイオ医薬品」という言い方もあるけど、ライフサイエンス辞書では、

バイオ医薬品 ** ばいおいやくひん シソーラス PubMedScholarGoogleWikiPedia

 

でも、ロゼッタさんの究極の辞書では、

出典によって(日本薬局方、日本の薬務行政、ICHガイドライン)、

biological drug

biopharmaceutical

と様々です。

統一されていません。

 

さらに、具体的に

バイオテクノロジー応用医薬品  biotechnology-derived pharmaceutical

とあります。

いいね。

 

日本薬局方、日本の薬務行政、ICHガイドラインは専門用語が統一されていません。

特に基準となるのは日本薬局方とICHガイドラインですが、これらを全部読んでから、あるいはマスターしてから翻訳のお仕事をしようなんて考えていたら、時間ばかりかかって、いつまでも翻訳仕事に踏み込めません。

翻訳仕事の中で明らかに日本薬局方またはICHガイドラインの文言に言及している部分があったら、それを引用すればいいだけです。

データはロゼッタさんの究極の辞書が提供してくれているので、日本薬局方またはICHガイドラインの記述であることを特定できる知識があれば十分ということ!

イートモについても、「そういえばイートモに近い対訳が載っていたかも」と思い出す程度になっていれば十分です。その域に達するには一通り、翻訳トレーニングを通じて接触してみる必要はあるでしょうが。。。

 

そんなこんないろいろ書きましたが、イートモとしては訳語を統一しておく必要があるので、例によって、上記の内容を踏まえて統一しておくことにします。

いつも書いているように、イートモはあくまでも参考資料なので、ソースクライアントや翻訳会社から指示があれば、それに従ってください。

なお、時間があったらサンプルを提示します。

 

 

2019年4月 7日 (日)

clinically xxxx

Medical Translator NARITAです。

日曜日も医学翻訳の仕事や勉強、お疲れさまでした。

 

さて、医学英語に多いclinically xxxx。

つまり、

clinically important

clinically relevant

clinically significant

clinically meaningful

のことです。

 

これらをどうのように和訳するか悩ましいところです。

Medical Translator NARITAの長い翻訳仕事の経験から、英語の医学文書の作成者のなかでも、明確に使い分けている人は非常に少ないような印象があります。

しかも、医薬系文書作成に関する数少ない指針であるICHガイドラインにおいて、

clinically important

clinically relevant

clinically significant

clinically meaningful

が明確に区別して和訳されているわけではない。

ロゼッタさんの究極の辞書で確認してください。

 

でも、プロの医学翻訳者としては訳しわけなくてはいけないわけです。

なぜなら、訳しわけずに訳文を納品した場合、ソースクライアントから「区別する必要はないのか?」という問い合わせが来る可能性があるためです。

訳しわける必要がない理由を説明できればいいのですが、説明できなければまずい。

もし問い合わせが来たら、翻訳者がソースクライアントの問い合わせに応じてはダメです。

そんなことに時間を使ったり、神経をすり減らさないように。

翻訳会社に処理させましょう。

 

だったら、ソースクライアントから「区別する必要はないのか?」という問い合わせが来ないようにすればいいわけです。

とにかく訳しわけておけば、まず問い合わせが来ることはないと思います。

しっかり訳しわけて、統一しておけば、ソースクライアントも自信がないものだから「そんなものなんだろう」と思って、問い合わせはしてこないものです。そんなものです。w

 

なお、英訳でこの問題に神経を使うことはほとんどないでしょう。

だから和訳は難易度でも収入面でも不利。

勉強ステージも和訳ステージも一気に突き抜けて、英訳ステージに入ることをおすすめします。

 

イートモでも訳しわけて収録します。

後日、Medical Translator NARITAの気分が良ければ、訳しわけのしかたの例や実際のイートモ対訳文例をこの医学翻訳ブログでご紹介しようかと思います。

 

ではでは。

 

☟イートモ対訳のサンプル☟

 

clinically important

Important

 

clinically relevant 48件のうち最初の8件を提示しています

Relevant

 

clinically significant

Significant1

 

clinically meaningful

Meaningful

 

 

2019年4月 1日 (月)

"immunocompromised"

みなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

専門用語に関していつも参考にさせてもらっているライフサイエンス辞書。

本日1本目の投稿でも書いたけど、いつのまにか内容が少し変わったような気がします。

 

"immunocompromised"もそうです。

以前は「免疫無防備状態」というよくわからない訳語しかなかった気がしたけど、

今は

immunocompromised patient 免疫不全患者, 免疫低下患者

が載っています。

 

「免疫不全」だとimmunodeficiencyのイメージが強いわけでして、

イートモでは原則としてimmunocompromisedは「免疫低下」でいきたいと思います。

必要に応じて修正します。

フットワークが軽いのがイートモの良いところ。

 

例によって、イートモ対訳収録用データベースの画面です。

Menekiweika

ではでは。

 

4月もよろしくお願いします

おはようございます。

Medical Translator NARITAです。

 

4月もバリバリまいります。

 

さて、Medical Translator NARITAは先週、大腸内視鏡検査を受けて、ポリープ1個の切除を受けたわけです

1週間の禁酒を言いわたされて、それを忠実に守り、1週間が経過しました。

禁煙を試みたときの苦しさと比べればなんてことなかったので、酒が好きでたまらないというわけではありません。

しかも、体重が1キロ以上減りました。

このまま禁酒を続けてもいいかなと。

 

さて、例によって、せっかくなので「大腸内視鏡検査」について調べてみます。

英語はcolonoscopy。

医学翻訳者レベルでは常識です。

ライフサイエンス辞書ではcolonoscopyの訳語が「結腸鏡検査」となっていた記憶があるのですが、今は「大腸内視鏡検査」も出ています。

そこでイートモでもcolonoscopyは「大腸内視鏡検査」に統一しました。

 

"colonoscop"でイートモ検索した結果を以下に示します。イートモの対訳収録用データベースの画面です(販売されているイートモの画面ではありません)。

Daicho0

 

colon cancerやcolorectal cancerをどう訳すか、ご存知のように以下の図を見れば迷うところですはありますが、イートモでは原文の表記をリスペクトして訳出してあります。実際の翻訳仕事ではクライアントや翻訳会社からの指示に従ってください。


Daicho

では。

2019年3月22日 (金)

『用量依存』

医学翻訳のプロを目指しているみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。


さて、「用量依存」ときたら、dose-dependent // dose-dependency。

これが反射的に出てこないとまずいです。


さて、イートモはこのような準専門的な表現や専門用語の前後を主に英訳するのに役立つ資料です。
イートモが欲しいけど、高いので躊躇している方も多いと思います。

Medical Translator NARITAも学習期は超ビンボーだったので、自分で買わずに会社においてある資料や図書館で医学書などを読んでいました。



「用量依存」で検索すると、115件がヒットしました。
特別にそのうち1/4ほどを提示します。
参考にしてください。


イートモ以外では、


A dose-dependent acute toxic reaction, probably secondary to vasoconstriction, is most common.

血管収縮による二次的なものと考えられる用量依存的な急性毒性反応が最も多くみられる

A dose-dependent increase in diaphragmatic hernias was observed when rats were treated with Drug A at oral doses ≥ 30 mg/kg/day throughout organogenesis.

ラットに器官形成期を通じて薬剤Aを30mg/kg/日以上で経口投与したとき、横隔膜ヘルニアの用量依存的な悪化が認められた

Administration of Drug A to cynomolgus monkeys at doses of 400, 1500, and 4000 mg/kg, given by 24-hour intravenous infusion, produced a dose-independent moderate decrease in mean arterial pressure, accompanied by a compensatory increase in heart rate.

薬剤Aをカニクイザルに400、1500、4000mg/kgの用量で24時間にわたって点滴静注したところ、平均動脈圧に用量非依存的なわずかな低下が起こるとともに、心拍数の代償的な増加が認められた

After Drug A administration, the pupil diameter, a surrogate marker for µ-opioid receptor agonistic activity, changed in a dose-dependent manner.

薬剤Aの投与後、µオピオイド受容体刺激作用の代替マーカーである瞳孔径が用量依存的に変化した

Although minor changes in heart rate, QRS, and QT were noted, these changes were small and overall not dose-dependent.

心拍数、QRS、QTに軽微な変化が認められたが、これらの変化は小さく、全体として用量依存的ではなかった

Apoptosis was shown to increase in a dose-dependent manner in patients treated with Drug A.

アポトーシスは薬剤Aが投与された患者において用量依存的に増加することが示された

As expected, heart rate dropped as early as the first hour after administration of Drug A in a dose-dependent manner.

予想通り、心拍数は薬剤Aの投与1時間後という早期に用量依存的に下がった

Bilateral intravitreal administration of Drug A to cynomolgus monkeys at doses between 0.25 mg/eye and 2.0 mg/eye once every two weeks for up to 26 weeks resulted in dose‑dependent ocular effects.

薬剤Aをカニクイザルに0.25mg/眼~2mg/眼の用量で2週間に1回最長26週間にわたって両眼に硝子体内投与した結果、眼に対する用量依存的な影響が現れた

Both deoxycytidine kinase and cytosolic thymidine kinase are responsible for the dose-dependent conversion of Drug A in human hepatocytes to its 5'-monophosphate derivative.

薬剤Aはヒト肝細胞で用量依存的に5'-一リン酸化体に変換されるが、これにはデオキシシチジンキナーゼ及びサイトゾルチミジンキナーゼの両方が関与している

Chronic nephrotoxicity is dose-dependent, with the risk increasing as the daily dose exceeds 10 mg/kg.

慢性腎毒性は用量依存的で、そのリスクは1日用量が10mg/kgを越えると高まる

Clinical observations initially appeared during the first week of dosing and progressed in severity and duration throughout the dosing and post-dose periods in a dose-dependent manner.

臨床所見は投与1週目に最初に現れ、投与期間中及び投与後の期間中に重症度及び持続期間が用量依存的に進行した《悪化した》

Compound A produced a dose-dependent inhibition of platelet aggregation when incubated with Compound B for 1 minute.

化合物Aは、化合物Bと1分間インキュベートしたとき、血小板凝集を用量依存的に阻害した

Compound A produced dose-dependent hypothermia that peaked 60 to 180 minutes postinjection.

化合物Aにより用量依存的な低体温がもたらされ、注射の60~180分後にピークとなった

Compound A prolongs the oxidation lag time of LDL in a dose-dependent manner.

化合物AはLDLの酸化ラグタイムを用量依存的に延長させる

Convulsions are a dose-dependent toxic effect of Drug A given at doses above the therapeutic range in animals.

動物では、薬剤Aを治療域よりも高用量で投与したとき、痙攣が用量依存性の毒性作用である

Dose-dependent increases in prothrombin time were easily discerned after the first dose of Drug A.

用量依存的なプロトロンビン時間の延長は薬剤Aの初回投与後に容易に確認された

Dose-dependent increases in trabecular bone in the femur and tibia were observed at doses ≥ 5 mg/kg/day.

大腿骨及び脛骨における用量依存的な海綿骨の増加が5mg/kg/日以上の用量で認められた

Dose-dependent liver changes were observed in mice (vacuolation with secondary compression necrosis), rats (minimal to slight hepatocyte cytoplasmic rarefaction attributed to glycogen accumulation and liver weight increases), and dogs (moderate glycogen depletion).

用量依存的な肝臓の変化が、マウス(二次的な圧迫壊死を伴う空胞化)、ラット(グリコーゲン蓄積に起因する軽微ないしわずかな肝細胞細胞質粗鬆化《希薄化》)、イヌ(中等度のグリコーゲン減少)で認められた

Dose-dependent relationships were observed for half-life (t1/2) and CL, predominantly at lower doses.

半減期(t1/2)及びCLについては、主に低用量で用量依存的な関係が認められた

Dose-dependent skin lesions of mild to severe intensity included scale formation at extremities, inguinal region and whole body, hair thinning or hair loss, and exanthema.

軽度ないし重度の用量依存的な皮膚病変には、四肢、鼠径部、全身における鱗屑形成、さらに被毛の菲薄化又は脱毛、そして発疹があった

Dose-dependent, statistically significant reductions in ABC and DEF were also observed in Drug A-treated patients at all post-baseline visits.

薬剤A投与患者ではベースライン以降のすべての来院時に用量依存的かつ統計学的に有意なABC及びDEFの低下も認められた

Drug A and Drug B showed dose-dependent antidiarrheal activity with ED50 values of 10.0 and 1.5 mg/kg, respectively.

薬剤A及び薬剤Bは用量依存的な止痢作用《止瀉作用》を示し、ED50値はそれぞれ10.0mg/kg及び1.5mg/kgであった

Drug A appeared to exert a dose-dependent anticonvulsant effect in mice as determined by the electroshock test, but this effect was most likely due to the vehicle.

薬剤Aは、電気ショック試験で測定したとき、マウスにおいて用量依存的な抗痙攣作用を発揮すると思われたが、この作用は溶媒に起因する可能性が非常に高かった

Drug A blocks endogenous ABC action and produces a dose-dependent reduction in DEF levels, without evidence of reaction with other cytokine receptors.

薬剤Aは内因性ABCの作用を阻止し、DEFレベルを用量依存的に下げるが、他のサイトカイン受容体との反応を示すエビデンスはない

Drug A can block endogenous ABC action and produce a dose-dependent reduction in DEF levels in healthy subjects.

薬剤Aは健康被験者において内因性ABCの作用を阻止し、DEFレベルを用量依存的に低下させる

Drug A caused a dose-dependent amelioration of pyrexia with a maximum effect seen at 10 µg/kg.

薬剤Aは発熱を用量依存的に回復させ、最大の効果は10µg/kgでみられた

Drug A caused dose-dependent inhibition of thrombosis in AV shunts and in injured arteries and veins, and prevented the growth of thrombus on a preexisting clot.

薬剤AはAVシャント及び損傷を受けた動脈と静脈における血栓症を用量依存的に阻害し、既存の血餅における血栓の成長を阻止した

Drug A concentrations increased in a dose-dependent manner.

薬剤Aの濃度は用量依存的に上昇した

Drug A decreases dose-dependently systemic vascular resistance when administered intravenously to anesthetized dogs, and increases local blood flow when administered intra-arterially to anesthetized dogs.

薬剤Aを麻酔イヌに静脈内投与したときには全身血管抵抗が用量依存的に低下し、麻酔イヌに動脈内投与したときには局所血流が増加する

Drug A demonstrated dose-dependent analgesic activities in models of visceral pain, colorectal distension, and mustard oil induced visceral inflammatory pain.

薬剤Aは、内臓痛モデル、結腸直腸伸展モデル、マスタードオイル誘発内臓炎症性疼痛モデルにおいて用量依存的な鎮痛作用を示した

Drug A demonstrated potent and dose-dependent inhibition of tumor growth in mouse and rat models of anaplastic large cell lymphoma (ALCL).

薬剤Aは、未分化大細胞型リンパ腫(ALCL)のマウスモデル及びラットモデルで腫瘍増殖に対する強力かつ用量依存的な阻害を示した

Drug A dose-dependently decreased the elevated left ventricular end-diastolic pressure.

薬剤Aはこの上昇した左室拡張末期圧《左室拡張終期圧》を用量依存的に下げた

Drug A dose-dependently inhibited behavioral changes such as excitement and stereotyped behavior induced by amphetamine or apomorphine in rats.

薬剤Aは、アンフェタミン又はアポモルフィンによってラットに誘発される興奮や常同行動《紋切り型行動》のような行動変化を用量依存的に抑制した

Drug A elicited a dose-dependent increase in extracellular levels of noradrenaline in the ventral hippocampus and, to a much lesser extent, of 5-HT.

薬剤Aは腹側海馬におけるノルアドレナリンの細胞外レベルの用量依存的な上昇を誘発し、それよりも程度ははるかに小さいが、5-HTのレベルも上げた

Drug A elicited a dose-dependent increase in noradrenaline levels in the rat ventral hippocampus, an effect not observed with the classical opioid morphine.

薬剤Aはラット腹側海馬におけるノルアドレナリンレベルの用量依存的な上昇を誘発したが、これは従来型オピオイドであるモルヒネでは認められていない作用であった

Drug A evoked hypothermia in a dose-dependent manner, suggesting that endogenous glutamate exerts a hyperthermic tone on body temperature.

薬剤Aは低体温を用量依存的に惹起したことから、内因性グルタミン酸は体温上昇作用を発揮すると考えられた

Drug A increases cyclic guanosine monophosphate in a dose-dependent manner in Chinese hamster ovary cells expressing the receptor for BNP.

薬剤Aは、BNPの受容体を発現するチャイニーズハムスター卵巣細胞において環状グアノシン一リン酸《サイクリックGMP》を用量依存的に増加させる


より以前の記事一覧

フォト

イートモ

  • 7月15日現在の収録対訳件数
    42,928件(イートモ6.3から186件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想