機械翻訳(MT)

2019年2月16日 (土)

【Google翻訳】 > 【みんなの自動翻訳】

全国の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

Meishib

 

先日、「~のうちどちらか~のほう」の意味を含むイートモ対訳を紹介しました。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-4fb7.html

 

例によって、ニューラルMTに和訳させてみました。

「機械翻訳はまだダメ」のブログのときには、【Google翻訳】と【みんなの自動翻訳】の間にそれほど大きな差は認められませんでした。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-ad2f.html

 

でも、今回、「~のうちどちらか~のほう」の意味を含む英文を和訳させたところ、大きな差が認められました。

英文の解読というか、文章構成の分析は、【Google翻訳】のほうが【みんなの自動翻訳】よりもはるかに優れている。

 

PEとなれば、【Google翻訳】も【みんなの自動翻訳】も、原文と照合しなくてはならないので、PEにかかる時間と労力はそんなに大きな違いはないかもしれません。

赤字は修正すべき部分を示します(最初の5対訳についての検証結果のみ)。

         
A dose not exceeding 1/100 of   the dose expressing pharmacological effects or a dose of 100 µg/human,   whichever is smaller, is administered once to healthy subjects.

【みんなの自動翻訳】

健康被験者には、薬理学的効果を発現する用量の1/100を超えない用量又は100μg/人の用量が投与され、健康被験者に1回投与される。  

Google翻訳】

薬理学的効果を発現する用量の100分の1またはヒトの100μg/用量のいずれか小さい方の用量を、健康な対象1回投与する。

【イートモ】  

薬理作用発現用量の1/100を超えない用量あるいは100µg/ヒトのうち、どちらか少ないほうの用量を健康被験者に単回投与する

Any subject noted to experience virologic   breakthrough that occurs after Week 12 are required to have HCV RNA testing   within 2 weeks of receipt of the initial HCV RNA   measurement or at the next scheduled visit, whichever is sooner.  

【みんなの自動翻訳】

12週以降に発生するウイルス学的ブレイクスルーを経験した被験者は、HCV RNA検査を受けてから2週間以内に、あるいは次回の予定された来院時にHCV RNA検査を受けることが必要である。

Google翻訳】  

12週後に起こるウイルス学的突破口を経験することが認められたいかなる対象も、最初のHCV RNA測定の受領後2週間以内または次の予定された訪問のどちらか早いほうで、HCV RNA検査を受ける必要がある。

【イートモ】  

12週目以降にウイルスブレークスルーを示したことが確認された被験者は、最初のHCV   RNA測定値を受領してから2週間以内あるいは次の計画来院時のどちらか早いほうの時点にHCV RNAの検査を受けることが求められる 

It is necessary to place the label about 6-8   cm away from the camera or in contact with the front of the camera, whichever   works better.

【みんなの自動翻訳】  

6-8cmのラベルはカメラから離して、カメラの正面と接触させる必要があります

Google翻訳】  

ラベルは、カメラから68   cmほど離して配置するか、カメラの前面に接触させて配置する必要があります

【イートモ】  

ラベルはカメラから約68cm離すか、カメラの前面に接触させて設置させる必要がある(どちらか作業しやすいほう) 

Patients were monitored every 4 weeks until these   levels were achieved, or for 2 years, whichever was the shorter.  

【みんなの自動翻訳】

患者は、これらのレベルが達成されるまで4週間ごとに、または2年間、より短い期間にわたってモニターされた

Google翻訳】

これらのレベルが達成されるまで、または2年間のどちらか短い方の期間、患者を4週間ごとにモニターした

【イートモ】

患者は、これらのレベルが達成されるまで、あるいは2年間のどちらか短いほうの期間にわたって4週毎に経過観察した  
Progression-free survival (PFS) was   calculated from the date of random assignment to the date of first   progression or death, whichever occurred first.  

【みんなの自動翻訳】

無増悪生存期間(PFS)は、最初に進行または死亡の日にランダムに割り付けられた日から、最初に算出された日から算出された

Google翻訳】  

無増悪生存期間(PFS)は、無作為割付けの日から最初の進行または死亡の日のいずれか早いほうから算出した。

【イートモ】  

無増悪生存期間(PFS)は、ランダム割り付けの日付から最初の進行が認められた日又は死亡日のどちらか早いほうまでの期間から算出した

さすがGoogleと言ったところです。

【Google翻訳】の文章構成の分析力はすごい。

もうMTはGoogle翻訳でいいんじゃないかという気もします。

あとは専門的な用語や表現の充実がカギかな。

2019年2月15日 (金)

機械翻訳はまだまだダメ

福岡の医学翻訳フリーランサーのみなさん、おはようございます。

Medical Translator NARITAです。

 

機械翻訳をめぐって動きが活発になっていますけど、ちょっと皮肉を書きます。

 

ロゼッタ+グラクソスミスクラインと第一三共

NICT+アストラゼネカ(これに翻訳会社がくっついている)

Google翻訳は?

中国企業もMTを開発しているようだけど、どうなるんだろ。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-a921.html

 

MT制作と製薬会社と翻訳会社は前のめりになっています。

AI翻訳が製薬業界を変える ~現場からの報告~

https://www.jtf.jp/west_seminar/index_w.do?fn=search

「現場」なんて言っているくせに、仕上げを担当する肝心の翻訳者(ポストエディター)が含まれていないじゃないか。

 

見た目だけは良くなっているけど、中身はボロボロ。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-ad2f.html

 

実用化は当然というような雰囲気が出ているけど、大丈夫なの?

製薬会社の翻訳外注窓口は注意してくださいよ。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-b74c.html

 

前にも書いたけど、医薬系翻訳者の中には職人というか、訳文をじっくり作り上げたいという人が多いから、肝心の翻訳者(ポストエディター)を確保できるかどうか。能書きを垂れて面倒くさい医薬系翻訳者の扱いは大変でしょ。ポストエデットとなれば、ビジネスライクに作業してくれて、売り上げが計算できる人はますます少なくなるんじゃね。

生焼けのまま客に提供して、あとはそちらで焼いてくださいというやり方もアリかな。

2019年2月13日 (水)

機械翻訳はまだダメ

広島にお住まい医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

2019021315260000_2

 
さて、昨日のイートモサンプル。

「同意書」。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-46d2.html

例によって、機械翻訳にかけてみました。

ほんの一部をご紹介します。

主観的には、【みんなの自動翻訳】も【Google翻訳】も同程度だと思います。

両方のシステムとも昔のルールベース機械翻訳のときと比べればかなりよくなっています。

でも、製薬会社に納品するには、原文との照合が必要不可欠です。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-b74c.html

つまり、原文と照合しなければならないうちは、ブレークスルーではない。

最終的には人間翻訳者がチェック・修正しないといけないから。

原文と照合するという作業は最初から人間翻訳者が訳すことと大して労力が違わない。

個人的には人間翻訳者の訳文よりも機械翻訳の訳文をチェック・修正するほうがやりやすいし、ストレスが少ないから好きです。

 

赤字は修正すべき部分を示します。

           

In a correspondence dated May 1, 2017,   Company A accepted the regulatory authority's recommendation and committed to   submitting an updated version of the model informed consent form when it   became available.
【みんなの自動翻訳】
201751付でA社は規制当局の勧告を受け入れ、入手可能になった型式の更新版を入手可能となったときに提出することを約束した。
Google翻訳】
201751日付けの通信で、A社は規制当局の勧告を受け入れ、入手可能になったときにモデルインフォームド・コンセント用紙の更新版を提出することを約束しました。
【イートモ】
201751日付の連絡文書において、会社Aは規制当局の提言《助言》を受け入れ、同意書のモデルが出来上がったとき、その最新版を提出することを明言した  

Informed consent form will be sent to the subject   beforehand, but will not be filled in until the screening visit.  

【みんなの自動翻訳】

インフォームドコンセントフォームは、事前に件名に送られますが、検診の受診までは記入されません。  

Google翻訳】

インフォームド・コンセント用紙は事前に被験者に送付されますが、スクリーニング来院まで記入されません。  

【イートモ】

同意書は事前に被験者に送付するが、スクリーニング来院時まで記入しない  
Once you know about the study and the tests   that will be done, you will be asked to sign this consent form to join this   study.  

【みんなの自動翻訳】

その試験となる試験と検査を知ったら、この試験に参加するためにこの同意書に署名するように求められます。  

Google翻訳】

あなたが行われる試験と行われる試験について知ると、あなたはこの試験に参加するためにこの同意書に署名するように求められます。  

【イートモ】

試験および実施される検査について理解したならば、この同意書に署名し、試験に参加するようにお願いします  
Patients who meet all of the inclusion   criteria and none of the exclusion criteria described below and who agree to   voluntarily sign the informed consent form will be considered enrolled   into the study.  

【みんなの自動翻訳】

全ての判定基準を満たし、以下に記載された除外基準のいずれも満たさずインフォームドコンセントフォームに同意することに同意した患者は、本試験に「登録」されていると考えられる。  

Google翻訳】

全ての判定基準を満たし、以下に記載された除外基準のいずれも満たさず、インフォームドコンセントフォームに同意することに同意した患者は、本試験に「登録」されていると考えられる。  

【イートモ】

以下に記載した選択基準のすべてに適合し、除外基準のいずれにも該当せず、同意書に自由意志で署名することに同意した患者が本試験に「組み入れられた」とみなされる  
Preparation of the informed consent form must   adhere to GCP and to the ethical principles that have their origin in the   Declaration of Helsinki.  

【みんなの自動翻訳】

インフォームド・コンセント様式の作成は、GCPに準拠し、ヘルシンキ宣言に由来する倫理原則に従うものとする。  

Google翻訳】

インフォームド・コンセント用紙の作成は、GCPと、ヘルシンキ宣言に由来する倫理的原則を遵守しなければなりません。  

【イートモ】

同意書の作成はGCP及びヘルシンキ宣言に基づく倫理的原則を遵守しなければならない  
Prior to performance of any study-related   activity, the informed consent form should be signed and dated by the subject   or his/her legally acceptable representative and by the person who conducted   the informed consent discussion.  

【みんなの自動翻訳】

試験に関連する活動の遂行前に、インフォームド・コンセント様式は、被験者又はその法定代理人が署名し、日付を記入するとともに、インフォームド・コンセントの議論を行った者が署名すること  

Google翻訳】

研究関連の活動を実行する前に、インフォームド・コンセント用紙に、被験者またはその法的に許容される代表者およびインフォームド・コンセントの討議を行った人が署名し、日付を記入する必要があります。  

【イートモ】

何らかの試験関連作業を実施する前に、同意書には被験者又はその法定代理人並びに同意についての説明を行った者が署名し、日付を記入する  
Proposed text for inclusion in the informed consent form   is as follows:  

【みんなの自動翻訳】

インフォームド・コンセント様式含めるための提案されたテキストは次のとおりである:  

Google翻訳】

インフォームド・コンセント用紙に含めるために提案されたテキストは以下の通りです。…  

【イートモ】

同意書への記載が想定される文章は以下の通りである  

今現在の翻訳コーパスの質がかなり悪いんでしょう。

イートモ対訳が組み入れられたら、かなり品質アップするでしょう。

今のところ、イートモ対訳を提供するつもりはないけどね。

 

MTで原文と照合する必要がなくなったら、お手上げ。

2019年1月30日 (水)

ロゼッタと第一三共、AI翻訳の共同開発を開始

ロゼッタと第一三共、AI翻訳の共同開発を開始
~ 製薬業界におけるグローバル事業展開を促進 ~

株式会社ロゼッタ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:五石順一、東証マザーズ:6182、以下、ロゼッタ)は、第一三共株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:眞鍋淳、東証第1部:4568、以下、第一三共)との間で、国内製薬会社では初となる、自社業務に最適化されたAI翻訳の共同開発を開始することについて合意をいたしました。

https://www.rozetta.jp/download/2019012901.pdf

 

2018年にはグラクソスミスクラインとの共同開発を発表しているし、ロゼッタ様、攻めています。

https://www.rozetta.jp/download/2018080301.pdf

 

一方、NICTはアストラゼネカと共同開発。

http://h-bank.nict.go.jp/seminars/index.html

Medical Translator NARITAはこのセミナーに行ってみます。

 

ここまできたら、医薬系も機械翻訳から離れるわけにはいかないでしょう。

でも、機械翻訳に前のめりになっているのは、大手の翻訳会社だけのような気もします。

肝心の医薬系翻訳者は消極的な印象です。

Medical Translator NARITAなんかは機械翻訳だろうが、人手翻訳だろうが、儲かればいいという奴でしたが、医薬系翻訳者の中には職人というか、訳文をじっくり作り上げたいという人が多いから、今後、どうなりますか。フォローしていきたいと思います。

2019年1月28日 (月)

「医薬翻訳十箇条」。

翻訳祭イン関西で㈱MCLの平井さんが紹介してくださった「医薬翻訳十箇条」。

大事なことなので、ときどき読めるようにブログに載せておこう。

 

MCL社創業時に翻訳顧問の医師が考案した品質確保のための「医薬翻訳十箇条」。

1.訳文が冗長でないか見直すこと。正しく訳されていれば、必ず訳文は原文より短くなる。長い場合は、訳者の何らかの解釈が入っていることを疑う。

2.翻訳は必ずword for wordで、どの単語も見落とさずに正確に訳すこと。

3.歯切れのよい、明確な日本語で仕上げること。

4.意訳は誤訳であることに留意すること。高度で専門的な医薬翻訳では、各用語に非常に深い意味がある。

5.翻訳された日本語を別の人が再度もとの英語に直した場合、もとの英文に戻るぐらいに意味を正確に訳すこと。

6.訳語選択の際には、それでなくてはならない訳語を選択すること。

7.時制を正確に訳すこと。

8.態(受動態・能動態)は忠実に訳すこと。おかしいと判断される場合は、その態の訳出を最小限にとどめる。

9.関係代名詞の制限用法、非制限用法をはっきり訳し分けること。

10.構文・品詞をしっかり把握すること。

 

ところで、対訳君はダウンロード版に切り替わるとかどうとか。

今は高性能なCATツールがいろいろあるから、厳しいかな。

優れたツールは出たけど、コンテンツはまだまだだ。

 

医薬系専門の翻訳会社3社のセミナーで、アスカコーポレーションの石岡さんが以下のように、「MTを導入しても単価を下げない」という旨のコメントを出しています。

Ishiokasan

つまり、

●MTが導入されても翻訳レートは下げない。

●MT導入後はレベルの高い翻訳者にのみ仕事が集中する。

●レベルの高い翻訳者だけが稼げる。

 

ということだね。

2019年1月22日 (火)

製薬会社の翻訳外注担当様は注意してください!

機械翻訳ポストエデット(MTPE)では、MTの出力を原文と照合しながら修正して、納品可能なレベルにするわけです。

この「原文と照合する」という作業に大変な時間と労力がかかるのです。

現在のMT性能では原文との照合作業を省略するわけにはいかない。

だから、現時点で、Medical Translator NARITAは医薬系翻訳にMTが導入されても2倍とか3倍とか大幅な生産効率のアップとはならないと見ています。

先日ブログに提示した例で見てみると、

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/mtpe-4f43.html

MTから出力された和文だけを見て読解可能なレベルになるように修正してみました(つまり、英文原稿と照合せずに)。

 

The usual adult dose for oral use is 10 mg of Drug A daily in two to three divided doses after meals.
通常、成人用量は、2~3回に分けて1日10mgを食後に経口投与する。

⇒ 通常、成人用量は、1日10mgを2~3回に分けて食後に経口投与する。

× Drug Aが訳漏れのままになる。

× 「連日投与する」の意味が反映されないままになる。

 

The usual adult dose is 50 mg of Drug A per oral twice a day in the morning and evening.
通常の成人用量は、1日2回、1日2回、朝と夕方に50mgのA剤である

⇒ 通常の成人用量は、1日2回、朝と夕方にA剤 50mgである

× 「経口投与」の意味が反映されないままになる。

× 「50mgを1日2回投与」の意味が反映されないままになる。

 

The usual dose for prevention of upper gastrointestinal bleeding in critically ill patients is 40 mg daily for 14 days.
重症患者における上部消化管出血予防のための通常の投与量は、14日間で40mgである

⇒ 重症患者における上部消化管出血予防のための通常の投与量は、40mgで14日間である

× 「1日40mg投与」の意味が反映されないままになる。

 

The usual dose of 10 mg is administered once daily for up to 4 weeks.
通常、10mgを1日1回4週間にわたって投与する。

⇒ 通常、10mgを1日1回4週間にわたって投与する。

× 「最長で」の意味が反映されないままになる。

 

The usual dose of cyclosporine is 4 to 5 mg/kg per day, given in two equally divided doses.
シクロスポリンの常用量は4?5mg/kg/日で、2回に分けて同等に分割された用量で投与される

⇒ シクロスポリンの常用量は4?5mg/kg/日で、同等の用量に2分割して投与する

× 「4?5mg」についてはさすがに英文原稿と照合しないわけにはいかない。

○ センテンス後半がたまたま原文の意味に一致した。

 

以上にほんの一部の結果を示しましたが、いくらニューラルMTでは出力が自然な和文や英文になりやすいとはいえ、やはり原文と照合しないで訳文のみを基準に修正するのは非常に危険です。

MTの導入で生産量のアップを優先するあまり、

翻訳会社や翻訳者が原文と照合せずに訳文レベルで修正するだけで納品するということはないでしょうが、、、

医薬分野でMTが普及したら、念のため、製薬会社の翻訳外注担当様は定期的に原文と訳文を照合し、翻訳会社と翻訳者をスクリーニングすべきだと思います。

翻訳発注者からの苦情が多いと困るよね。w

2019年1月20日 (日)

ニューラルMTは比較的高性能

みんなの自動翻訳の出来があまり良くなくて、ルールベース機械翻訳と変わらんじゃないか!

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/mtpe-4f43.html

製薬会社や翻訳会社はこのレベルの機械翻訳を実用化するなんて本気なのかなと思ったわけです。

医薬品の研究開発・承認申請に支障はないのかと。

そこで、試しにWeblio 翻訳で同じ英文原稿を和訳させてみました。

多分、これはルールベース機械翻訳かと(違ったらごめんね)。

青字がルールベース機械翻訳の成果です。

 

The usual adult dose for oral use is 10 mg of Drug A daily in two to three divided doses after meals.
通常、成人用量は、2~3回に分けて1日10mgを食後に経口投与する。

経口的使用のための普通の大人の服用は、食後に2~3つの分かれた服用において、毎日10mgのDrug Aだ。

The usual adult dose is 50 mg of Drug A per oral twice a day in the morning and evening.
通常の成人用量は、1日2回、1日2回、朝と夕方に50mgのA剤である

普通の大人の服用は、日に2回朝のオーラルと夕方につき50mgのDrug Aだ。

The usual dose for prevention of upper gastrointestinal bleeding in critically ill patients is 40 mg daily for 14 days.
重症患者における上部消化管出血予防のための通常の投与量は、14日間で40mgである

非常に重篤な患者の上部消化管出血の防止のための常用量は、毎日14日間の40mgだ。

The usual dose of 10 mg is administered once daily for up to 4 weeks.
通常、10mgを1日1回4週間にわたって投与する。

10mgの常用量は、最高4週の間1日1回管理される。

 

もうやめましょう。

ルールベースMTとニューラルMTの間にこんなに差があるとは(^^;

比較すると、みんなの自動翻訳が高性能であることがよくわかります。

MTPEをやってみようと思った

昨日のブログに載せたイートモ対訳の英文ですけど、

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/the-usual-c8ef.html

Mtpe1_2

みんなの自動翻訳に和訳させ、MTPEが必要になる部分を赤字で示してみました。

 

以下に提示するように、目分量によると、3割程度が英文原稿を正確に反映していないようです。つまり修正を必要とする部分が3割程度。

他の7割はそのまま使えると見るのは大間違いなんですな、これが。。。

だって、MT出力の3割が間違っているということを人間翻訳者が知るために英文原稿を解釈する必要があり、そのために大きな労力と時間がかかっているから。

特許翻訳などもそうだろうけど、医学翻訳ってのは原文を読み解くのが一番大変なんだっちゃ。

Process1

 

みんなの自動翻訳の実力・・・・・。

どうみても英文原稿をMTが読み解いているとは思えないんだけどなー。今後に期待ということか。

医薬系英文の中でもかなり簡単な英文なのだから、もう少し出来が良くないと、実用化は無理じゃね?

翻訳会社の「言語資産」などのサポートがあれば良くなるものなのかな?

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-0db0.html

 

The usual adult dose for oral use is 10 mg of Drug A daily in two to three divided doses after meals.
通常、成人用量は、2~3回に分けて1日10mgを食後に経口投与する。

The usual adult dose is 50 mg of Drug A per oral twice a day in the morning and evening.
通常の成人用量は、1日2回、1日2回、朝と夕方に50mgのA剤である

The usual dose for prevention of upper gastrointestinal bleeding in critically ill patients is 40 mg daily for 14 days.
重症患者における上部消化管出血予防のための通常の投与量は、14日間で40mgである

The usual dose of 10 mg is administered once daily for up to 4 weeks.
通常、10mgを1日1回4週間にわたって投与する。

The usual dose of cyclosporine is 4 to 5 mg/kg per day, given in two equally divided doses.
シクロスポリンの常用量は4?5mg/kg/日で、2回に分けて同等に分割された用量で投与される

The usual form of corticosteroid therapy is prednisone, beginning with 20 mg/day and increasing the dose gradually until a satisfactory clinical response is obtained, or until a daily dose of 50-60 mg is reached.
通常のコルチコステロイド療法はプレドニゾンであり、20mg/日で始まり、十分な臨床反応が得られるまで徐々に増量するか、あるいは50-60mgの1日用量に達するまでの間、徐々に増量する。

The usual initial dosage of Drug A is 100 mg daily, given in two divided doses.
通常、A剤の初回投与量は100mg/日2回に分けて投与する。

The usual practice has been to initiate an alternate-day schedule, which diminishes the side effects.
通常の習慣は、代替的なスケジュールを開始することで、副作用を減少させることができます

The usual recommended oral dose of Drug A in adults and adolescents older than 16 years is 1.0 mg once daily.
通常、成人および青年では16歳以上の成人および青年では、1.0mgを1日1回経口投与することが推奨される。

2019年1月15日 (火)

今後の医薬系翻訳業界

医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

業績好調のロゼッタ様ですが、

以前からこのようなことを言っています。

Rz2_3

 

気になるのは④の翻訳会社と提携のところ。

詳しく説明したのが、これ。

Rz1_3

  
これまでは全国の翻訳会社の一覧にあるようにたくさんの翻訳会社があって、医薬系翻訳の場合でしたら、それぞれが細い糸で製薬会社などとつながって、仕事を受注して細々とやってきました。

ロゼッタ様は、「提携翻訳会社を募集します」とかなんとか言って、零細翻訳事業者を自分のコントロール下に置こうとしているんでしょうか? ロゼッタ様はできるだけ多くの製薬会社からの仕事をとりあえず自社のMTで受注して、コントロール下の翻訳会社にHT(人手翻訳)またはMTPEとして割り振ると。

零細翻訳事業者は製薬会社の評価基準ではなくロゼッタ様の評価基準に合格しないと生き残れなくなるかもね。

いずれにしても、ほとんど零細事業者は後継者がいないので、変化の波に乗って事業を続けるか、消えていくかと言ったところでしょうか。

 

Medical Translator NARITAが何を言いたいかというと、医薬系翻訳業界の状況が大きく変わっていることに気づいてもらいたいということです。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-32d3.html

翻訳や英語のお勉強をするばかりじゃなくて、今取り引きしている翻訳会社がMTについてどのようなビジョンを持っているかを知ることも大事だと思います。

 

前にも書きましたが、 

医学翻訳フリーランサーとしては、

しばらく様子見て(その間に稼げるだけ稼ぎましょう)、

儲かるようだったら医薬系の機械翻訳の波に乗る、

時間のわりに儲からないようだったら、医薬系翻訳からとっとと撤退して、別の波に乗る、

というスタンスでいいんじゃないですかね。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/mt-88cf.html

 

イートモ対訳の見直しで忙しいのに、そんなこんなを考えて時間を浪費してしまった。

2018年12月28日 (金)

またMTのセミナーをやるんですと

医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAのおっさんでごわす。

 

今年10月のJTF翻訳祭では機械翻訳の話題一色でしたが、

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/jtf-6a54.html

それ以降は機械翻訳の話題が少なくなっていたような気がしていました。

 

ところがところが来年も機械翻訳を話題にさせたいようです。

JTF関西セミナー

https://www.jtf.jp/west_seminar/index_w.do?fn=search

Jtferror

http://www.jtf.jp/

【サーバーエラー 復活しましたOwabi_2 】

 

Jtfkansai2019_4

Google翻訳にだいぶ遅れをとっているだから、

セミナーなんかやる時間があったら、

性能アップをもっと考えたほうがいいと思うけど。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-cbbc-1.html

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-e66e.html

 

何度も書いているけど、MTで盛り上がっているのは主に翻訳会社。

Mtnaganen

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-5b29-2.html

MTを利用して翻訳を産業にしたいんですよ。

長年の夢ね。

でも、MTが発達しても当分の間は翻訳者は必要でしょう。

翻訳者が必要なくなれば、翻訳会社も必要なくなるということです。

芸能事務所のようなもんだと思えばわかるでしょ。

医学翻訳フリーランサーがいないと翻訳会社は機能しないから、翻訳会社に乗せられて、おだてられて、今まで以上に安くこき使われないように状況を冷静に判断しましょう。

翻訳会社に翻訳をほめられたりして、「うれぴー」とか「もっとがんばろー」とか単純な人がいるかもしれないけど、危ないなー。w

翻訳会社や翻訳教育ビジネスにカモられないようにね。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-266b.html

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-7535.html

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/jtf-050c.html

Kamo_2

  

話がちょっとそれたけど、 

医学翻訳フリーランサーとしては、

しばらく様子見て(その間に稼げるだけ稼ぎましょう)、

儲かるようだったら医薬系の機械翻訳の波に乗る、

時間のわりに儲からないようだったら、医薬系翻訳からとっとと撤退して、別の波に乗る、

というスタンスでいいんじゃないですかね。

より以前の記事一覧

フォト

医学翻訳の友

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想