機械翻訳(MT)

2020年9月17日 (木)

「切迫屠殺」

Medical Translator NARITAです。

 

統合失調症治療薬の文書の前半部分は毒性試験を中心とした非臨床関係でした。

医学翻訳者には周知の用語である「切迫屠殺」ですが、ライフサイエンス辞書には載っていません。

ライフサイエンス辞書は医学翻訳フリーランス向けの辞書でないことがわかります。

でも、意外にも英辞郎には載っているんです。

 

イートモで検索したら14件ヒットしました。

Seppaku

 

これらのイートモの和文を機械翻訳にもかけてみました。

赤字部分が修正を要する箇所です。

deeplによる英訳 みらいトランスレータによる英訳

Another dog that was impending slaughter after 5.0 years in the study developed an undifferentiated cancer of the liver with metastasis to many organs.

One male canine in the 30 mg/kg/day group showed an inability to stand, seizures, and elevated body temperature at 40 weeks, so the canine was imminent slaughter.

All male animals in the 30 mg/kg/day group were confirmed to be either imminent slaughter or dead.


All animals impending slaughter in the 100 mg/kg group showed an increase in creatinine.


In this developmental toxicity study in rabbits, 10 female animals in the 10 mg/kg/day group died and one animal was impatiently slaughtered.


In the drug A group, 9 of 20 rats (4 of 10 males and 5 of 10 females) died by day 7, and all of the remaining rats were impatiently slaughtered on day 9.


No animals were imminent slaughtered or died during the study period.


No animals were imminent slaughtered or died for reasons related to Drug A during the study period.


Two of each 10 animals exposed to light or simulated sunlight died or were imminently slaughtered.


One male animal on the high dose was found dead at 30 weeks, and another male and three females were impending slaughter between 15 and 35 weeks.

One of the six animals that received Drug A was impending slaughter due to worsening conditions.


The monkeys became imminent slaughter on day 30.


Two females receiving 40 mg/kg/day in this 13-week repeat-dose study were impending slaughter.


Two males in the 1.0 mg/kg/day group and five males and three females in the 2.0 mg/kg/day group died or were imminently slaughtered.


Another dog that was killed prematurely after 5.0 years in the study developed undifferentiated carcinoma of the liver with metastases to many organs.

One male dog in the 30 mg/kg/day group showed anastasia, convulsions, and increased body temperature at week 40, leading to a moribund sacrifice.

At 30 mg/kg/day, all males were sacrificed in moribund condition or died.

Increases in creatinine were observed in all animals sacrificed in moribund condition at 100 mg/kg.

In this developmental toxicity study with rabbits, 10 female animals died and one was sacrificed prematurely at 10 mg/kg/day.


In DRUG A, 9 of 20 rats (4 out of 10 males and 5 out of 10 females) died by day 7, and all remaining rats were sacrificed prematurely on day 9.


None of the animals became moribund or died during the study.


No animals were sacrificed or died for DRUG A related reasons during the study.


Two of each 10 animals exposed to light or simulated sunlight died or were killed in moribund condition.


One high-dose male was confirmed dead at week 30, and another male and three females were sacrificed prematurely at week 15 ~ 35.


One of the six animals treated with DRUG A was sacrificed prematurely because of worsening condition.


The monkey was killed prematurely on day 30.


In this 13 week repeated dose study, two females given 40 mg/kg/day were sacrificed prematurely.


Two males in the 1.0 mg/kg/day group and five males and three females in the 2.0 mg/kg/day group died or were killed in moribund condition.

 

deeplは非臨床関係の対訳コーパスが不十分なのかもしれません。この種のエラーは用語登録すればいいだげでしょうから、大した問題ではありません。

みらいトランスレータはなかなか良い出来です。

deeplもみらいトランスレータも、機械翻訳よりもレベルの高い医学翻訳者が上手に使えば強力なツールになります。現状は使いこなせる人間が必要であり、ツールの域を出ないとも言えます。

逆に、機械翻訳よりもレベルが劣る医学翻訳フリーランサーは必要とされなくなります。翻訳スクールの添削結果に一喜一憂していたり、翻訳関係の検定をゴールにしていたら、必ず脱落します(ここで言う「脱落」とは稼げない医学翻訳フリーランサーのままでいることです)。

まぁ、ニューラル機械翻訳が登場した頃にいろいろコメントしましたが、そのころのコメントとさほど変わっていません。

 

 

2020年9月 5日 (土)

deeplの欠点

Medical Translator NARITAです。

 

前のブログ記事に記載したように、安全性データの集計が最重要と書きました。

つまり、医学翻訳でも安全性データをこの分野の情報交換に使われる用語・表現を使って正確に英訳・和訳することが大切になります。

間違っていなければいいというわけではありません。

医療従事者や研究者、申請資料審査官になじみの用語や表現を使う必要があります。

 

イートモの英文 deeplによる和訳
Three patients in the Japanese study had grade 3 adverse events classed to the system organ class (SOC) skin and subcutaneous tissue disorders (grade 3 acne in 2 patients, grade 3 skin reaction in 1 patient). 日本の試験では、3名の患者でグレード3の有害事象がシステム・オルガン・クラス(SOC)の皮膚・皮下組織障害に分類されていました(グレード3のにきび2名、グレード3の皮膚反応1名)。

 

赤字で示した部分から判断すると、deeplは有害事象関係、MedDRA関係が弱いんじゃないかと思うわけです。

acneを「にきび」と訳しているけど、MedDRAにはPTとして「にきび」と記載されているのだろうか?

といろいろ不信感がわいてきます。

「~に分類されていました」という訳も変だけど、機械翻訳だからまだ許せます。

 

イートモの英文 みらいトランスレータによる和訳
Three patients in the Japanese study had grade 3 adverse events classed to the system organ class (SOC) skin and subcutaneous tissue disorders (grade 3 acne in 2 patients, grade 3 skin reaction in 1 patient). 日本の研究における3名の患者は、システム臓器クラス (SOC) 皮膚及び皮下組織障害(グレード3のざ瘡2例、グレード3の皮膚反応1例)に分類されるグレード3の有害事象を有した。

 

みらいトランスレータも不出来だね。

両者ともこの分野の対訳コーパスが貧弱なのかな?

ま、grade 3 adverse events=grade 3 acne and grade 3 skin reaction

の意味が訳文に反映されているので、deeplよりもAIが機能している感じがします。

 

2020年8月19日 (水)

deeplによる和訳

Medical Translator NARITAです。

 

先日、deeplにabstractを和訳させてみました。

なかなかの出来だったので、またまた別のabstractをdeeplに和訳させてみました。

 

タイトルは

Effect of voriconazole on the pharmacokinetics of diclofenac

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18034666/

 

英文原稿 deeplによる和訳
Abstract
The nonsteroidal anti-inflammatory drug diclofenac is extensively metabolized by cytochrome P450 (CYP) enzymes, mainly by CYP2C9. Our objective was to study the effect of voriconazole, a potent inhibitor of several CYP enzymes, on the pharmacokinetics of diclofenac. This study had a two-way, open, crossover design and included 10 healthy Caucasian male subjects. In the control phase, the subjects ingested a single 50-mg oral dose of diclofenac. In the voriconazole phase, the subjects ingested voriconazole 400 mg twice daily on the first day and 200 mg twice daily on the second day, and 50 mg diclofenac was given 1 h after the last dose of voriconazole. Plasma diclofenac concentrations were determined for up to 24 h post-dose. In the voriconazole phase, the area under the plasma concentration-time curve of diclofenac was 178% (95% CI 143-212%; P < 0.001) and the peak plasma concentration was 214% (95% CI 128-300%; P < 0.05) of the respective control value. Voriconazole did not affect significantly the elimination half-life or time to maximum concentration of diclofenac. The renal clearance of diclofenac was decreased by 47% (95% CI -76% to -16%; P < 0.01) by voriconazole. In conclusion, voriconazole increased exposure to diclofenac, probably mainly by inhibition of its cytochrome P450 (CYP)-mediated metabolism. The inhibition of CYP2C9, and to some extent that of CYP3A4 and CYP2C19 enzymes during the first-pass metabolism of diclofenac seems to be involved in the interaction. The clinical importance of the interaction between voriconazole and diclofenac remains to be studied, but lower doses of diclofenac may be adequate for patients receiving voriconazole.

抄録
非ステロイド性抗炎症薬ジクロフェナクは,主にCYP2C9を中心としたチトクロームP450(CYP)酵素によって広範囲に代謝される。我々の目的は、いくつかのCYP酵素の強力な阻害剤であるボリコナゾールがジクロフェナクの薬物動態に及ぼす影響を検討することであった。この研究は、双方向、オープン、クロスオーバーデザインで、健康な白人男性10名を対象とした。対照群では、被験者はジクロフェナク50mgを単回経口摂取した。ボリコナゾール群では、被験者はボリコナゾール400mgを初日に1日2回、2日目に200mgを1日2回摂取し、最後のボリコナゾール投与の1時間後にジクロフェナク50mgを投与した。血漿中ジクロフェナク濃度を投与後24時間まで測定した。ボリコナゾール期において、ジクロフェナクの血漿中濃度-時間曲線下面積は178%(95%CI 143-212%;P<0.001)であり、ピーク血漿中濃度はそれぞれの対照値の214%(95%CI 128-300%;P<0.05)であった。ボリコナゾールはジクロフェナクの排泄半減期および最高濃度までの時間に有意な影響を与えなかった。ジクロフェナクの腎クリアランスはボリコナゾールにより47%(95%CI -76%~-16%;P<0.01)減少した。結論として、ボリコナゾールはジクロフェナクへの曝露を増加させたが、これは主にチトクロームP450(CYP)を介した代謝の阻害によるものであろう。ジクロフェナクの一次代謝におけるCYP2C9の阻害、およびCYP3A4およびCYP2C19酵素の阻害が相互作用に関与していると考えられる。ボリコナゾールとジクロフェナクの相互作用の臨床的重要性はまだ研究されていないが、ボリコナゾールを投与されている患者には、ジクロフェナクの低用量投与が適切である可能性がある。

 

医学翻訳ビジネスで依頼される和訳の仕事の中でも最も簡単な仕事の1つです。

医学翻訳フリーランスを目指す方としては、この程度の和訳は悩まずに一気に完成できないとまずいです。

 

さて、deeplによる和訳。

納品の前に最低でも修正すべき部分を赤字にしました。

修正箇所はいくつかありますが、今回もなかなかの出来です。

翻訳スピードも考慮すると、医学翻訳学習ステージの人や低レベルの医学翻訳者による訳文よりも翻訳仕事の現場で利用価値があります。

 

後ほど、イートモ用に対訳化・編集しようと思います。

 

2020年8月10日 (月)

DeepLに和訳させてみた

Medical Translator NARITAです。

Troxacitabine, a novel dioxolane nucleoside analog, has activity in patients with advanced leukemia

をdeeplに和訳させてみました。

 

原文 deeplによる和訳

Purpose: To investigate the toxicity profile, activity, and pharmacokinetics of a novel L-nucleoside analog, troxacitabine (BCH-4556), in patients with advanced leukemia.

Patients and methods: Patients with refractory or relapsed acute myeloid (AML) or lymphocytic (ALL) leukemia, myelodysplastic syndromes (MDS), or chronic myelogenous leukemia in blastic phase (CML-BP). Troxacitabine was given as an intravenous infusion over 30 minutes daily for 5 days. The starting dose was 0.72 mg/m(2)/d (3.6 mg/m(2)/course). Courses were given every 3 to 4 weeks according to toxicity and antileukemic efficacy. The dose was escalated by 50% until grade 2 toxicity was observed, and then by 30% to 35% until the dose-limiting toxicity (DLT) was defined.

Results: Forty-two patients (AML: 31 patients; MDS: six patients [five MDS + one CMML]; ALL: four patients; CML-BP: one patient) were treated. Median age was 61 years (range, 23 to 79 years), and 29 patients were males. Stomatitis and hand-foot syndrome were the DLTs. The MTD was defined as 8 mg/m(2)/d. The pharmacokinetic behavior of troxacitabine is linear over the dose range of 0.72 to 10.0 m/m(2). Approximately 69% of troxacitabine was excreted as unchanged drug in the urine. Marrow hypoplasia occurred between days 14 and 28 in 73% of AML patients. Three complete remissions and one partial remission were observed in 30 assessable AML patients. One MDS patient achieved a hematologic improvement. A patient with CML-BP achieved a return to chronic phase disease.

Conclusion: Troxacitabine has a unique metabolic and pharmacokinetic profile and significant antileukemic activity. DLTs were stomatitis and hand-foot syndrome. Troxacitabine merits further study in hematologic malignancies.


目的:新規L-ヌクレオシドアナログであるトロキサシタビン(BCH-4556)の進行性白血病患者における毒性プロファイル、活性、薬物動態を調査する。

患者および方法。難治性または再発の急性骨髄性白血病(AML)またはリンパ球性白血病(ALL)、骨髄異形成症候群(MDS)、または慢性骨髄性白血病(CML-BP)の患者。トロキサシタビンは1日30分以上の点滴静注で5日間投与された。開始用量は0.72mg/m(2)/d(3.6mg/m(2)/コース)であった。毒性と抗白血病効果に応じて3~4週間ごとにコースを投与した。グレード2の毒性が認められるまでは50%増量し,用量制限毒性(DLT)が定義されるまでは30~35%増量した。

結果。42人の患者(AML。治療対象は42例(AML:31例,MDS:6例(MDS5例+CMML1例),ALL:4例,CML-BP:1例)であった。年齢中央値は61歳(範囲23~79歳)で、29例は男性であった。DLTは口内炎と手足症候群であった。MTDは8 mg/m(2)/dと定義した。トロキサシタビンの薬物動態は、0.72~10.0 m/m(2)の用量範囲で直線的であった。トロキサシタビンの約69%は未変化体として尿中に排泄された。AML患者の73%に14日目から28日目までの間に骨髄低形成が認められた。評価可能な30例のAML患者において、完全寛解が3例、部分寛解が1例認められた。MDS患者1名が血液学的に改善した。CML-BPの患者1名は慢性期に戻った

結論トロキサシタビンは、独自の代謝・薬物動態プロファイルと有意な抗白血病活性を有する。DLTは口内炎と手足症候群であった。トロキサシタビンは血液悪性腫瘍においてさらなる研究を行う価値がある。

 

 

比較的和訳しやすい英文を選んで、deeplに和訳させてみました。

赤字は最低でも修正が必要な部分です。

結果はなかなか良い出来です。

上位の医学翻訳者ならばdeeplのエラーを容易に修正できて、納品できるレベルです。

下位の医学翻訳者や今から翻訳スクールで初級コースから勉強しようとする人には活躍の場は残っているのだろうか?

 

2020年6月23日 (火)

DeepL(ディープエル)

こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

「DeepL(ディープエル)では、テキストをより深く理解し翻訳できる人工知能を開発しています。」

とかなんとかで、ドイツのほうからも機械翻訳が攻めてきているようです。

https://www.deepl.com/home

 

早速、Medical Translator NARITAによる性能チェックです。

先日、みらいトランスレーターに和訳させた同じ英文抄録をかけてみました。

ミラトランスレーターによる和訳の性能と比較してみてください。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-cc7adf.html

 

青字:専門的な用語・表現の修正が必要な部分です(翻訳会社やクライアントのアドバイスに従うのもいいでしょう)。

赤字:解釈上のエラー(医学翻訳フリーランスとしては避ける必要があります)。

 

原文(英文) DeepLによる和訳
An Evaluation of an Integrative Care Approach for End-Stage Renal Disease Patients
W Van Biesen 1, R C Vanholder, N Veys, A Dhondt, N H Lameire
Affiliations expand
PMID: 10616847
Free article
Abstract
末期腎疾患患者に対する統合的ケアアプローチの評価
W Van Biesen 1, R C Vanholder, N Veys, A Dhondt, N H Lameire
提携先の拡大
PMID: 10616847
無料記事
抄録
Studies analyzing the outcome of integrative care of end-stage renal disease (ESRD) patients, whereby patients are transferred from one renal replacement modality to another according to individual needs, are scant. In this study, we analyzed 417 files of 223 hemodialysis (HD) and 194 peritoneal dialysis (PD) patients starting renal replacement therapy between 1979 and 1996, to evaluate the effect of such an approach. Analysis was done for survival of patients on their first modality, for intention-to-treat survival (counting total time on renal replacement therapy, but with exclusion of time on transplantation), and for total survival. Log rank analysis was used and correction for risk factors was performed by Cox proportional hazards regression. Intention-to-treat survival and total survival were not different between PD and HD patients (log rank, P > 0.05). Technique success was higher in HD patients compared to PD patients (log rank, P = 0.01), with a success rate after 3 yr of 61 and 48%, respectively. Thirty-five patients were transferred from HD to PD and 32 from PD to HD. Transfer of PD patients to HD was accompanied by an increase in survival compared to those remaining on PD (log rank, P = 0.001), whereas, in contrast, transfer of patients from HD to PD was not (log rank, P = 0.17). Survival of patients remaining more than 48 mo on their initial modality was lower for PD patients (log rank, P < 0.01). A matched-pair analysis between patients who started on PD and who were transferred to HD later (by definition called integrative care patients), and patients who started and remained on HD, showed a survival advantage for the integrative care patients. These results indicate that patient outcome is not jeopardized by starting patients on PD, at least if patients are transferred in a timely manner to HD when PD-related problems arise.

末期腎疾患(ESRD)患者を対象に、個々の患者のニーズに応じて、ある腎代替療法から別の腎代替療法に移行する統合的ケアの転帰を解析した研究は少ない。本研究では、1979年から1996年の間に腎代替療法を開始した223人の血液透析(HD)患者と194人の腹膜透析(PD)患者の417ファイルを分析し、このようなアプローチの効果を評価した。解析は、最初の治療法を受けた患者の生存率、intention-to-treat生存率(腎代替療法を受けていた期間の合計をカウントするが、移植を受けていた期間は除外)、および全生存率について行った。対数順位分析を用い、危険因子の補正はCox比例ハザード回帰で行った。治療意図生存期間と全生存期間は、PD患者とHD患者で差はなかった(log rank, P > 0.05)。治療成功率はHD患者の方がPD患者に比べて高く(log rank, P = 0.01)、3年後の成功率はそれぞれ61%と48%であった。35例がHDからPDへ、32例がPDからHDへ移された。PD患者のHDへの転院PD残存患者と比較して生存率の上昇を伴っていた(log rank,P=0.001)のに対し,HDからPDへの転院はそうではなかった(log rank,P=0.17).最初のモダリティで48カ月以上残存していた患者の生存率は、PD患者の方が低かった(log rank、P < 0.01)。PD療法開始した患者と後にHD療法に移行した患者(定義上は統合医療患者と呼ばれる)と、HD療法開始した患者との間でマッチドペア解析を行ったところ、統合医療患者の方が生存率が高いことが示された。これらの結果は、少なくともPDに関連した問題が発生したときに患者が適時にHDに移されていれば、PD開始しても患者の転帰が損なわれることはないことを示している。

 

 

結局のところ、DeepL、キャッチフレーズがすごい割には、大したことはないです。

みらいトランスレーターと同程度といったところです。

 

訳文が滑らかになっても、解釈上のエラーと表現上のエラーは、DeepLにもみらいトランスレーターにもあるので、人間が最終仕上げしないわけにはいきません。

不良な訳文が含まれる機械のアウトプットをそのまま納品してお金をもらうわけにはいきませんから。

今後は人間が原文を最初から最後まで翻訳するということは少なくなるでしょうが、最終仕上げをする超絶チェッカーが人気になるかもね。

最終仕上げのチェッカーの良し悪しが翻訳会社の経営を左右する。

チェッカーというとコーディネーターが空き時間にやるとか、翻訳ビギナーにただ同然でやらせるというイメージだったけど、本当は最終仕上げが一番大変で難しいんだよ。

今後は機械翻訳のエラーを瞬時に見抜き、修正するのが医学翻訳フリーランスの仕事になるのかな?

イートモの翻訳トレーニングモードでその目を養っておきましょう。

 

2020年6月12日 (金)

久々の機械翻訳テスト

Medical Translator NARITAです。

 

graftの調査の過程で和訳しやすそうな英文に遭遇したので、久しぶりにみらいトランスレーター君にかけてみました。

Medical Translator NARITAが竜宮城に行っている間にどれだけ機械翻訳が進歩したかざっと見てみます。

 

原文(英文) 機械による和訳
An Evaluation of an Integrative Care Approach for End-Stage Renal Disease Patients
W Van Biesen 1, R C Vanholder, N Veys, A Dhondt, N H Lameire
Affiliations expand
PMID: 10616847
Free article
Abstract
末期腎疾患患者に対する統合的ケアアプローチの評価
W Van Biesen 1, R C Vanholder, N Veys, A Dhondt, N H Lameire, W Van Biesen 1, R C Vanholder, N Veys, A Dhondt, N H Lameire, N H Lameire,
提携拡大
PMID:10616847
無料記事
要約
Studies analyzing the outcome of integrative care of end-stage renal disease (ESRD) patients, whereby patients are transferred from one renal replacement modality to another according to individual needs, are scant. In this study, we analyzed 417 files of 223 hemodialysis (HD) and 194 peritoneal dialysis (PD) patients starting renal replacement therapy between 1979 and 1996, to evaluate the effect of such an approach. Analysis was done for survival of patients on their first modality, for intention-to-treat survival (counting total time on renal replacement therapy, but with exclusion of time on transplantation), and for total survival. Log rank analysis was used and correction for risk factors was performed by Cox proportional hazards regression. Intention-to-treat survival and total survival were not different between PD and HD patients (log rank, P > 0.05). Technique success was higher in HD patients compared to PD patients (log rank, P = 0.01), with a success rate after 3 yr of 61 and 48%, respectively. Thirty-five patients were transferred from HD to PD and 32 from PD to HD. Transfer of PD patients to HD was accompanied by an increase in survival compared to those remaining on PD (log rank, P = 0.001), whereas, in contrast, transfer of patients from HD to PD was not (log rank, P = 0.17). Survival of patients remaining more than 48 mo on their initial modality was lower for PD patients (log rank, P < 0.01). A matched-pair analysis between patients who started on PD and who were transferred to HD later (by definition called integrative care patients), and patients who started and remained on HD, showed a survival advantage for the integrative care patients. These results indicate that patient outcome is not jeopardized by starting patients on PD, at least if patients are transferred in a timely manner to HD when PD-related problems arise. 患者が個々の必要に応じて1つの腎置換様式から別のものへ移行する末期腎疾患 (ESRD) 患者の統合的ケアの結果を分析する研究は少ない。この研究では、このような方法の効果を評価するため、 1979~1996年の間に腎置換治療を開始した、 223人の血液透析 (HD) および194人の腹膜透析 (PD) 患者の417のファイルを分析した。初回治療時の患者の生存率、 intention-to-treat生存率(腎代替療法の総時間をカウントするが、移植の時間は除外する)、および全生存率について解析を行った。ログランク分析を用い、リスク因子に対する補正をCox比例ハザード回帰により行った。治療意図生存と全生存はPDとHD患者の間で異ならなかった(ログランク、 P>0.05)。技術的成功はPD患者と比較してHD患者で高く(ログランク、P=0.01)、 3年後の成功率はそれぞれ61と48%であった。35名の患者はHDからPDへ、 32名の患者はPDからHDへ移動した///PD患者のHDへの移動はPDに残っている患者と比較して生存の増加を伴ったが(ログランク、P=0.001)、対照的に、 HDからPDへの患者の移動はなかった(ログランク、P=0.17)。最初の治療法で48か月以上生存した患者の生存率はPD患者で低かった(ログランク、P<0.01)。PDを開始し、その後HDに移行した患者(統合医療患者と呼ばれる定義によると)とHDを開始し、 HDを継続した患者の間のマッチドペア分析は、統合ケア患者に対する生存利点を示した。これらの結果は、少なくとも患者がPDを開始しても、患者の転帰が危険にさらされることはないことを示している

青字:専門的な用語・表現に修正の必要があります。renal replacement modalityはこの文脈では「腎代替療法」、fileはmedical file、すなわち「カルテ」のことだと思います。専門的な用語・表現については、各クライアントからの指示・提供される資料に従えばオッケーです。イートモを参考にすれば簡単に適訳にたどりつく場合もあります。専門家のほうが詳しいに決まっていますから、このレベルのことに時間をかけないこと。

赤字:医学翻訳フリーランスとしては赤字部分のような解釈上のエラーや表現上のエラーを避けたいところです。

on their first modalityは「最初の療法別で」の意味です。「初回治療時の」は誤解釈になります。

were transferred from HD to PD は「PDからHDへ移行した」の意味。療法がPDに「変わった」という意味です。

transfer of patients from HD to PD was not については、当然ながらtransfer of patients from HD to PD was not was accompanied by an increase in survival compared to those remaining on PD
の下線部が省略されているので、和訳では然るべく補足してやります。

on their initial modalityのmodalityはPD、HD、PD+HDの3療法のいずれかを指していると思われます。

 

前後の文脈や文書のタイプから適訳を判断する性能はまだ劣るようです。医学翻訳フリーランスが報酬を受けるには、特に赤字部分をチェックしないわけにはいきません。

でも、機械翻訳は少しずつ進歩している様子。じっくり見ると、まだまだって感じ。

今後は赤字部分がエラーであることを瞬時に見抜くのが医学翻訳フリーランスの仕事になるのかな?

イートモの翻訳トレーニングモードでその目を養っておきましょう。

2020年6月 6日 (土)

イートモをCATツールで翻訳メモリとして使うのは禁止!

Medical Translator NARITAのおっさんが浦島太郎をしている間に、翻訳ツールや翻訳メモリがどの程度進歩したかは知りませんが、「イートモを翻訳メモリとして使えるか」という質問を定期的にいただきます。

 

それに対する回答は例えば以下のようなもの。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-db8bb4.html#search_word=%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA

 

その他は右カテゴリーの【機械翻訳(MT)】で調べてね。

 

これまでに何度も書いているように、イートモは医学翻訳を学習している方が最短距離でプロの医学翻訳者になるための資料として、プロの医学翻訳者が翻訳の仕事を通じて豊かな生活が送れるように、上位レベルの訳文の作成を支援し、翻訳スキルをキープするための資料として、ボランティアとして作成しているものです。

イートモを翻訳メモリとして商業販売するとなると、最低でも現在の価格の10~100倍(要見積もり)ということになるでしょう

 

Memori

 

いや、医学翻訳ビジネスの本当に気付かないとまずいよ。w

それとも気付かないままでいくか。ww

あるいは、気付かないふりをしてすごすか。www

 

 

2020年3月11日 (水)

製薬業界向け翻訳サービス「PharmaTra™(ファーマトラ)」の販売開始

Medical Translator NARITAです。

 

製薬業界の膨大な過去訳データから構築した高精度AI機械翻訳を活用
製薬業界向け翻訳サービス「PharmaTra™(ファーマトラ)」の販売開始

https://www.toppan.co.jp/news/2020/03/newsrelease200309.html

 

今度はアスカコーポレーションさんですか。

 

川村インターナショナルさん、十印さん、翻訳センターさんなどと同様、翻訳会社が独自の機械翻訳サービスを提供するという方向ですかね。

ベースはNICTのシステムのようだから、品質に大きな差はないだろうね。

何で差別化しようとしているのかな。

ポスエデットのスピードと質?

やはり価格ですか?

 

一方、我が道を行くロゼッタさん。

いろいろ話題は提供しているけど、今のところ、株価、ぱっとしません。

 

いつも言うように機械翻訳を利用する側に入らないと生き残れないから、イートモで技術をシコシコ磨いて上位ランクに入りましょう。

 

 

2020年3月10日 (火)

超絶カスタマイズ AI 自動翻訳「T-3MT」β版

Medical Translator NARITAです。

 

新型コロナウイルスのおかけで、社会が閉塞していますね。

人が密集した閉塞した空間に行くと感染の確率が高いようです。

そのなときには、閉鎖された環境に慣れている医学翻訳フリーランサーはイートモでシコシコ勉強でも翻訳センスを磨きましょう。

 

さて、ご存知のようにロゼッタさん、また何やら新しい製品をリリースしました。

超絶カスタマイズ AI 自動翻訳「T-3MT」β版

https://www.rozetta.jp/download/2020030901.pdf

 

T-4OOに独自翻訳メモリを導入することと、独自翻訳メモリから自動翻訳T-3MTをつくることの違いがまったく分からないのですが、どうせ使わないからどちらでもいいや。

新興企業は、何か新しいものを断続的に出さないと株価を維持できないということもありますしね。

ツートップともさすがにそろそろ反発かな。

 

翻訳メモリの話になったら言っておかないと!

イートモを翻訳メモリとして利用する方もいるかもしれませんが、他のゴミだらけの翻訳メモリと混合するのは大変危険です。絶対に混ぜないようにしてください。

Mix

 

2020年2月17日 (月)

治験文書の英訳による収益

Medical Translator NARITAです。

 

先日紹介したブリストルマイヤーズのCTD。

http://www.pmda.go.jp/drugs/2015/P20150722002/670605000_22700AMX00696000_K100_1.pdf

 

翻訳機との相性がいいので、今後は翻訳機でガンガン英訳してバリバリ稼ごう!

Medical Translator NARITAは「医学翻訳で稼げるのは治験文書の英訳しかない」と断言しているわけです。

 

その根拠をお示しします。

 

上記のCTDの中からピックアップした部分を例によってみらいトランスレーターに英訳させました。

 

和文原稿 みらいトランスレーターによる英訳

M20-360-0339(骨髄線維症)

被験者は50歳の白人男性で(ステージIV、M1b)、肺及びリンパ節に転移を有していた。治験前の治療として細胞傷害性化学療法薬の複数サイクル投与、補助放射線療法があった。被験者は導入期の全コースを完了し、Day 75 の腫瘍評価は「安定」であった。Day 252 に軽度の血小板減少症(134×109/L)が最初に確認された。これが悪化して血小板減少症となり、貧血を随伴したため、Day 385に骨髄生検が実施された。病理学的検査は骨髄異形成症候群に合致し、不応性血球減少症及び多血球系異形成を伴い、骨髄線維症が随伴した。転移黒色腫による骨髄浸潤の徴候はなかった。Day 463にCTスキャンにより小脳の新病変及び 3 ヵ所のリンパ節の新病変が明らかになった。被験者は外来患者として輸血を含む支持療法を継続していたものの、Day 489 に自宅で死亡した。死因は骨髄線維症による心停止と報告された。剖検は実施されなかった。

 

M20-384-0636(腸管穿孔)

被験者は50歳の白人男性(ステージIV、M1c)で、脾、直腸、腸間膜、肺、リンパ節及び軟部組織に転移を有していた。治験薬投与前に被験者は新たにGrade 3の左臀部痛を訴え、経口の麻薬性鎮痛薬の投与を要した。Day 14の核磁気共鳴画像法(MRI)で脊椎全体の骨転移が判明し、仙骨に広範囲の転移病変を認め、仙骨神経根への浸潤の可能性があった。疼痛及び便秘のため入院し、デキサメタゾン及びガバペンチン投与により改善した。Day 24 に急速に状態が悪化し、発熱、嘔吐及び急性腎不全が発現した。補液投与にもかかわらず低血圧状態が続き、胸部X線にて横隔膜下に遊離ガスが確認され、Day 25に死亡した。死因は転移性悪性黒色腫に続発する腸穿孔と報告された。腹部コンピュータ断層撮影(CTスキャン)では腸転移の徴候はなかった。剖検は実施されなかった。

M 20 -360 -0339 (myelofibrosis)
The subject was a 50 year-old Caucasian male (Stage IV, M1b) with lung and lymph node metastases. Preclinical treatment included multiple cycles of cytotoxic chemotherapy and adjuvant radiation therapy. The subjects completed the entire introductory course and the tumor rating on Day 75 was "Stable". Mild thrombocytopenia (134 x 109/L) was first identified on Day 252. This worsened to thrombocytopenia accompanied by anemia, and a bone marrow biopsy was performed on Day 385. The pathological examination was consistent with myelodysplastic syndrome, with refractory cytopenia and polycythemic dysplasia, accompanied by myelofibrosis. There were no signs of bone marrow infiltration by metastatic melanoma. On Day 463, a CT scan revealed new lesions in the cerebellum and 3 lymph nodes. The patient continued to receive supportive care, including blood transfusions, as an outpatient, but died at home on Day 489. The cause of death was reported to be cardiac arrest due to myelofibrosis. No necropsy was performed.

M 20 -384 -0636 (intestinal perforation)
The patient was a 50 year-old Caucasian male (Stage IV, M1c) who had metastases in the spleen, rectum, mesentery, lung, lymph nodes, and soft tissue. Prior to the administration of the study drug, the patient complained of a new Grade 3 pain in the left buttock and required oral narcotic analgesics. On Day 14, magnetic resonance imaging (MRI) revealed bone metastases throughout the spine, with widespread metastatic lesions in the sacrum, possibly involving the sacral nerve root. The patient was admitted to the hospital because of pain and constipation, which were improved by administration of dexamethasone and gabapentin. On Day 24, the condition deteriorated rapidly, and fever, vomiting, and acute renal failure developed. Hypotension persisted despite fluid replacement. Free air was confirmed under the diaphragm by chest X-ray, and the patient died on Day 25. The cause of death was reported to be intestinal perforation secondary to metastatic malignant melanoma. Abdominal computed tomography (CT scan) showed no signs of intestinal metastasis. No necropsy was performed.

 

今回はバックエデットせずにポストエデットして納品レベルに仕上げました。

修正した部分を赤字にしてあります。

 

和文原稿 みらいトランスレーターによる英訳

M20-360-0339(骨髄線維症)

被験者は50歳の白人男性で(ステージIV、M1b)、肺及びリンパ節に転移を有していた。治験前の治療として細胞傷害性化学療法薬の複数サイクル投与、補助放射線療法があった。被験者は導入期の全コースを完了し、Day 75 の腫瘍評価は「安定」であった。Day 252 に軽度の血小板減少症(134×109/L)が最初に確認された。これが悪化して血小板減少症となり、貧血を随伴したため、Day 385に骨髄生検が実施された。病理学的検査は骨髄異形成症候群に合致し、不応性血球減少症及び多血球系異形成を伴い、骨髄線維症が随伴した。転移黒色腫による骨髄浸潤の徴候はなかった。Day 463にCTスキャンにより小脳の新病変及び 3 ヵ所のリンパ節の新病変が明らかになった。被験者は外来患者として輸血を含む支持療法を継続していたものの、Day 489 に自宅で死亡した。死因は骨髄線維症による心停止と報告された。剖検は実施されなかった。

 

M20-384-0636(腸管穿孔)

被験者は50歳の白人男性(ステージIV、M1c)で、脾、直腸、腸間膜、肺、リンパ節及び軟部組織に転移を有していた。治験薬投与前に被験者は新たにGrade 3の左臀部痛を訴え、経口の麻薬性鎮痛薬の投与を要した。Day 14の核磁気共鳴画像法(MRI)で脊椎全体の骨転移が判明し、仙骨に広範囲の転移病変を認め、仙骨神経根への浸潤の可能性があった。疼痛及び便秘のため入院し、デキサメタゾン及びガバペンチン投与により改善した。Day 24 に急速に状態が悪化し、発熱、嘔吐及び急性腎不全が発現した。補液投与にもかかわらず低血圧状態が続き、胸部X線にて横隔膜下に遊離ガスが確認され、Day 25に死亡した。死因は転移性悪性黒色腫に続発する腸穿孔と報告された。腹部コンピュータ断層撮影(CTスキャン)では腸転移の徴候はなかった。剖検は実施されなかった。


M20-360-0339 (myelofibrosis)
The subject was a 50 year-old Caucasian male (Stage IV, M1b) with lung and lymph node metastases. Treatments given before the study included multiple cycles of cytotoxic chemotherapeutics and adjuvant radiation therapy. The subject completed the entire course of induction period and the tumor rating on Day 75 was "Stable." Mild thrombocytopenia (134 x 109/L) was first identified on Day 252. This worsened to thrombocytopenia, and with concomitant onset of anemia, a bone marrow biopsy was performed on Day 385. The pathological examination results were consistent with a diagnosis of myelodysplastic syndrome accompanied by refractory cytopenia and polycythemic dysplasia, and  myelofibrosis was also noted. There were no signs of bone marrow infiltration by metastatic melanoma. On Day 463, a CT scan revealed new lesions in the cerebellum and 3 new lesions in lymph nodes. The subject continued to receive supportive care, including blood transfusions, on an outpatient basis, but died at home on Day 489. The cause of death was reported to be cardiac arrest due to myelofibrosis. No necropsy was performed.

M20-384-0636 (intestinal perforation)
The subject was a 50 year-old Caucasian male (Stage IV, M1c) who had metastases in the spleen, rectum, mesentery, lung, lymph nodes, and soft tissue. Prior to the administration of the study drug, the subject complained of a new Grade 3 pain in the left buttock and required oral narcotic analgesics. On Day 14, magnetic resonance imaging (MRI) revealed bone metastases throughout the spine, with widespread metastatic lesions in the sacrum, possibly involving the sacral nerve root. The subject was admitted to the hospital because of pain and constipation, which were improved by administration of dexamethasone and gabapentin. On Day 24, the condition deteriorated rapidly, and fever, vomiting, and acute renal failure developed. Hypotension persisted despite fluid replacement. Free air was confirmed under the diaphragm by chest X-ray, and the subject died on Day 25. The cause of death was reported to be intestinal perforation secondary to metastatic malignant melanoma. Abdominal computed tomography (CT scan) showed no signs of intestinal metastasis. No necropsy was performed.

 

修正に要した時間は約30分間でした。

翻訳機が優れているのでこんな短時間でできました。

手作業では無理です。

 

原文(和文)を基準に翻訳収入を計算します。

和文原稿の語数は730です。

Eiyakugosuu

 

Price1

 

原文(和文)基準によると、730×30円=21900円/0.5時間

43800円/時間

ということになります。

 

1日5時間仕事をすれば、20万円になります。

月20日間やれば、400万円。

 

半分の15円で計算しても時間あたりの収益は2万円を超えます。

 

 

次に訳文(英文)を基準に翻訳収入を計算します。

英語単語数は342でした。

Eiyakugosuu2

 

Rate

 

3851円×342/200=6585.21円/0.5時間

13170.42円/時間

ということになります。

 

ずいぶん差がありますが、MTPEとしてではなく、これまで通り英訳として報酬を算出すれば、時間あたりの収益は軽く1万円にはなりそうです。

アスカコーポレーションの石岡さんは「MTを導入しても単価を下げない」と断言していますので、信用しましょう。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-d03c8e.html

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-57fd5e.html

 

 

より以前の記事一覧

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    9月19日現在:43,803件(イートモ6.4から319件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想